アンスリューム・バッグです(^m^)

小関先生の講習受講後、
葉っぱづいてまっせ

長かったキルティング終了。
実は、自分用に作っていたのをスキップして、
同じ素材で別物を作成。
先生のパターンをそのまま使うのは、
憚られ。。。
って、自分用はまるっと真似っこ
センセのほうが、おしゃれなんだもん。
(←完成したら、またのっけますので、見てくださいませ)

アンスリュームは、大好きな草木の一つ。
特に、葉っぱが開き切る前の、
くるくるくるまっている状態に、
ホれとりました

こちら、とりあえず表側。
IMG_9506 (2)

どうしても切ったアップリケは、
すべて使いたくなっちゃうので、
スペースぎっちぎっち。

裏側のほうがスキ
IMG_9507 (2)

センセの使っていたAnthuriumの文字のアイディア借用。
もう少し、スペースほしかったけどサ。
これが思いのほか、クレヨンで描いたようでいい感じ。
(←自画自賛)

空間があったほうがいいのは、
生け花だけじゃなくって、
アップリケも似たようなもんだわ、
という心境に行きつく。

だんだん、雪が少なくなってきて、
撮影場所を求めて、
徘徊しとります



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

素敵!

素敵!!私もタペには文字を入れようと思っているのですが、下書きしましたか?それとお花の周りは落としキルト入れたほうがいいかしら?

よーこさん、こんにちは

おおっ・・・
タぺ作成に突入ですか?
文字はやっぱ、下書きしたほうがBetterかと。
縫っているときは、どっちに行ったらいいか、
考えられんもんね♪

キルティングをすでに台布にしている場合、
落としキルトはあんまり意味がない感じ。
特にサテンステッチで、周りぐるっと縫ったら、
ほとんど効果なし(@_@;
ただ、先生がやっていた落としキルト、
というより輪郭線をはっきりした色で縫うと効果ありまっせ。
自分用バッグでやったのですが、
葉っぱ部分を似たような色でストレート・ステッチで、
縫い留め、落としキルト(多少離れたほうが味がある)は
濃い色で。。。Goodですわ~ん