Bag作成で、いろいろ感じました

一度、作るとおんなじ形でバッグ作成が、続きます。
そんな訳で、
"Granny Bag"第三弾。
kimonobag_2_713.jpg

第二弾と全く、おんなじ形。
ちょっと違うのが、
刺しゅう、こんだけでかいのだぁ~と、
誇示しているところ。
(←ちょっと、刺しゅうの場所が下すぎたわ)

もうひとつは、口の部分、
テープを使わなかったとこ。
ココを縫うとき、なんだか『山超え谷超え』って
感覚で縫っていた。
kimonobag_1_713.jpg

結構、この着物地って
張りがあって、しっかりした生地だったせいで、
厚みが半端ない。
タックが入っていることもあるし。

それでも、このミシン、安定性があって、
力強かったわ

押さえ部分が、長くなっていて、
それに対応して送り歯も長くなっている。
送りも、『スクエア送り』といって、
楕円ではない動きをしているそうで、
布送りがしっかりしているはず・・・

ほかのミシンメーカーでは
『ボックス送り』っていって、すでに数年前から
水平釜でも採用されているよね。
もちろん、垂直釜のメーカーは、
『ボックスフィード機構』昔からありあり。

少々、遅かった感ありだけど、
良くなっている分にはありがたい。
とはいえ、最初は
『なんだこの押さえレバーの重さは?』とか、
気になっちゃったけどね。


さて、刺しゅう模様、大きなもの縫ってみました。
kimonobag_3_713.jpg


グラニーバッグって、ゆったりとして
物がいっぱい入りそうで、
最近のお気に入り
kimonobag_4_713.jpg

がばって、広がるのもいいかも




ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブロsグ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おさっれですねえ

こんな風にすいすい作っちゃうなんて・・・・・うらやますい

よーこさん、こんにちは

あっちこっち、手を出しながら、つくってます。
そのため、生地が山になっていて、
それを平らにするのが、今や使命になっています。