筒と筆で描く抜染♪

自転車で出かけようと思っていた抜染講習。
さすがに、雪も降る寒い朝で、
自転車断念。。。
風が冷たくって、
動きも鈍く、あっさりバスに置いていかれ、
お出かけ指数もド~ンと急降下。

会場に着くと、テーブル満席状態。
二年目の新人の三名(アタシを含めて)が、
一番最後って
それでも、みなさん優しくって、
『こっちが空いてるよ』と声をかけてくだざいマス。

去年の五月に受けた藍模様糊による抜染講習。
すっかり、忘れとります。
一応、洋型紙に型を
くりぬいて持って行った。
(←ちなみに去年は型)
代り映えもしないので、
ケーキのクリーム絞りを持っていって、
それで自由に線を描きたいと
先生に相談したら、
筒描というものがあるらしい。

先生のアイディアで、
ケーキのクリーム絞りを使うのではなく、
洋型紙で円錐を作り、
そこに藍模様糊を入れて、フリーで線を描く。
shirobassenn.jpg

芸がないのでうずまき模様。
結構楽しかったりする

因みに、抜染には
白抜染と、半抜染という色の抜き方がある。
使う液が違うのと、
白抜染は2-3時間、半抜染は10‐30分放置する。
さらに、半抜染は放置時間によって、
色が違ってくる。

これは白抜染の模様。
白抜染


お昼を挟んで、
やる予定がなかった半抜染に取り掛かる。
半抜染

今回は、先生に筆を借りて、
適当に塗っていく。
新人二人も手伝ってくれて、
ワイワイガヤガヤ。
『四角から出たら、リンチだよ

半抜染のべた塗後、30分ほど放置。
そのあと、水を流しながら、
ブラシで手早く糊を落とす。
完成

事前に考えていた模様とは全く違うものが
出来上がりましたが、
会長さんにおほめのお言葉いただきました。
(←先生のアドバイスがなかったら、
出来なかったものですが・・・)

行くまでは足取りも重かったのですが、
十分楽しんでまいりました。
はて、これで何が作れるのやら



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ふふーん、

面白そうですね。奥が深いのでしょうね。指先が青くなったりしませんか?
いずれにせよ、何か物を作り出すのは楽しいですね

よーこさん、こんにちは

染の時にはゴム手袋必須ですが、
これはもう藍が落ち着いてるので、
大丈夫でした。
本当は無地が一番なんだけど、
これはこれで楽しめました(^m^)