またまた落語会


昨日は、朝から大騒ぎでした。
Jアラートが鳴ったものの、
寝ぼけ眼で確認できず、二度寝
特にこちらでは上空を通過したとかで、
案の定、JRは安全確認で少々遅れ気味。
何はともあれ、何事もなくって良かったが、
どこに逃げていいのやら・・・という声が多かった。

東京からこのタイミングで来た噺家さんは、林家たい平師匠。
やはり、笑点がらみのマクラやくすぐりが多かった。
『笑点が噺家の頂点と思っている輩も多い』と、
ある噺家さんが言っていたけど、
やっぱ、国民的TV番組だから、
会場内はどかんどかんと受けとりました。
確かに、面白かったワ~
taihei_1_830.jpg
「明烏」は廓話。
一番前のど真ん中に小学生の女の子がいたのに、
『どうしてこの噺』って思ってたけど、
中入り後、たい平師匠が
『ごめんねぇ~分からなかったよねぇ』
『後で、フナッシーやるからねぇ』
実際、最後にフナッシーと花火を
身体を張って熱演してくれました
その女の子は、ほとんど最後は寝ていたようだけど・・・
連れてくる保護者もどうなのって思ったけど、
本人がおばあちゃんと来たいと言ったらしい。
(←おばあちゃん孝行なの)
たい平師匠はとてもサービス満点。
確かにたい平師匠楽しい。
でも、アタシには3日前の雲助師匠があってるかな。
後ろの席の人が『オープニング・トークがおもしろい』とか話してた。
(←マクラだろって、突っ込みたくなったけどサ)
今の時勢にあっているんだろう・・・うむむ


《花便り》
地下遊歩道を歩いていると、いろんなイベントをやっている。
今日は日本ばら切り花協会の催し。
rose_1_830.jpg
いろんなばらがあって、ちゃんと名前が付いているのよね。
rose_2_830.jpg
人気投票もありです


ぽちっとクリックお願いいたします↓





スポンサーサイト

五街道雲助独演会


インターネットで得られる情報は、
地方在住者にとっては、ありがたいものでして。
特に、落語はねぇ~
常設の寄席があるわけではなし、
来道する噺家さんも限られている。

五街道雲助師匠も、ネット上でたどり着いた師匠。
初めて、道新寄席に登場ということで自己紹介。
『師匠は、三十四年前亡くなった金原亭馬生師匠(10代目)。
馬生師匠と言うのは、昭和の名人と言われた、
志ん生師匠の長男・・・わかりませんか?
志ん朝師匠のお兄さん・・・わかりませんか?
池波志乃のお父さん・・・わかりませんか?
中尾彬の義理のお父さん・・・・』
客席を見渡せば、
たぶん、80%以上の人は分かったと思いますが\(//∇//)\

独演会の演目。
「転失気」「お菊の皿」「お見立て」
NKのスーパー落語落語ザムービーですべて見ていて、
菊の丞師匠の「お見立て」の花魁のほうが良かったな。
年齢のこともあるのか、
雲助師匠のはおかみさんみたいだったわ
ネタ出しされていたのは、芝居噺「中村仲蔵」。
まるで、本当に芝居を見ているような・・・
年代を重ねてできる、いぶし銀のかたりでした。
kumosuke_1_826.jpg
それにしても、この演目表の字、
なんとかならんもんかね~(失礼)


《花便り》
今日も暑い日でした。
こんな場所が涼しげで気持ちいい。
america_1_826.jpg
近所で見かけるのはいつもオレンジ色。
ここには、黄色のものもあったので、
再び、写真撮ってみました。
「アメリカノウゼンカズラ」 "Trumpet Vine"
america_2_826.jpg
実際の色はもっと黄色のはず。


明日はマラソン。
うちの近くも走るのでぐるっと道路は閉鎖。
america_4_826.jpg
気をつけねば・・・
いつだったかJR駅に行けなかったことがあったもんね。



ぽちっとクリックお願いいたします↓





ハワイアン・エコーライン


ここのところ、また暑くなって、顔汗発生
眼鏡をかけているから余計かもね(←ご老人用)
身体というものは、正直ですワ。

テンポよく進んで、今やキルティング中。
echoquilt_1_825.jpg
ハワイアン・キルト=エコーキルトのルール(?)に則って、
エコーキルティングしてます。
押えは針位置から外径の幅が1/4"(6.5mm)。
それに沿って、キルティングすればいいのでしょうが・・・
echoquilt_2_825.jpg
今回は一々、ライン描いて縫うことに。
一定の幅でキルティングするんじゃなくって、
スペースが多いところは幅を変えようかと
思ってますが・・・どうなることやら

アップリケ・モチーフのまわり、
幾重にもキルティングすることをエコーキルトと言い、
ハワイの海の波を思い起こさせるような、
ハワイアンキルトの特徴的なライン・・・だそう。


《花便り》
まだまだ、暑さが残っていますが、
もう秋の気配が「ナナカマド」に。
nanakamado_1_812.jpg
早すぎるぞぃ


ぽちっとクリックお願いいたします↓





サテン縫い考


アップリケの周りのサテン縫いするとき、
いつも使っているのが
細いスプールのMetteler, metrosene Plus (100%ポリエステル)。
あんまり密にせずに縫う(0.7-0.8)のが、
アラが目立たなくって、アタシ的にはちょうどいい。
appliquing_4_823.jpg
・・・が、今回は久しぶりに
少し太めで、光沢のあるMadeira、Rayon使用。
(←在庫整理)
うはぁ~、やっぱガクガクになっているところが
かなりあって、目立っちまったよ
途中で息を吸っちゃいかんのだワ。
appliquing_1_823.jpg
キルティングすると、目立たなくなるかしらん

布をぐるぐる回すので、
アイロン用スプレー糊のご厄介に。
かなり、布扱いが楽になる(←すぐ忘れちゃうので覚書)
なんせ今回はサテン縫いが多かった。
普段は大き目のフットコントロラーを使っている。
長時間使用するときは、
そして、何度もON/OFFが多いときには
小さめのほうが軽くって、足が疲れない。
appliquing_2_823.jpg
コードの収容より使い勝手が優先しますわな。



《花便り》
最近見かけなくなった煙突。
昔はどこのおうちにもこんな煙突があったけど、
今は、違う形になっている。
花より、えんと~~つって。。。
「むくげ」、今一番多く咲いている花かも。
mukuge_1_815.jpg
mukuge_2_815.jpg




ぽちっとクリックお願いいたします↓





着々と(?)ハワイアン・キルトに


中だるみすることなく、
ハワイアン・キルトを作り始めています。
アップリケをカットしただけですけどぉ。
applique_3_821.jpg
真ん中のアップリケは、
一番最後に縫い付ける予定で、
違う色に替えるかも・・・です。
applique_4_821.jpg
たまたま、残っていた縫い合わせの生地を使って
遊んじゃっているのも、面白

使っている青緑の生地は、これまたずいぶん前に
Paducahで買ったもの。
まだ、この時にはこの生地の作者が、
そこで、アトリエ兼ショップを開いていた。
日本にはない発色のきれいな生地がいっぱいで、
あ~でもないこ~でもないで選んでたけど、
こんなに年数がたって、やっと使うことに。
applique_2_821.jpg

パイナップルのアップリケ。
今回は見送り
applique_1_821.jpg
色が、今一つだったわ


《花便り》
バラの中で唯一、名前を覚えてる品種。
一重の赤いつるばら、「コクテール」。
(たぶんね、思い込み激しいからねぇ)
rose_1_815.jpg
お花の先生のお気に入りのバラで、
生け花で生けても
『どうぉ、どうぉ~私きれいでしょ?』って存在を
ド~ンと主張することない感じ。
rose_3_815.jpg
でも、十分きれいだよ


ぽちっとクリックお願いいたします↓




ラインストーン付きました♪


結局のところ、替え刃を新規購入せず、
手持ちのもので賄いました。
何度も、試し切り・・・
まるで、侍みたいなこと言ってる

何度か、刃の出量を調整してカット。
(覚書として、ホルダーの目盛り:5.9ぐらい)
テンプレートが黒くって、どこをカットしてるかわからん。
hawaiian_5_819.jpg
外してみると、しっかりカットしてくれてます。
hawaiian_8_819.jpg

カットされたテンプレートにラインストーンをはめ込む。
その上から、粘着シートをのせ、ストーンを移す。
そして、土台の布にアイロン接着する。
hawaiian_41_819.jpg
もたもたしたけど、
ラインストーンはしっかり付いている。

微妙にずれているのは、
キルト綿を使っているせいなのか?
それでも、自分で一粒ずつ貼り付けたら
(って、やらないだろうけどサ)
こんなにきれいに並ばないはず。
hawaiian_6_819.jpg
小さい手持ちの額に入れて、飾りましたワ。
hawaiian_7_819.jpg
とりあえず、うまくいくことが分かったので、
本チャンのキルトにかかろうかと、
思っている、今日この頃です



《季節もの》
この時期になると、どっさり出てくる「トウモロコシ」、
こちらでは、「トウキビ」といういい方が、通常。
年々、いろいろな種類が出てきます。
この前、TVで紹介されていた「ピュアホワイト」。
ちょこっと黄色が混じっとるがにぃ~。
(←かなりあやしい名古屋弁)
corn_1_819.jpg
ゆでると、少し色がついてクリーム色。
corn_2_819.jpg
普通の「トウキビ」の倍以上の値段。
でも、めちゃ甘いのです


ぽちっとクリックお願いいたします↓




何年がかりで仕上げたのやら


ずいぶん前に、名古屋で受講した小関センセの講習会。
その作品、やっ~と、仕上げましたワ。
何年経ったのやら。

キルティングラインが違うと、微妙に幅に差が出てくる。
それが気になってそのまんま放置。
一度、麻地部分をほどいて、
ブロック部分を、びっしりアイロン掛け。
キルト綿に麻地を縫い付けて、
その後、1㎝間隔の直線キルティング。
sqauretotebag_2_818.jpg
1㎝幅の厚紙を使って、キルティングすると楽チン
布が伸びるのを少々防止してくれます。
↓ちょっと、しわになっちゃいましたが・・・
sqauretotebag_1_818.jpg

なかなかまねできない布の組み合わせです
sqauretotebag_4_818.jpg

その講習に、
かなりご高齢の方がひとり参加されていて、
センセがお声をかけていたのを、思い出した。
『先生の作品がかわいくて好きなんです、
足手まといになるかもしれませんが、
よろしくお願いします』
というようなことをおっしゃっていた。
センセが『お出かけいただいて、うれしいわ~』と。
いくつになっても、作りたい物があって、
続けられるといいな


《花便り》
朝、いつもと違う道を通ったら、
きれいな紫色の「アサガオ」
asagao_3_818.jpg
asgao_1_818.jpg
夕方にはこの姿。
asagao_4_818.jpg
名前通り~


ぽちっとクリックお願いいたします↓




三三師匠の名前


独演会を聴きに行ったときの記事に、
三三(さんざ)師匠の名前のことを書いた。
その時の記事はここ→*
「ひふみ」と呼ばれたりとか、
以前は、可愛らしく「ミミちゃん」って呼んでって、
独演会で聞いていた。

図書館で借りている落語関連の本。
sannza_1_815.jpg
インタビュー形式をとった本で、
三三師匠の名前についてのやり取りがあった。

ーーーーーー以下、抜粋ーーーーーー

僕、名前に執着がないんで。
二つ目になる時に、小多けから三三になったんですけど、
もともとは違う名前になることが九分九厘決まってて。
「さん好」っていう・・・・
今の(柳亭)市馬兄さんが二ツ目の時に柳家さん好で、
素敵な名前だし、
うちの師匠も目白の小さん師匠も「うん」と言ってたんだけど、
ある日突然「三三」という名前になれとうちの師匠に宣告されて。
で、目白の小さん師匠のところに行って、
「これ、『さんざ』にしようと思うんですけど」とうちの師匠が言ったら、
小さん師匠が「どういう字だ?」
「三三と書いて」
「ダメだよ、『さんじゅうさん』と呼んじゃうじゃねえか」

「ダメだよ」
「ダメですか」
「ダメだ、絶対ダメだからな」
「はい」って、
そのまま三三になっちゃった。
だから僕、五代目小さん非公認の名前。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小さん師匠と小三治師匠のやり取りを、
想像すると何度でも吹き出しちゃう。
丸顔の小さん師匠、
きっと任侠映画の健さん風だったろう小三治師匠。
その隅で、三三師匠はかしこまって
二人のやり取り聞いてたんだなぁ~って。ぶふっ


《花便り》
六月に撮っていた写真、
名前が分からずにそのまんま。
でも、好きな写真のひとつだから、
ここに置いておきます。
shiro_2_621.jpg



ぽちっとクリックお願いいたします↓




続きを読む

「なまらうまい!」


お墓参りの帰りのランチはこれ↓
jingisukan_1_815.jpg
以前は、お寿司だったのがジンギスカンに定着。
大昔に食べていたジンギスカンとは格段の差。
柔らかいし、臭みもないし。
山わさびをつけて食べるとこれまた美味。
jingisukan_2_815.jpg
エプロンは紙製ではなくビニール製。
破れません。
jingisukan_3_815.jpg
もちろん、タレがつく心配もありませんが、
さすがに服は、ジンギスカン臭たっぷり。

お遊びで買ってみました、チップス。
jingisukan_4_815.jpg
「指でつまめる?!ジンギスカン」だそう。


《花便り》
お盆のころに咲くので、「ボンバナ」と思っていました。
本名は何でしょうか
bonbana_1_815.jpg


ぽちっとクリックお願いいたします↓




続きを読む

うむむ・・・うまくできん


切れ味悪し、ScanNCutの刃。
布端、ボロボロ。
マットの粘着力も低下
cutting_5_815.jpg
この機械のいいところは、
大きさを簡単に変えられること。

使った折り紙も悪かったワ
この方↓には責任はありませんが・・・
cutting_2_815.jpg
柄物の折り紙、スキャンには向きません。(きっぱり)
わかってはいたんだけど、
大き目のほうが、折りやすかった。
それで、トレぺで形を写してから、スキャン。
そのあと、ScanNCut用のアプリで、
気になるラインをタブレット上で編集。

タブレットの容量が少ないのか、
ネットの接続環境が悪いのか、
使い勝手、最悪
ラインが切れ切れでもいいかってなもんで、
早々に編集終了。
切れ味が悪いのではなく、データの不完全なせいかも。
cutting_1_815.jpg

アップリケにラインストーンがついて、
こんな感じになる予定
cutting_6_815.jpg
曲線さえ、うまく切れてない。
ラインストーン用の小さな○が切れるとは思えんので
街に出たついでに、替え刃買ってこようっと。


《花便り》
花が終わったあとの丸い形がなんともかわいい。
fusen_1_815.jpg
何の花なのか、ツルモノらしいけど、
残っていた花は、青色吐息(←赤いけどね~)
fusen_2_815.jpg


ぽちっとクリックお願いいたします↓




続きを読む

ScanNCut用アクセサリー


いろいろとやってみたいことがたまっている。
このアクセサリーキット、ずいぶん前に手に入れて、
なかなか使うシーンが思い浮かばずに放置。
ScanNCut用のラインストーンキット。
rheinstone_2_812.jpg
説明書読むも、なんだかよく分からない
複雑なラインでと思うからあかんのかも。
rheinstone_1_812.jpg

いつも素敵な作品を見せてくださるところの、
ブロガーさんの作品からヒントを頂戴して、
(←了解いただいてます)
ハワイアンアップリケの上に
ラインストーンをのっけてみようかと。
とりあえず、紙で試し切り。
できるだけ簡単なものと思うけど、
だんだん複雑になっていっちゃう~
hawaian_1_812.jpg

以前、唯一ハワイアンキルトを作った時に、
アップリケの中心が盛り上がったことがあったので、
今回の真ん中は、くりぬいてみようかなぁと思っている。
hawaian_2_812.jpg
あんまり、代り映えしないけどね。


《花便り》
涼し気~~池の「スイレン」・・・って。
しかし、こちらでは秋なのかっていうくらい涼しい。
暑さに慣れていた身体には少々寒い。
suiren_4_726.jpg
これはお天気のいい日に撮ったもの。
suiren_1_726.jpg
suiren_3_726.jpg
夏が恋しいわ



ぽちっとクリックお願いいたします↓




シューズバッグ作ってみました


残っていた生地のこのピースが使いたくって、
(←靴はお手製ではありませんが)
shoebag_1_809.jpg
かって、ズッグ袋とか言っていた袋、作ってみました。
今風に言えば、
シューズバッグってところでしょうか

簡単なマチの折り方が分からず、
何度も頭をひねりながら、なんとか完成。
ただし、これで合っているのかどうか。
shoebag_2_809.jpg
裏布をつけたために、おでぶ気味。
ピースの位置、ちょっと上になり過ぎ。。。
いろいろ、反省点はありますが、
shoebag_3_809.jpg
今まで使っていた袋が、
ちょっと大きめで
運動靴が中で動いてバラバラしていたので、
これでやれやれ落ち着きました


《花便り》
「ノウゼンカズラ」、濃いオレンジ色の花。
青空によく似合う。
nozengazura_1_809.jpg
暑さを増長させるような・・・
nozengazura_2_809.jpg
花には決して罪はありませんが、
暑いときには、イラっとしたりして



ぽちっとクリックお願いいたします↓




Wall Pocket 使用開始


簡単バージョン、Wall Pocket
やっと仕上がりました
縫い合わせてキルティングしただけのものなのに、
時間がかかっちゃいました。

ちょっとぉ~歪んでます。
キルティングをきっちりやっているところと、
そうでないところの違いのためかと、
結構しっかりした透明ビニールを使ったためか。
wallpocket_2_805.jpg
定規やらペンやら入れてみると、
似たようなものが重なってるのが
よくわかる(←母親のこと、言えない)
wallpocket_1_805.jpg

ここの整理整頓のために、作ったWall Pocket。
あまり変化が感じられないところであります。
改良前の記事はここ→*
wallpocket_3_805.jpg
それでも、この中にうずもれていたものを
発見できてヨシとする。
wallpocket_4_805.jpg
もう少しで、買い足すところだったワイ。


《花便り》
ちょっと前の「ハマナス」。
hamanasu_1_717.jpg
もう花も終わりで
実がついている今日この頃です。
hamanasu_2_717.jpg



ぽちっとクリックお願いいたします↓




『いいこだねぇ』


開口一番・・・トーク・ショーでの一言。
『みんな、いいこだねぇ~
この年になると、こんな言葉はかけてもらえません。
TV番組の中でよく出てくる呼びかけとはいえ
なかなか、うれしいもんですワ。

TVでこのタイトルについてお話されていた時から、
ずっと、楽しみにしていた写真展。
「京都のねこ」ではなく「ねこの京都」。
ねこが京都を案内してくれている。
nekoaruki_1_804.jpg
写真展には機会があれば出かけるけど、
いつもは写真集は買わない。
でも、今回はサイン会整理券を手に入れるため、
デパート開店前から並び、
10Fまで駆け上がり(←エスカレーターですけど)
トーク・ショーにまで参加。
4Fと10Fを行ったり来たりしてました
nekoaruki_2_804.jpg

それにしても、並んだわぁ~
nekoaruki_4_804.jpg
デパートの中はねこづくし。

2012年から「世界歩き」は始まったとか。
獣医さんの奥方である友達のひとりから
その年の夏だったか、
『ねこの番組がBSであるよ~』と
教えてもらったことがあった。
もう、そのころから5年もたったんだねぇ



ぽちっとクリックお願いいたします↓




北海道で食べたのは、初めて・・・


"八月六日"は土用丑の日
鰻屋の張り紙に書いてある。
unagi_3_802.jpg
江戸時代、 平賀源内の助言に従って、
「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」
これは鰻屋の夏の販促戦略。
すっかり、土用丑の日は終わったのだと思ったけど・・・
北海道設定なのかと、調べてみると、
八月六日は、土用明けのようです。

そんなに夏バテの心配もないけど、
ご近所にあって店構えがなかなかいい雰囲気。
お店の名前もウナギそのまんま。
北海道で食べたの、初めて。。。

名古屋のウナギよりあっさりして、アタシ好み
名古屋のものはたれが濃いんだわ。
(←ウナギに限らず、ほかのものも結構味が濃い)
unagi_1_802.jpg
九月から五月にはひつまぶしも食べられるようで、
その時期が来たら、また出かけまっせ。
すでに期待が高まっとるのです。

《花便り》
まだ、お盆前、八月上旬だというのに、
すっかり盛夏は過ぎ去った感ありあり。
七月中旬思いっきり暑い日が続いたから、
より涼しさを感じる。
「コスモス」が風になびいていると余計にね。
cosmos_2_802.jpg

cosmos_1_802.jpg
しかし、しばし夏を感じていたいもんだわ



ぽちっとクリックお願いいたします↓




柳家三三 独演会


なんだか頻繁に三三師匠の落語会に
でかけているなぁと思って、
過去の記事をチャックしたらそうでもなかった

演目表、印刷
rakugosanza_2_802.jpg
マクラで
もう真打ちになって20数年以上。
いろいろ回って、
名前も覚えてもらったかと・・・が、
最近になって、一二三(ひふみ)師匠とか言われて、
『今までの20年を返してくれ~』
確かに名前の書かれためくりは縦書き。
読めなくもない。。。
この六月に現役を引退した将棋界の名人、一二三(ひふみん)。
強烈な個性で、
最近メディアに出てくる機会が多かったから
皆に強い印象与えたもんね。
しかし、笑えるわ~
また、笑いっぱなしの時間を過ごしてまいりました。
rakugosanza_3_802.jpg
近くの時計台、星マーク確認。

友人にもらったチョコレート駄菓子。
blackthunder_1_802.jpg
"北海道☆限定"
ホワイトチョコ好きには受けること太鼓判。
blackthunder_2_802.jpg
「内地へ買ってく土産の定番」だってサ。



ぽちっとクリックお願いいたします↓