天然藍染布で抜染

今日、「抜染」という作業に始めて挑戦。
同じグループの人がとても楽しぃって、
盛んに言っていたのですが・・・

去年講座で教えてもらったものは、
模様を入れる前作業をして、染色してゆきます。
「抜染」は、藍染したものを型を使って
色を抜いて模様を入れていくものです。

初めてのこともでもあり、
アタシが用意した模様は「○(円)」。
それも、前の夜にあわててくりぬいたもの。
かなり前から知っていたのに、
お尻に火がつかないと、動かないもんでねぇ

まして、集まりに遅刻していったためにアッセアッセ。
今回は、講習ではなく、
各自が自由に抜染していくやり方。
もちろん、アタシは全く手順もわかっていないので、
それぞれ作業している方々に聞きながら、
思考錯誤で進めていきました。
みなさん、親切に教えてくださいました。
(感謝感謝です)

使用された道具は、
・藍模様糊 綿白抜-CW型用
・ハイドロ

IMG_7551.jpg IMG_7552.jpg
 (CW型用糊に対して、5%のハイドロ加え、均一に混ぜる)

・型紙(洋型紙)
・紗張アルミ枠

IMG_7550.jpg
(これは、他の方の型です。とても、細かい)

・はかり
・ヘラ
・台板
・テープ
・新聞紙など


①藍染布に型をあて、ハイドロを混ぜた型糊をヘラで伸ばす。
IMG_7535.jpg
(アタシの模様は、それぞれ離れているものなので、
 紗張アルミ枠は使わず、紗を張った型紙のみ使用)

②型紙を外すと、柄の形に糊が藍染布に残る。その後、放置。

③乾燥後(2時間ぐらい)、水で糊を落とすと完成。
IMG_7562.jpg
少々、ムラになっとりましたが、
初めての出来栄え(?)に満足、その上楽しい

次回は、しっかりと込み入った模様に
挑戦してみたいもんだワ。


IMG_7545.jpg
みなさんのは、こんなに凝ったもの。。。


IMG_7561.jpg
スズランが咲いてましたよ~~



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

素敵!

私は複雑な模様よりこちらのほうが好きです!モダンだし・・・・
また見せてくださいね

よーこさん、こんにちは

こみいった型を作るには、時間がかかることだし、
アタシにはこっちの方が向いているかも(^m^)

また、いつか挑戦しま~す。