ツイードのポーチ


数年前に店頭で見かけたツイードのポーチ。
いいなぁ~と手に取ってみると、
結構なお値段
その後、いろんなものに展開されているところの、
Harris Tweed
harirs_3_0116.jpg
ハリス地方のハリス島、ルイス島の羊から
島民の家で紡がれたもので、
厳格な基準をクリアして「ハリスツイード協会」から
認定ラベルが与えられるそうです。
うやうやしくも、「英国王室許可証」でございます。

そんなこんなで、ジッパーつけるのも
いつもより気を配ったりなんかして、
端っこ折ったりしとります。
(←これが普通なのでありますが)
harirs_1_0116.jpg
3個完成
harirs_5_0116.jpg
接着芯が足りなくって、
残りはまた後日作る予定。
形変えたいけど、なんせ生地が少ない。。。

接着芯のおかげで、姿勢正しく鎮座しとりますワ~
harirs_6_0116.jpg
シャキ~~~ン
(←かなり古っ)

ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いいですねえ、素敵ですね。
寒くなるとこれ系のバッグを持っている人が多くなります。
私も買ってみようかなあ、とは思ったけど高くて手が出ません。
人が持っているのを見ると必ずこのタグが誇らしげについているのよね。

No title

きゃー♡ これ、売り物じゃないんですか?のレベル。
さすがハリスツイード。すっごい魅力です。
この生地に似せたやつが某○まむ○に売っていて大人気だとかなんとか…。
ドラマの影響かな?
予習から本番まで丁寧に仕上げたら、これは何処へ?

よーこさん、こんにちは

今日見ましたよ、スマホケースがこのタグ付きだったのを…
どこまで広がるのでしょうかねぇ~

やまぺんさん、こんにちは

某○まむ○って?
ドラマって?
何にもわからんアタシです(^^;
久しぶりに会える友達にわたる予定ですぅ~