JAPAN BLUE LOVE

ARCHIVE PAGE

archive: 2016年11月  1/1

簡単なはずなのにぃ~~

簡単ぺったんこバッグ、+ ”フライングギース"。が、なかなかピーシングに慣れていない人たちにとっては、やはり大変なようで、縫い合わせるだけで2時間近くもかかってしまうそして、裏をひっくり返してバッグが。。。。毎回、講習をするたびにこんな風に仕上げちゃう人が必ずいます。やり直しして、ハッピーに帰っていきましたが、やれやれです。違うグループでは赤ちゃんを連れたお母さんが参加。将来、キルターになることを願い...

  •  2
  •  0

お洒落だぜ

不景気が続いているブラジル。それでも、やはり11月にはBlack Fridayがあり、そしてクリスマス・シーズン。おされなデコレーションはあちこちに見られます。そして、よく行くAvenueには古い建物があって、無料で見学ができちゃう。ステンドグラスと曲線の階段がなんともいい。モダンなアルファベットの配置。ホテルのクッションのシックなこと。あたし好み11月はブルーリボンの月。日本ではピンクリボンについていろいろ見かけるけ...

  •  2
  •  0

らんらんららん♪

もう2週間足らずで12月。今いるブラジルは日本とは反対側の南半球に位置する。必然的に、これからは夏で~すとはいえ、なぜか寒い。それでも、通りにある大きな木の枝からなんと蘭がにょっと顔出している。よ~く見るとあちこちに。。。自然にはえたのかしらんと思って、よく見たら、針金で留めてあったり、中には鉢が幹に埋め込まれていたり・・・人の手が入っていたんだわぁ~少々小粒であるものの、ハンギングバスケットを飾る...

  •  2
  •  0

意外な事実!!

ちょっと時間があると、運動不足と時差ボケ解消のために少々歩いて行くところがあります。以前にも書いたところの"MASP"-Museu de Arte de Sao Paulo。巨匠の絵画がかなり独占した形で見られるので、とても大好きなスペースです。おまけに特別展示がなんと。。。"THE HAND OF BRAZILIAN PEOPLE, 1969/2016"しっかりした年代は把握できていないものの、1970年より以前のハンドクラフトの作品を展示。ひやぁ~パッチワーク作品も何点...

  •  2
  •  0

ゆったりと過ごしてます

しょっぱなからあっせあっせの出発。それでも何とか行き着くもんでして、再び、ブラジル。こちらは初夏。すでにサマータイムになっていて、街行く人たちは半袖Tシャツ。とりあえず気持ちのいい季節です。いつも泊まっていたホテルから違うホテルへ。とはいえ、徒歩1分のところで、昔よく使っていたホテル。すっかりおしゃれなホテルに様変わり。ベッドのすぐ反対側にデエスク。これが便利でたまらん。ゴロゴロしながらでも、なんで...

  •  2
  •  0

楽あれば苦あり(^^;

ここのラーメンが久しぶりに食べたいなぁ~と思って、昼のフライトを選んじゃいました。空港の中にあるラーメン店。案の定、このお店だけは行列。それでも早めに家を出たので、余裕しゃくしゃく。。。羽田での乗り継ぎ時間が1時間ちょっと。まぁ~航空会社が提示しているフライトスケジュールだから、大丈夫だろうし、それに朝寝坊できるし、ラーメンも食べられるし、と、甘く考えていたアタシ。手荷物検査に行ったらいつになく長...

  •  2
  •  0

チャイナ服・・・

かなり前だったけど、一時期チャイナボタンが大好きで、見つけるとTシャツとか、買っていた。こんなの↓画像借りちゃいました。友達に言って、わざわざ作ってもらったこともあったほどの、熱の入れよう閉めるときに時間がかかるので、朝、時間がない時にはきられん代物でありました。じゃあ~ん、ついにホンマモンを着てまいりました。めちゃ体にフィットして、スリットの入っているセクシーなのじゃなくってね。龍の模様まで入って...

  •  4
  •  0

やっぱ、餅屋は餅屋

どーんと展示されていた「ドーン」。インパクトはんばじゃないわ~遠くからなんだなんだと近づいてみたら、これでした。うちの「ドーン」はこれ。長いこと、この丸鈴の刺しゅうと格闘。試し縫いが山のようになとったワ。自分が作れないんだから、あんまり文句は言えないところなのだが、最初の人のデータが渡り糸だらけで、どうにもモノにならんくて・・・ブツブツ元の専門家に泣きついたら、即と送ってくれましたぁ~『うますぎぃ...

  •  4
  •  0

"Flying Geese"の簡単バージョン

"Flying Geese"の簡単バージョン。とはいえ、どれが正しいブロックなのかわかりません。三角が並べば、"Flying Geese"なのか昔々作ったバッグを再現。正方形のバックになる二枚をその倍弱の長さの長方形を半分にして挟む。そして、その一辺を縫う。その縫う位置を間違うちゃうと、正しいブロックにならんのです。そして、開くとちゃんと三角に。なんとか、幅が同じで倍の高さのものができないか、挑戦してみたけど、あかんかった。...

  •  2
  •  0

ほどほどの塩梅を探さねば

ただひたすらキルティング漬けの一週間。パネル生地は金輪際買わんぞと、覚えとらんくちゃ・・・真ん中に思いっきり、キルティング集中攻撃。縁のボーダー部分は力尽きて、あっさりにしたら、縁部分に波打っちゃったよ。この辺の塩梅が難しい、下糸が気になって上糸調子を緩くしたら、案の定、下糸がきつきつほどほどのところでやめないと、やけどしちゃいますな。肩も腰もバリバリ。またもや、レース刺しゅう付き。やっぱ、ごてご...

  •  4
  •  0