JAPAN BLUE LOVE

ARTICLE PAGE

03 2014

目立つキルト・ラインはいつのことやら

まず、第一作目は簡単にと
またまた、刺し子ラインを参考にすることに。
落としキルトにすれば、悩むこともなかったのだけどね。

七宝つなぎ、アメリカではOrange Peelって呼んでるよう。
IMG_6834.jpg

もとはこのパターン。
それの間引きパターンにすることにして、
縫い目の上をうねうねに縫っていくだけ。
それを縦使い。
IMG_6841.jpg

周りは、葉っぱにしてみました。
IMG_6846.jpg

裏から見るとはっきりわかりますが・・・、
IMG_6848.jpg

遠目で表側を見てもキルティングをしているのやら、
わかりませんねぇ~
IMG_6850.jpg

いつものことですが、
失敗しちゃったらと思うと、
目立つ色の糸は使えない、
ビビりのキルターです


ランキングに参加しています。
ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2 Comments

陽子  

ねえねえ

どうしたらフリモでそんなにきれいにキルティングできるの?

2014/02/04 (Tue) 07:53 | EDIT | REPLY |   

Katy  

いやいや

まだまだ、未熟でございます。
以前、アメリカのすご~いキルターに聞いたら、
毎日8時間練習していたそうで(^^;
もちろん8時間は無理ですが、
積み重ねなんだろうね。

2014/02/04 (Tue) 10:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment