やっぱ、餅屋は餅屋


どーんと展示されていた「ドーン」。
インパクトはんばじゃないわ~
遠くからなんだなんだと近づいてみたら、これでした。
donnn_1_1110.jpg
うちの「ドーン」はこれ。
長いこと、この丸鈴の刺しゅうと格闘。
試し縫いが山のようになとったワ。
bell_1_1110.jpg
自分が作れないんだから、
あんまり文句は言えないところなのだが、
最初の人のデータが渡り糸だらけで、
どうにもモノにならんくて・・・ブツブツ
bell_3_1110.jpg
元の専門家に泣きついたら、即と送ってくれましたぁ~
bell_4_1110.jpg
『うますぎぃ~』と思わず、にたり。
糸が渡っても、縫った後に切れば問題なしの出来上がり。
経験がモノを言うんですなぁ。

お友達のお土産。
インパクトのあるところの「ドーン」としたアーティスト。
matsumoto_1_1110.jpg
彼女松本出身だったのねぇ~
どうも、イメージがそぐわないって思うのは
アタシだけか



ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

確かにインパクトありますね。草間さん勲章の親授式にどんな格好するのかな?と思っていたら、やはり草間さんでしたね。

よーこさん、こんにちは

どんな格好だったのかしら?ドットがたくさんの服だったのかな?
そして、トレードマークになっている赤いおかっぱ??
まさか、着物はないよねぇ~

No title

草間さん、我が家の市の美術館に常設で作品展示がされてます。やはり長野県出身ということで、草間さんに負けず劣らず目力のある(いまもご健在かどうかはわかりませんが)女性館長さんが草間作品を推したのだとか。
ヴィトンとのコラボ作品も結構なインパクトでした。結構な御歳になられたのね・・・とちょっと感慨深かったです。

やまぺんさん、こんにちは

お年を召されても以前のその姿勢を続けていくことがすごいと思いました。確か90歳近かったはず…それでも一日8-9時間とかを制作に費やしている。恵まれた環境もあると思いますが、とにかくすごいとしか言いようがないわ。