風車ミニ・キルト完成と・・・

昨日アップした画像と大差がないんですが
完成いたしました
Pin Wheel(風車)のミニ・キルト。
IMG_7565.jpg

キルティングは、風車のパターンのところは
落としキルト。
ほかの部分~って、大した面積ではない~は、
Leah Day さんのYou Tubeで知ったZippling。

真ん中の落としキルトは、ウォーキング・フットで
縫っていたら、思いのほか時間がかかちゃいましたね。
方向転換がめちゃ大変
そのうち、気がついてニー・リフターを使い始めて
少々時間短縮ができましたが・・・
ボーダーの小さいパターンの箇所は、
毎回、方向展開をするのに疲れ、
フリーモーション押さえでやりました。
ということで、
ところどころで落としキルトになっとらんところが
ありますが・・・これもありか

ところで、
「テッセレーション」。
またかですが・・・
気になると、納得するまでなんだか落ち着かなくってね。
ネットで調べて、答えゲット

アメリカのキルターさんによれば、
世界中、全く同じの形を使って
組み合わせる繰り返しのパターンの文化を見ることができる。
たとえば中東のタイルとか、
刺し子のデザインであったり、
アイルランドのセルティックの結び目などの、
伝統的なデザイン。
ジグソーパズルのように全く同じ形が組み合って、
入り組んだ模様が「テッセレーション」。
そんな訳で、風車のパターンもそのうちのひとつ。
(という、アタシの理解)

1970年代に、Jinny Beyerが、
彼女の本 Designing Tessellationsの中で紹介。

基本的な四角形や三角形が、
色を変えたり、配置によって
いろんな模様が出来上がってくるって、
いまさらながら、「すばらし~い」って、
感じちゃいましたなぁ。

ところで、ネット探っているうちに
めっけたInterlocking Catsのキルト。
めちゃ気にいりました。。。


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おーーー

私は隣のMさんに型紙つきで教えてもらいました。でもやってない・・・・一時期ずいぶん流行ったんだけど・・・・・

あら〜ん( ゚д゚)

よーこさんの言っていた『テッセレーション』で、
一人で盛り上がってました。
ついに、本までネットで購入済み。
まだ、届いておりませんが…
まだまだ、続くMY BOOM(≧∇≦)