JAPAN BLUE LOVE

ARCHIVE PAGE

archive: 2017年04月20日  1/1

怪談噺

時々の記事の中で書いているけど、落語を聞きながら、ミシンなんかを使っとります。軽快な音楽を耳にしながら、縫えば、もう少しサクサク進むかも。。。まして、今はまっているのは、暗くて陰鬱な怪談噺、「真景累ケ淵(しんけいかさねがふち)」「落語中興の祖」と呼ばれる三遊亭圓朝の作。これが長い~~~~~圓生師匠の噺、結末がなくって、改めて歌丸師匠のものを聴き直しおどろおどろしい。歌丸師匠の写真が怖いわJR電車の宣伝...

  •  2
  •  0