赤色小ぶりのバッグ


新春号のQジャパンに掲載されていた、
小関センセの旅のお供になるバッグ。
voyagebag_2_706.jpg
すぐとカットしていたんだけど、
他事にかかっちゃっていて、やっと完成。
先生のはいろんな生地を縫い合わせていたけど、
アタシのは超簡単バージョン。

よ~く考えると、すべて小関センセワールド。
表に使った"Delicious"麻布は、もちろんのこと、
ジッパーも、アップリケのマーガレットも先生のもの。
voyagebag_1_706.jpg
なかに使った布は、かなり安かったので、
大作キルトの裏布にと、購入したもの。
(←その当時は大作を作るぞぉという気持ちがあった)
voyagebag_3_706.jpg
ずいぶん前のもののせいか、
布端にメーカーや先生の名前もなかったけど、
雰囲気・・・先生ぽいわ


《花便り》
「金糸梅(きんしばい)」と信じていたけど、
ちょっと違うかも。。。
voyagebag_5_706.jpg
美容柳や金糸梅の仲間の「西洋金糸梅」かな
voyagebag_7_706.jpg
その昔、分離帯に咲いていた、
「金糸梅」がいいわねぇ~というお花の先生の言葉に、
夜中に切りに行ったことがあった。
お稽古でぴったりということになって、
いざ本番で使うぞと、はたまた危険を顧みず出かけたら、
すっかりきれいに刈り取られていた後だった。。。
voyagebag_6_706.jpg
そんなことを思い出すお花です


ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます

私はキルトに使わなかったパターンを使って3つ作りました。
中の生地は私も好きでもってたけど確か先生のオリジナルではないような気がします。

よーこさん、こんにちは

アタシも、ちょっと変えて二個目作ってます。
使い勝手がよさそうで、普段でも活躍できるかと。。。
そうかぁ、ちょっと先生の赤とは違うかもとは思っていたんだけど。
それでも、使わねば減りません(~~;