残った布で、小物づくり

着物一着分の布を消化するのは、
ほとんど、不可能。
まだまだ、半分以上残っとります。
襟の部分は、反物の半分の幅に切ってあるので、
バッグの底の部分や、
小物に使用。

それにしても、着物にはカーブはないし、
丈の部分も、切らないように折りたたんであったりで、
小さな残布が出てこないように、
なっているのだと思う。
賢いわと思うけど、着付けがその分大変なんだろうね。
(←着物は着ないので、わからんけど)

序文がなが~い
ほんとにちっちゃいもの作りました。
small_project_1_716.jpg

そこの部分にダーツの入った、
ばね口金を使ったポーチと、
ぺったんこICカード・ケース。
最近のお約束事の刺しゅう入り

ポーチ、口金部分を本体に付けるのに、
四苦八苦して・・・
small_project_2_716.jpg

ばね口金のねじを締めた後に、
small_project_5_716.jpg

Dカンを入れるのを忘れとったのに、
気が付いた
small_project_8_716.jpg

『時すでに遅し』で、ございます。


KITAKAのエゾモモンガ
small_project_6_716.jpg



≪花便り≫
オオウバユリ咲いてました。
ooubayuri_1_716.jpg

他のユリと違って、
これがマックスの咲いた状態
ooubayuri_2_716.jpg

写真、ぱちぱち撮っていたら、
『なんていう名前だったかしら?オオ…』と年配の女性。
『オオウバユリ(大姥百合)ですね』
『繁殖力強いのねぇ~』
ooubayuri_3_716.jpg


おば(あ)さんは、植物だけではなく
・・・も強いのです


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブロsグ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

「姥百合」

Katyさん、こんばんは。
次々とアイデアが浮かび、夜中にほくそ笑むのも分かる気がします(笑。
Katyさん、充実した日々を過ごしておられますね。
ブルーの布地に和風の刺繍、映えていますねぇ。
こんな小物をチョコチョコっと作ってしまわれるKatyさん、素晴らしい!

普通のウバユリは何度か見た事は有りますが、
『オオウバユリ(大姥百合)』 は初めてみましたよ。
北国の花なんですね。
>おば(あ)さんは、植物だけではなく・・・も強いのです
婆さん関連で… 何で 「ウバユリ」 って言うかご存知ですか(笑。
花が咲く時に葉(歯)が無いから 「姥百合」 と名付けられたそうですよ(笑。 

きれい!

パスケースも刺繍ですか?!すごいなあ、着物地から取ったブロードリーパースかと思いました。
プリペイドカードも地方によって色々あるんですね。

ひげさん、こんにちは

自分と相性のいい生地にあたると、
何かいろいろ作ってみたくなります。
刺しゅうは久しぶりにやったので、
もういやって思うまで続きます(^m^)
何かやり始めると、それしか目に入らないというか、
厄介な性格ですわ~~

翁とか尉(じょう)では、
なくって、なぜ姥なのか?
おじいさんは、歯(葉)がなくなるまで、
昔は長生きできなかったのでかな?

よーこさん、こんにちは

『ブロードリーパース』って、初めて聞きました。
早速、ググっちゃいましたよ。
そういう手法があったのですね。
昔、プリント地の花を切り取って、
アップリケしたことがありました。
チャンと名前があったんだと、我ながら感心してます。

KITAKAのエゾモモンガ、
なかなか愛嬌あるでしょ?