食育をちょっと学ぶ

食育講演会聴講。

《菓子メーカーと医科大学の包括連携協定記念食育セミナー》なんて
漢字ごっそりの仰々しいサブタイトルではありますが、
メイン・タイトルは
からだとこころに、幸せなお菓子を

タイトルは非常に大事であります。

演者は食育研究家の服部先生と
オテル・ドゥ・ミクニの三國オーナーシェフ。
服部先生は、いろいろなことに関わっていられて、
タイトルも学校理事長・校長。医学博士、〇〇会長、ETC...
と盛りだくさん。

長寿の都道府県のランキングだとか、
過去の順位はもちろんのこと、
その背景はなんであろうかとか、
そのデータの数字が、しっかり頭にはいって
すらすらっとでてくる。
小数点以下、2桁までね
今年、69歳。。。
講演回数が150-160回というから、
記憶が繰り返されているとはいえ、
その記憶力に脱帽。

いかに、幼児のときのしつけ。
家族団欒の食事がいかに大事であるか、
物の善し悪しの判断がその中で
培われていくというお話でした。
『三つ子の魂百まで』と言われるがごとく、
このときを逃すと、
もう手遅れだそうです。
怖い話です。。。


食育のみならず、
和食、一汁三菜がとても体にいいこと。
それも過去30年のあいだに、
食卓から漬物が消えていき、
そしてこれから先、
味噌汁がなくなりご飯がなくなり・・・なんて、
話も。
あながち、遠い話ではないかもと。
とても、考えさせられた講演でした。

さて、
お菓子作りにこの医科大学が参加されたそうで、
この8月にはハスカップのゼリーが発売されるそう。
残念ながら、抽選漏れで試食かなわず・・・

お菓子メーカーって、
夕張メロンピュアゼリーで有名なメーカーさん。
お土産にゼリー三個、いただきました

melon.jpg


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント