三三ふたり会


四月もすでに中旬だというのにこの天候。
吹雪です
コートをクリーニングに出さなくて、正解だったわぁ~
sannza_2_413.jpg
街に出かけるとちょっとぶらぶらして帰るのだけど、
今日はそそくさと引き上げてきました。

昨晩聴きに出かけた三三ふたり会。
ここ数日、雪交じりの天候で、
三三師匠も開口一番、『帰りたい』と。
もう、東京は桜が散りはじめたとか・・・
無事、帰れたのかしらん

帰りに張り出されていた演目。
sannza_1_413.jpg
三三師匠は、演目を決めておらず、
その時の雰囲気と、
たぶん、「宗論」の演目を受けて、
「善光寺の由来」を演じたのかなぁ~と。

トリの演目「寝床」を聴かずに、
席を立った人たちが十名ほどいた。
枝光師匠はかなり落胆したようで、
なんどもぼやいていた。。。
「寝床」は出てくる人物も多いし、
大ネタのひとつ。
かなりのお稽古が必要なネタだと思う。
それでも、お客さんとしては
三三師匠がお目当てだったら、席を立っちゃうかもね。
やっぱ、こちらは上方落語より江戸落語のほうが聴きやすいかも。
まずは、最後まで聴こうという程の、
魅力ある高座にしなくちゃねぇ~~


ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト