気にするところが、変(??)

すでにラインが描かれたBatikの布で、キルティング。
どっちに行こうか、
どう縫おうか、
なんて悩まなくっていいので楽ちん
IMG_7267.jpg

少し厚めのキルト綿を使って、
上下しない押えを使っても
問題無く縫えてます。

モチーフの周りにエコーを入れて・・・
IMG_7272.jpg

あいた部分には、ステップリングを入れて、完成。
IMG_7276.jpg

写真で小さく見ている分には、いいのだが、
実は、前のキルトからテンションが
うまくいっていない

うわっ調子になっちゃう~
お助けマンのSuperior Bottom Lineでもうまくいかない。
手抜きで白の下糸を使ったのが余計にいかんかった。
下糸がぽちぽちっと上にあがっくる。
右から左に移動するときはいい感じなのだが、
一番縫いやすい上から下、
つまりは通常の縫い方向が、今一つ。

そのまま、モチーフとその周りのエコーは
キルティングしてしまったが、
ほかの空間の部分は、細かくステップリングするので、
下糸が、出てくる可能性は大きくなる。

それで、刺しゅう用の下糸(黒)があったので、
それを使用・・・が、
やはり糸そのもののテンションが強すぎるため、
ポチポチとひげがはえている

again.jpg
ひっくり返して、
これがあると、毎回めげるぅ

動かすスピードが悪いのか・・・
それにしても、
微妙にテンションが変わるのは、頭が痛い。

それとアメリカの布が固いというか、
密というか・・・
そのため、針を変えても
すぐプチプチというようになっちゃう。
アタシはその音が気になって仕方がないんだけど、
皆さんどうなのでしょうかねぇ~
以前、ネットでLeah Dayさんがキルティングしているときに
針をプチプチ言わせて縫っていたのが
気になっちゃって・・・

変なところで、
細かいんでしょうかねぇ



ランキングに参加しています。
ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

はじめまして、sweet-labbsと申します。
針を変えてもプチプチいうと気になりますね。
上糸のテンションを変えてもうまくいかないときは最終手段としてボビンのテンションを変えると聞いたことがありますが、もっと大変になりそうで怖くてできません。
batikは目が詰んでる布という印象です。針はどのサイズをお使いですか?
うまくいきますように。

sweet-labbさん、こんにちは

お立ち寄りありがとうございます。
何度か、sweet-labbさんのブログを
訪ねていましたので、嬉しい限りです。
今後もよろしくお願いします。

針は、キルト用の11番を使ってます。
キルト用の普通のものとの違いは、
わかりませんが…(≧∇≦)
ちょっとした違いで、変わっちゃうので、
めげちゃいます。

ああ

こういうひげが生えることありますよねえ。ミシンはプロのKatyさんにしてそうなんだから、素人の私ではどうにもなりませぬ。結局私がいたった結論は、上糸はメトロシーンかポリシーン、下糸はボトムラインでした。最近メトラーの下糸専用の糸が出たらしいのですが、どうなんでしょうねでも素敵よ!

よーこさん、こんにちは

手持ちのMadeiraのレーヨン刺しゅう糸が、
セットであって、今、長さを見たら、
1000m〜(; ̄ェ ̄)。
なんとか、これを処理したいと…
そう言ってる限りは、
この問題から脱出できないようです(T ^ T)




No title

細かいキルティング~!
でも、裏側のヒゲ・・・悲しいかも~(涙)
私も少し前に違う種類の糸を使ったときにボビンテンションを無謀にも変えてみたりして、その後がすっごい大変でした。・・・が、直さねばあとが縫えないと思って普通の糸に変えてから根性で直しましたよ~~~。
それはさておき、今回のは布が原因かもしれませんね。硬い布だと、なんとなくこうなってしまう確立が高い気が・・・
頑張ってくださいね~。

やまぺんさん、こんにちは

アタシのミシンは、水平釜で、ねじ調整はご法度。
きっと、別にもう一個持って調整すればいいのかも。
上糸調整だけでは、限界があります(T_T)

おっしゃる通り、周りの藍染布(かなりやわやわ)はばっちり。
ぐいぐい動かさないことも、必要なのかも・・・