アップリケ付け方のおさらい

はたまた、横道にそれちゃってます。
クリスマス・キルト用のアップリケ、ポインセチアを使って、
ミシンキルト講習会で習った、
アップリケ付け方のいろいろ。

アップリケの端が見やすいように、
アップリケ押え(オープン・トォ押え」を使う。
このミシンは止まるごとに押えが自動で上がる機能が
ついているので、楽ちんです

で、ずっと気が付かなかったけど、
ステッチの位置(基線位置)を、
左右に移動できちゃう。
L/Rシフト設定という機能らしい。。。
前使っていたミシンは、
ジグザグ・ステッチが真ん中にくるように設定されていて、
微妙に位置が合わせにくかったのだワ。
押えのしるしのある位置まで移動すると、わかりやすい。
なきゃないで、それなりにやれるけど、
『痒い所に手が届く』ような感じです。
applique_1_812.jpg

きっちり、周りをジグザグで縫ってしまう。
appliques_3_812.jpg

案外、ジグザグのほうが、難しい。
ちょっとでもジグザグの位置がずれると、目立っちゃうもんね。
初めて縫ったときは、小刻みに震えているようになって、
気持ち悪かった。
(←今は、ちょっときれい)

アップリケ定番のブランケット・ステッチ。
appliques_2_812.jpg

そして、フリーモーション。
appliques_4_812.jpg

やっぱ、キルティングは、アップリケをつけ終わってから、
キルティングをしたほうが、フックリ感が出てきて、
よろしいようです。


≪花便り≫

お墓参りのころに咲いていて、
ずっと、「ボンバナ(盆花)」って呼んでいて、
よく見かけたけど、最近はあまり見かけなくなった。
bonnbana_812.jpg

ご近所の空き家のお庭に、
「セイタカアワダチソウ」にギューギューに押いやられて、
隅っこに、少し咲いていた。

ちなみに、本名(和名)は
「オイランソウ(花魁草)」とか。。。
(←色から来るのかな?)
別名もたくさんあった。
インターネットは知識の宝庫ですわ


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブロsグ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私もなかなかこのやり方ができない。やってみると実に縫いやすいのですが、ついつい昔の癖が・・・・・・
出来上がり楽しみにしてます

よーこさん、こんにちは

ここんところ、アップリケしかやっていない感じで
パッチワーク・パターンに取り掛かれないし、
キルトも作っていなくって・・・

何か違うものに挑戦しなくっちゃ~

いいですねぇ、この色も

Katyさん、こんばんは。
このキルトは先の 「ポインセチア」 の色違いバージョン?
いいですねぇ、この色も。
アップリケの縁を縫う針の動きも色々有るんですね。

No title

ミシンアップリケ、私も継続中也。でもいまだに度のステッチが最適なの不安なまま続けてます('◇')ゞ
布との相性もあるのでしょうけれど・・・。

あ、そういえば、キルティング本の動画アップしてみたので、見てみてくださいませ。
うまくいってるといいんですが。

ひげさん、こんにちは

実はこちらの青系のほうが、アタシにしっくり。
ということで、赤のほうは放置状態になってます。
そんなことではあかん!と、
叱咤激励して、お盆明けぐらいから
取り掛かります。。。つもり(^m^)

やまぺんさん、こんにちは

アップリケは、ジグザグが一番と思っていた時期が
長くって、かなりジグザグ命みたいな感じでした。
でも、ブランケットも飾り模様も
フリーモーションもいいですね。
どう仕上げるかで選ばなくちゃみたいですね。

動画見ました。ありがとうございました。
購入考えてます♪