藍染覚書

いよいよ天然藍染始動。
今回はグループの仲間が一堂に集まって、
染めることに・・・
復習を兼ねての集まり。
すっかり忘れているもので、
この復習なしでは、
とてもとても一人ではやれない。

試染用の小片の布を灰汁につける。
blue_dyeing_3_525.jpg

3分藍につけるのを3回。
blue_dyeing_525.jpg

藍を建てて、染めていくためには
毎回、pH(ペーハー)値を測って管理していく。
pH値で酸性であるか、アルカリ性であるかがわかり、
藍はアルカリ性で、その数値が10以下になると、
死んでしまう可能性があるよう。
10に近い数値になると、消石灰やお酒を入れて、
アルカリ性を強める・・・と。

そのpH器は、藍が30℃を越しているときは、
冷やさねばならん・・・って、
覚えること多すぎ
blue_dyeing_4_525.jpg



染める量は、一回600g以上。
4人で染めたときは、150g。
その量が下の写真。
この4倍を染にゃならんって、大変。
blue_dyeing_2_525.jpg

染めるだけで、今年は終わりそうだわ
それにしても、
藤色のゴム手袋が紺色になっとる。
恐るべし、藍の力。

≪花便り≫
まだクロユリ咲いとッタ。
kuroyuri_2_525.jpg

kuroyuri_1_525.jpg

美人だ~ワ


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブロsグ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

写真で観る

藍の染め生地 美しいですね
品があります
近所に藍染習ってる方が居て 自治会の文化祭で
展示されてました 絞り染のように濃淡を付けて
模様を描いてらして やはり美しかったです
工房に通われてるようで ちょっと興味がわきました〜

kagishippoさん、こんにちわ

藍が今とっても元気で、回数重ねなくても
いい感じで染まっています。
いろんな染め方の技法を教えてもらいましたが、
当分はそのまま生地を染めていって、
パッチするつもりです。

楽しいんですけど、
お世話が大変(+_+;