意外な事実!!


ちょっと時間があると、
運動不足と時差ボケ解消のために
少々歩いて行くところがあります。
以前にも書いたところの
"MASP"-Museu de Arte de Sao Paulo。
巨匠の絵画がかなり独占した形で見られるので、
とても大好きなスペースです。

おまけに特別展示がなんと。。。
"THE HAND OF BRAZILIAN PEOPLE, 1969/2016"
masp_13_1119.jpg
しっかりした年代は把握できていないものの、
1970年より以前のハンドクラフトの作品を展示。
ひやぁ~パッチワーク作品も何点かありました
IMG_0076 (2)
masp_6_1119.jpg
masp_7_1119.jpg
アップリケもなんと素朴なことか!
masp_11_1119.jpg
猫が何やら面長
masp_12_1119.jpg
毛糸の作品があったり。
masp_10_1119.jpg
50年近く前からパッチワークをしている人が
ブラジルにいたという事実。
パッチワークが流行る土台は、
しっかりあったんですワ。
偶然知った事実にかなり驚いちゃったわ



ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いいですね!なかなかモダンですわ。素朴なアップリケもかえってモダン。手仕事ってその時の風土が影響するのか、おおらかでいいですね

よーこさん、こんにちは

そうだねぇ~確かにモダンにも見えますね。
凝った作品はなかなかできないんで、こんなシンプルで、
これぞ元祖パッチワークじゃあって作品、作りたいわ♡