最後の藍染活動

今日は、今まで藍染で作った作品を、
グループの方たちと展示してきました。

展示場所は、藍染をしていたセンター。
アタシは、今までこのブログで紹介していたものばかりだから、
おニューなものはまったくなく。。。
そして、絞りなども入れずただひたすら染めただけ。
a_blue_1_307.jpg

ほかの方たちは、絞り染めや型染めのテクニックが入ってます。
この準備が、なかなか時間のかかる作業です。
その手をかけることで、一味違ったものに仕上がるのです。
奥の深い技術だと今更ながら、感心します。

とはいえ、この展示で、
アタシはこれで藍染をやめてしまいます。
短い期間でしたが、実りのあった体験でした。
教えてくださった皆様、ありがとうございました。

そのセンターで、時折食品の販売があるんです。
今日、見たら、
なんと猫のチョコ、まして"招き猫"もあり、
速攻、買っちゃいました。
a_blue_4_307.jpg

ただ、二個の丸玉ホワイトチョコが、
猫の印刷された袋に入っとるだけのものですが、
なかなか、楽しい

そして、センター近くのナンのお店へ。
もう、なかなか来れなくなっちゃうもんね~
a_blue_2_307.jpg

ここのナンが最高

そして、いただいたチョコ。
これまた、おいしそう。
a_blue_3_307.jpg

本当にいろいろ、ありがとうございました。


ぽちっとクリックお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

良い経験をなさいましたよね、なかなかできないことです。
私も地元の博物館で、綿を紡いで機織りする、という講座があったのですが、ちょうどキルト塾を始めるころと重なっていてあきらめたことがあります。それ以後二度と募集がないのです。無理してもやってみればよかったと後悔してます。

よーこさん、こんにちは

珍しい講座や講習は、人が集まらなくって
その後、開講されなくなっちゃう可能性が大きい。
本当に、その時に参加しておいたほうがよさそうです。

チャンスの神様の髪の毛は、前はたくさんあっても
後ろは何にもないようで、捕まえることができない。
それを思って、動きたいと思うんだけどね~