たび考


飛行機に乗ると、必ず目を通す機内誌。
JALの機内誌に掲載されていた浅田次郎のエッセイが好きで、
それをまとめた本を図書館で借りて、
また読み返してくらい。。。
今も続いているのかな
最近は、ANAばっかりだからね。
それがちょっと残念、とはいえ、マイレージをためねば

12月のANA機内誌。
平野紗季子「旅が必要」からの引用。

きっと旅を旅らしくするには距離が必要で。
そこには移動が生まれて途中が生まれて、
その空間こそが旅。
旅からの景色、
普段は変な曲だと聞き逃していた音楽、
睡魔、それから行くところについて、
忘れ物の心配、睡魔・・・・・・。
移動の暇には罪がなく、
頭の中が整理されて風の通りがよくなっていく。
電車も飛行機も車の中も、
移動しているということが楽しい。

ana_2_1218.jpg


機内ではほとんど
本を読んでいるか、時折落語を聞いてるか、
その最中に寝ているか。
たまにぼんやりと暇を享受して、
頭の中に風を通すのもよさそうだな。


《花便り》
もちろん路地には花はなく、グレイトーンの世界。
その中で、かすかにある赤。
ana_3_1218.jpg
ナナカマドの実…寒そう



ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

あ、ナナカマド!赤い実に雪が積もっている風景大好きです、ありがとう!

よーこさん、こんにちは

ナナカマドは年中、いろいろな形で目を楽しませてくれます。
こちらには、あっちこっちにあるしね…