さっぽろの噺家さん


今月一月は落語漬け。
(←毎週聴きに出かけているぅ~)
二月は噺家さんのみなさんも
寒さを嫌厭しているのか、
来道の予定はメッキリ少ないようでして。

カラッと晴れて真冬日
shiko_1_0126.jpg
いつもと違うホールで、
初めての噺家さん二人。
shiko_2_0126.jpg
亡き談志師匠が途中で帰った(?)という、
新作落語の三遊亭白鳥師匠。
めちゃおかしかったけど、
古典落語一辺倒の談志師匠の許容範囲から
外れていたのかもね。
そしてそしてね、
札幌在住の噺家さん、桂枝光(かつらしこう)師匠。
上方落語家でもちろん大阪で修行していたのが
お子さんの療養のために、十年ほど前に北海道へ、
その後、毎月「さっぽろ市民寄席・平成開進亭」を開亭。
shiko_3_0126.jpg
枝光師匠は平成開進亭の席亭でもあり、
出演者と話し合いをして、興行内容を決めているそう。

地方だからといってひがんじゃあかんのね。
こうやって活動していくと仲間が
増えていくんだから


ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

この手書きのメニュー(なんていうんだ?)がなんとも雰囲気出してますね。
結構素敵な環境じゃないですか。当地で落語というと東京へ行ってください!とばかりに一年に一度くらい、それも結構なお値段します。

よーこさん、こんにちは

そうなんだよねぇ~
結構、みなさん、演目表(というのかどうか?)の字下手だったりして…アハハハ
でも、最後に置いてあると、とっても嬉しい。白鳥師匠ゲストだったので、事前にはお楽しみとか書かれているのです。

志の輔師匠は、ボードになって立派でした(^^)