JAPAN BLUE LOVE

ARTICLE PAGE

01 2013

準備段階も一仕事ですワ

気持ちも新たに、ポーチ用のピースを用意しようと、
フィードサックをごそごそ。

ご存じの方もいると思いますが、
ちょっと、"Feedsack"(フィードサック)のことを。
1920年代にひとりの青年が、
小麦粉を入れる袋を使用した後に、
ドレスを作れるようにと、
製粉会社にパテントを申し入れます。
このときの袋が、"GINGHAM GIRL"と銘打ったギンガムの袋。
これが始まりのようです。1925年4月15日のことで、
実に、88年前のこと。

1930年代になると、パステルやキャリコ、
そして1950年代には、可愛いプリント地が使われています。
国民的現象にもなるほど、人気を博し、
遠く離れた日本にまで、その名前が知れ渡ることと
なったのですね。

日本国内で売られているヴィンテージ・フィードサックは
一枚一枚、袋に入れられて、
大事に売られています。

アメリカのキルト・ショーに行ったことがあって、
そこでは、20枚ほどジップロックの袋に入れて、
売っていました。
もちろん、きれいに洗って、
サイズもそろえてありました。

ほかに、大きさもそろっておらず、
袋にぐちゃぐちゃに入ったものを買ったことがあります。
その中に入っていたのがこれ↓。
IMG_6267.jpg

ドレスやブラウスなんかを作ったんだろうなぁ~と
推測できるような残り布。
ということで、
カーブがあったり、バイアスに切ってあったりと
ぼろぼろ・・・

なお且つ、その当時のまんまなのか、
きったなかった!!
そのまま日本に持ち帰る気になれず、
ホテルでしこしこ、手洗いしましたよ~~
浴室の壁にに、ぺたっと貼って、
アイロンなしでもOKでした。
すごい裏技
ホテルの従業員に見つかったら、
あきれかえられちゃうだろうな。
あははは~~

きっちり、四角に切られてあれば、
すんなりピースワークに進められるのだけど、
まずは、四角に切らねば・・・と。
IMG_6263.jpg


ということで、半日かけて黙々と切っておりました。
勿体ないので、3種類の大きさで。
IMG_6268.jpg
半端な形が出たのは言うまでもなく、
左側の山が、その残り。

いや~量が半分以下になってしまったワ



ランキングに参加しています。
↓ぽちっとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment