JAPAN BLUE LOVE

ARCHIVE PAGE

archive: 2017年08月  1/1

またまた落語会

昨日は、朝から大騒ぎでした。Jアラートが鳴ったものの、寝ぼけ眼で確認できず、二度寝特にこちらでは上空を通過したとかで、案の定、JRは安全確認で少々遅れ気味。何はともあれ、何事もなくって良かったが、どこに逃げていいのやら・・・という声が多かった。東京からこのタイミングで来た噺家さんは、林家たい平師匠。やはり、笑点がらみのマクラやくすぐりが多かった。『笑点が噺家の頂点と思っている輩も多い』と、ある噺家さ...

  •  2
  •  0

ハワイアン・エコーライン

ここのところ、また暑くなって、顔汗発生眼鏡をかけているから余計かもね(←ご老人用)身体というものは、正直ですワ。テンポよく進んで、今やキルティング中。ハワイアン・キルト=エコーキルトのルール(?)に則って、エコーキルティングしてます。押えは針位置から外径の幅が1/4"(6.5mm)。それに沿って、キルティングすればいいのでしょうが・・・今回は一々、ライン描いて縫うことに。一定の幅でキルティングするんじゃなくって、...

  •  2
  •  0

サテン縫い考

アップリケの周りのサテン縫いするとき、いつも使っているのが細いスプールのMetteler, metrosene Plus (100%ポリエステル)。あんまり密にせずに縫う(0.7-0.8)のが、アラが目立たなくって、アタシ的にはちょうどいい。・・・が、今回は久しぶりに少し太めで、光沢のあるMadeira、Rayon使用。(←在庫整理)うはぁ~、やっぱガクガクになっているところがかなりあって、目立っちまったよ途中で息を吸っちゃいかんのだワ。キルティング...

  •  2
  •  0

着々と(?)ハワイアン・キルトに

中だるみすることなく、ハワイアン・キルトを作り始めています。アップリケをカットしただけですけどぉ。真ん中のアップリケは、一番最後に縫い付ける予定で、違う色に替えるかも・・・です。たまたま、残っていた縫い合わせの生地を使って遊んじゃっているのも、面白使っている青緑の生地は、これまたずいぶん前にPaducahで買ったもの。まだ、この時にはこの生地の作者が、そこで、アトリエ兼ショップを開いていた。日本にはない...

  •  2
  •  0

ラインストーン付きました♪

結局のところ、替え刃を新規購入せず、手持ちのもので賄いました。何度も、試し切り・・・まるで、侍みたいなこと言ってる何度か、刃の出量を調整してカット。(覚書として、ホルダーの目盛り:5.9ぐらい)テンプレートが黒くって、どこをカットしてるかわからん。外してみると、しっかりカットしてくれてます。カットされたテンプレートにラインストーンをはめ込む。その上から、粘着シートをのせ、ストーンを移す。そして、土台の布...

  •  2
  •  0

何年がかりで仕上げたのやら

ずいぶん前に、名古屋で受講した小関センセの講習会。その作品、やっ~と、仕上げましたワ。何年経ったのやら。キルティングラインが違うと、微妙に幅に差が出てくる。それが気になってそのまんま放置。一度、麻地部分をほどいて、ブロック部分を、びっしりアイロン掛け。キルト綿に麻地を縫い付けて、その後、1㎝間隔の直線キルティング。1㎝幅の厚紙を使って、キルティングすると楽チン布が伸びるのを少々防止してくれます。↓ち...

  •  6
  •  0

三三師匠の名前

独演会を聴きに行ったときの記事に、三三(さんざ)師匠の名前のことを書いた。その時の記事はここ→*「ひふみ」と呼ばれたりとか、以前は、可愛らしく「ミミちゃん」って呼んでって、独演会で聞いていた。図書館で借りている落語関連の本。インタビュー形式をとった本で、三三師匠の名前についてのやり取りがあった。ーーーーーー以下、抜粋ーーーーーー僕、名前に執着がないんで。二つ目になる時に、小多けから三三になったんです...

  •  0
  •  0

「なまらうまい!」

お墓参りの帰りのランチはこれ↓以前は、お寿司だったのがジンギスカンに定着。大昔に食べていたジンギスカンとは格段の差。柔らかいし、臭みもないし。山わさびをつけて食べるとこれまた美味。エプロンは紙製ではなくビニール製。破れません。もちろん、タレがつく心配もありませんが、さすがに服は、ジンギスカン臭たっぷり。お遊びで買ってみました、チップス。「指でつまめる?!ジンギスカン」だそう。《花便り》お盆のころに...

  •  2
  •  0

うむむ・・・うまくできん

切れ味悪し、ScanNCutの刃。布端、ボロボロ。マットの粘着力も低下この機械のいいところは、大きさを簡単に変えられること。使った折り紙も悪かったワこの方↓には責任はありませんが・・・柄物の折り紙、スキャンには向きません。(きっぱり)わかってはいたんだけど、大き目のほうが、折りやすかった。それで、トレぺで形を写してから、スキャン。そのあと、ScanNCut用のアプリで、気になるラインをタブレット上で編集。タブレット...

  •  2
  •  0

ScanNCut用アクセサリー

いろいろとやってみたいことがたまっている。このアクセサリーキット、ずいぶん前に手に入れて、なかなか使うシーンが思い浮かばずに放置。ScanNCut用のラインストーンキット。説明書読むも、なんだかよく分からない複雑なラインでと思うからあかんのかも。いつも素敵な作品を見せてくださるところの、ブロガーさんの作品からヒントを頂戴して、(←了解いただいてます)ハワイアンアップリケの上にラインストーンをのっけてみようか...

  •  4
  •  0

シューズバッグ作ってみました

残っていた生地のこのピースが使いたくって、(←靴はお手製ではありませんが)かって、ズッグ袋とか言っていた袋、作ってみました。今風に言えば、シューズバッグってところでしょうか簡単なマチの折り方が分からず、何度も頭をひねりながら、なんとか完成。ただし、これで合っているのかどうか。裏布をつけたために、おでぶ気味。ピースの位置、ちょっと上になり過ぎ。。。いろいろ、反省点はありますが、今まで使っていた袋が、ち...

  •  2
  •  0

Wall Pocket 使用開始

簡単バージョン、Wall Pocketやっと仕上がりました縫い合わせてキルティングしただけのものなのに、時間がかかっちゃいました。ちょっとぉ~歪んでます。キルティングをきっちりやっているところと、そうでないところの違いのためかと、結構しっかりした透明ビニールを使ったためか。定規やらペンやら入れてみると、似たようなものが重なってるのがよくわかる(←母親のこと、言えない)ここの整理整頓のために、作ったWall Pocket。...

  •  4
  •  0

『いいこだねぇ』

開口一番・・・トーク・ショーでの一言。『みんな、いいこだねぇ~』この年になると、こんな言葉はかけてもらえません。TV番組の中でよく出てくる呼びかけとはいえなかなか、うれしいもんですワ。TVでこのタイトルについてお話されていた時から、ずっと、楽しみにしていた写真展。「京都のねこ」ではなく「ねこの京都」。ねこが京都を案内してくれている。写真展には機会があれば出かけるけど、いつもは写真集は買わない。でも、今...

  •  0
  •  0

北海道で食べたのは、初めて・・・

"八月六日"は土用丑の日鰻屋の張り紙に書いてある。江戸時代、 平賀源内の助言に従って、「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」 これは鰻屋の夏の販促戦略。すっかり、土用丑の日は終わったのだと思ったけど・・・北海道設定なのかと、調べてみると、八月六日は、土用明けのようです。そんなに夏バテの心配もないけど、ご近所にあって店構えがなかなかいい雰囲気。お店の名前もウナギそのまんま。北海道で食べたの、初めて。。。...

  •  2
  •  0

柳家三三 独演会

なんだか頻繁に三三師匠の落語会にでかけているなぁと思って、過去の記事をチャックしたらそうでもなかった演目表、印刷マクラでもう真打ちになって20数年以上。いろいろ回って、名前も覚えてもらったかと・・・が、最近になって、一二三(ひふみ)師匠とか言われて、『今までの20年を返してくれ~』確かに名前の書かれためくりは縦書き。読めなくもない。。。この六月に現役を引退した将棋界の名人、一二三(ひふみん)。強烈な個性...

  •  2
  •  0