バッグ・イン・バッグ

以前の記事でアップリケ・バッグをお見せしましたが、
記事はここ
自分のものと比べると、明らかに大きくって、
なんだかバッグの中で持ち物がバラバラになりそう。

友達にあげる予定のものだから、
アタシが心配する必要もないんだけどね。
好きな小関先生(またまた登場)の本で、
バッグ・イン・バッグなる作品が掲載されていたのを思い出し、
一度作ってみたかったこともあって、
挑戦してみました。

小物なるも、あなどれない・・・
結構細かいところが、
ポケットにマチがついてたり、
内側の間仕切りにジッパーがついてたりと
実は以前に作ったバッグより技ありで
ちょっと、時間がかかりました。

接着芯を貼ったために、
外と内のバッグが同じ大きさだと変なしわがついてしまい、
外側作り直しました。

どうも、出来上がりがしっくりこなくって、
外側は接着芯の代わりに
薄手のキルト綿を貼ってみました。
IMG_5636.jpg
後ろが、アップリケ・バッグ

内側はこんな感じ。
IMG_5638.jpg


そうすると、
バッグ・イン・バッグというより、
なんだか、ソーイング・バッグになりそうなぐらい、
しっかりの出来上がりになってしまったのです。
バッグのなかに入れるとこれだけでいっぱいになりそう
IMG_5643.jpg



下のものが、キルト綿を入れていないもの。
IMG_5640.jpg
ちょっと、ヨレっとしてますが、本来のバッグ・イン・バッグかな?

あげていいものかどうか思案しているところです。うむむ。。。


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント