シューズバッグ作ってみました


残っていた生地のこのピースが使いたくって、
(←靴はお手製ではありませんが)
shoebag_1_809.jpg
かって、ズッグ袋とか言っていた袋、作ってみました。
今風に言えば、
シューズバッグってところでしょうか

簡単なマチの折り方が分からず、
何度も頭をひねりながら、なんとか完成。
ただし、これで合っているのかどうか。
shoebag_2_809.jpg
裏布をつけたために、おでぶ気味。
ピースの位置、ちょっと上になり過ぎ。。。
いろいろ、反省点はありますが、
shoebag_3_809.jpg
今まで使っていた袋が、
ちょっと大きめで
運動靴が中で動いてバラバラしていたので、
これでやれやれ落ち着きました


《花便り》
「ノウゼンカズラ」、濃いオレンジ色の花。
青空によく似合う。
nozengazura_1_809.jpg
暑さを増長させるような・・・
nozengazura_2_809.jpg
花には決して罪はありませんが、
暑いときには、イラっとしたりして



ぽちっとクリックお願いいたします↓




Wall Pocket 使用開始


簡単バージョン、Wall Pocket
やっと仕上がりました
縫い合わせてキルティングしただけのものなのに、
時間がかかっちゃいました。

ちょっとぉ~歪んでます。
キルティングをきっちりやっているところと、
そうでないところの違いのためかと、
結構しっかりした透明ビニールを使ったためか。
wallpocket_2_805.jpg
定規やらペンやら入れてみると、
似たようなものが重なってるのが
よくわかる(←母親のこと、言えない)
wallpocket_1_805.jpg

ここの整理整頓のために、作ったWall Pocket。
あまり変化が感じられないところであります。
改良前の記事はここ→*
wallpocket_3_805.jpg
それでも、この中にうずもれていたものを
発見できてヨシとする。
wallpocket_4_805.jpg
もう少しで、買い足すところだったワイ。


《花便り》
ちょっと前の「ハマナス」。
hamanasu_1_717.jpg
もう花も終わりで
実がついている今日この頃です。
hamanasu_2_717.jpg



ぽちっとクリックお願いいたします↓




焼け石に水かも…ね


あっという間に時間が過ぎてしまうものでして、
最後の記事アップから一週間弱。
その間、ミシンから離れていたことになりますワ。

藤田センセの可愛らしいガールズ・パターン。
確か、ボーイのものもあったけど、
結構大変で2つでギブ・アップ。
wallpocket_3_726.jpg
当初は、バッグを作るつもりだったけど、
あげる予定だった友人の年齢を考えてやめた・・・

なかなか、なんに使おうかとあれこれ悩んでいたけど
(←下手の考え休むに似たり)
ウォール・ポケットにしようかと作業を始めてます。
wallpocket_1_726.jpg
パターンが大きいし、4つとも使いたいし、
ポケットは申し訳程度になりそう。

何とか、この↓ごちゃごちゃを少しでも、
解消したいのであります。
wallpocket_2_726.jpg
作業中、探し物のために時間を費やすのを
少しでも減らすためのウォール・ポケットの予定。
(←焼け石に水かも…ね)

《花便り》
「オオハンゴンソウ」
バトミントンのシャトルみたいな咲き方をしている黄色の花。
ohhangoso_1_726.jpg
背の高さが半端じゃない。
あちこちの空き地や草地で見かける外来種。
「北海道の外来種リスト」(北海道ブルーリスト)に
選ばれていて、
目撃や情報提供が呼びかけられている植物のひとつ。
ohhangoso_2_726.jpg
今や、見かける植物のほとんどが外来種。
自然界のみならず、
実社会もそうなってきてますね。
(←使っている文言に英語も混じっとるし・・・)



ぽちっとクリックお願いいたします↓




巾着型リュック出来ました

とりあえず、完成
前に作った長財布とのお揃い。
ryukku_3_712.jpg
はと目を打って、コードを通すだけで、
2-3時間かかちゃった。
間違いのないように説明文をチャンと理解し て
とりかかりました。
12個全部使うので、失敗はできない。
(←先の長財布のネジつけで失敗しとるんで)
ryukku_4_712.jpg
穴はぎりぎりの大きさで、
はと目を打ち付けます。
ryukku_5_712.jpg
ryukku_2_712.jpg
コードを通すと、リュックらしい姿に。
ちょっと、コード長かったかぁ~
ryukku_1_712.jpg
思いのほか、リュック作りは簡単。
時間かかったけどね。
今度は、ポケットとかいろいろ工夫して
作ってみようかしらん


《花便り》
大学のキャンパスにひっそり建つ、
後ろ姿の胸像、新渡戸稲造(にとべ・いなぞう)氏が、
見つめる先に咲いているのは、「ハナミズキ」。
”I wish to be a bridge across the Pacific”と書かれている。
hanamizuki_1_621.jpg
hanamizuki_2_621.jpg
花のように見えている部分はガクが変形したもの。
hanamizuki_3_621.jpg
ひっそりとした空間に
「ハナミズキ」はぴったり。



ぽちっとクリックお願いいたします↓




続きを読む

一時間のソーイング


キルトでも作ろうとリサイクルショップで買った着物地。
触ってみたら、絹ではなくどうも化繊っぽい。
1,000円だからしょうがない。
ということで、キルトはやめて・・・
noren_1_709.jpg
ちょっとずつしか残っていないミシン絹糸。
母からの譲りもの。
木のスプールっていうのも、時代を感じさせる。
noren_2_709.jpg

着物は反物の幅そのままで
はさみがあまり入っていないなので、
リサイクルにはぴったり。
ただ、端を折ってミシンをかけただけ。
noren_3_709.jpg
短時間で暖簾ができます。
noren_4_709.jpg




《花便り》
暑い夏に似合うのは、「ヒマワリ」。
2-3日暑い日が続いたので、
やっぱり咲いていました。
sunflower_13_708.jpg
顔の向きがあっちこっち向いてる
まだ、足並みがそろっていないのでしょうか?
sunflower_14_708.jpg
数日前にあった薄紫の花は跡形もなく、
刈り取られてました。
sunflower_12_708.jpg
あのハチたちは、びっくりしただろうなぁ~



ぽちっとクリックお願いいたします↓