Columbiaって??


剣ケースをお届けに行って、
すっかりお邪魔することに。

ミシンの調子を見てほしいとのことだったので
出してきてもらったところで、
あ~かなり昔のものだなぁと思っちゃいました。
それでもB社のものだから、わかるわなぁ~と
変な自信
mishin_5_403.jpg
ところがです。
ケースを外してみると、
Columbiaって・・・
カラスミシンって・・・
mishin_1_403.jpg
今や、ほとんどの家庭ミシンのテンビンが前にあるのに後ろ側。
さすがに、糸の通し方がわからず。
十年以上使っていないということでしたが、
持ち主はちゃんと覚えていられました。
(←前であろうと後ろであろうと一緒なのよねぇ)

足踏みミシンだったものをモーターを付けて、
電動にしてもらったそうで、
それでケースがB社製に。
mishin_3_403.jpg
プーリーベルトが緩んでいるためなのか、
空回りしちゃうけど、
最初手で回すときちんと縫えます。
糸調子も簡単に調整オーケー。
ボビンケースは見た目、いまのものと同じ。
六十年ぐらい前のものらしいけど、基本はまったく同じ。
mishin_4_403.jpg
新品のようにきれいなのには、またまた驚いちゃったわ
いまのミシンは六十年は持たないだろうな。



ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト