作ってみましたが・・・


これまた、以前作ったソーイングケース。
再び・・・作ってみました
sewingbag_4_703.jpg
ちょいと、地味。
sewingbag_6_703.jpg
残っていた生地をぺたぺたくっ付けて、
ごまかそうとしてますが、
なんだかだふだふとしとります
名古屋の大きな生地屋さんの近くにあったキルトショップ、
デ●セさんのキットをまねしたものです~
sewingbag_2_702.jpg
すぐとどこにまぐれこんでしまう指ぬきを、
ひっかけるのがとてもいい。
デ●セさんはヴィンテージ生地をたくさんそろえてあった、
可愛いお店だったけど、
道路拡張とか何かで閉店に。。。残念だったなぁ
キットが半額だったので買ったのだったかな
そのオーナーさんのお名前は雑誌で拝見できますね。


《花便り》
地味ついでに。。。
ぱっと目につくわけではないけど、
あちこちで見られる「ギボウシ(擬宝珠)」。
生け花の葉組のお稽古でよく使われる。
giboshi_3_703.jpg
giboshi_2_703.jpg
giboshi_1_703.jpg
いつも横から見るけど、
上から見てみると、違った感じでなかなか面白い


ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おーー!

懐かしいですねえ、ディセさん!閉店して直後はセルフィッシュさんに委託されたみたいでキットをいくつか買ったことがあります。今は先生のアトリエ教室でお名前を御見掛けします。

よーこさん、こんにちは

ご存知でしたか?
とっても可愛らしいお店で、置いてある生地やキットも
とっても素敵だったのにがっくりしてました。。。
一度名古屋で、オーナーの方のワークショップにも
行ったことがありました。

No title

こういった細かな収納用品を考え付くのも日本ならでは、ですね。今やハンドからすっかり遠ざかっている私でも、その昔に作ったケースがありますもん。出先でチクチクの時は欠かせませんでした。
ところで・・・お花の名前をたくさん知っていらっしゃるのは、生け花をたしなんでいらっしゃるから?多才でうらやましいです♡

やまぺんさん、こんにちは

アメリカは車社会だから、ワークショップに出かけるときでも常備使っているバケツみたいな大きなケース持参ですもんね(^^;
アタシも一時ハンドをしていた時は、小さなソーイングケースが必須でした。

お花はすっかり足を洗っちゃいました。こちらに戻って、大好きな先生の所に行こうかと思っていたんだけど・・・今は、道端の花を楽しんでます。
休暇エンジョイしてますか?記事アップは???