土曜日のランチ


以前の記事にも書いてあるけど、
ブラジルでは水曜日と土曜日に
レストランがフェジャワダという料理を
提供します。
これはもともと奴隷の人たちが食べていたもの。
お肉のいい部位は奴隷主が食べ、
それ以外の部位を奴隷たちが豆などと煮込んだものを
食べていたのだそう。
今や、ブラジル料理の代表というべきもの。
バイキング式でランチなんかもお手軽に楽しめちゃう。
brazil_1_0424.jpg
夏の終わりだけど、30℃超える日には
ビールがおいしい
brazil_4_0424.jpg
黒ビールもあります。

土がミネラルを多く含んでいるため、
野菜なんかもめっちゃおいしい。
brazil_2_0424.jpg
フェジャワダをぱさぱさのご飯にかけて、
ケールなんかとぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのです。
brazil_3_0424.jpg
これがイケちゃうので、
太っちゃうんだよなぁ~



ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

おしゃれなアトリエ

ずいぶん前にブラジルに来たときは
コットン生地がなかったり、
キルト用のほとんどがアメリカ製で、
かなり高額だったけど、
ブラジル国産の生地や用具の種類が充実。
ただ、マチ針がさしにくかったり、
ハサミやロータリーカッターの切れ味が悪くって、
時折、ぶち切れてますが。。。

おしゃれなアトリエ(キルト・ショップ)が増えてきていて、
オーナーのセンスの良さに、嬉しくなったりして
名前は"Atelie Sonho de Retalho"。
atelie_5_0501.jpg
仕切りのガラスがパッチワークのパターン。
atelie_1_0501.jpg
おばあさんが使っていたミシンだそうで、
パフのカラス・ミシン。
atelie_4_0501.jpg
壁に飾られた刺しゅうがきれい
atelie_6_0501.jpg
ここで先生をしている人の作品。
レース地を使っても面白い。
atelie_8_0501.jpg
atelie_7_0501.jpg
参加してくれた人たち。
atelie_9_0501.jpg
最後まで頑張ってくれたけど、
タイムアップで完成した人は一人もおらず・・・


ぽちっとクリックお願いいたします↓


MASP

歩行者天国となっているストリートを歩いていくと、
美術館があります。
名前は
"Museu de Arte de Sao Paulo"略して、MASP。
ブラジルのビジネスマンが創設した近代美術館。
brazil_8_0425.jpg
絵画になるとこんな感じo(≧ω≦)o
musium_1_425.jpg

ゆったりスペースで、子供たちが遊べる空間。
brazil_16_0425.jpg
館内はとてもゆったりしていて、
日曜日でもそんなに混んでいなくって、
(←コーヒーショップやレストランは混んでいたけど)
のんびりした鑑賞を楽しめちゃう。

展示の仕方がアタシにとっては初めて。
アクリル板(?)のついたてに絵画を飾っている。
誰の作品かわからないなぁ~と思ったら、
後ろ側に説明が書いてあるし。。。びっくり。
brazil_21_0425.jpg
好きなモディリアーニもあったし、
ほかにもアタシが知っている数少ない画家の作品が展示。
brazil_22_0425.jpg
それでも、現代のブラジルの画家の作品が、
ユニークで楽しい。
brazil_23_0425.jpg
brazil_18_0425.jpg
brazil_25_0425.jpg
骨格の違いを感じちゃう。
brazil_24_0425.jpg
入館の時に貼ったシールが返却されてますぅ~おしゃれ♪
musium_2_425.jpg

その美術館の敷地内に設けられていた蚤の市。
こっちのほうが興味ありますわ。
brazil_17_0425.jpg

brazil_4_0425.jpg
並んでいるものが本当にカラフルで楽しい
brazil_5_0425.jpg
この秤とかタイプライター飾ると、明るい気持ち維持できそう




ぽちっとクリックお願いいたします↓


またまた、ぶぶぅ~~んと


10℃代の地元から、サンパウロへ移動
もう、夏の終わりだというのに、
最高気温が連日30℃越え。
でも、からっとして過ごしやすい。

日曜日は、サンパウロで一番のメイン・ストリートが
車を遮断して、人々へ開放。
brazil_3_0425.jpg
ピーカン天気最高。
brazil_12_0425.jpg
さすがに長いこと歩いていると、
汗ばんでくるけど、結構いい運動になります。
brazil_13_0425.jpg

みんな思い思いに楽しんでます。
サイクリングしたり、
brazil_14_0425.jpg
エクサイサイズしたり、
brazil_10_0425.jpg
まだまだ、効果が出ていないような・・・

通りに面して公園もあって、
地元の人々がのんびり散歩。
brazil_6_0425.jpg
さすがに南国の植物。
ヤシの木が高く育っている。
brazil_7_0425.jpg
あとで聞いたら、
あまり安全でないので、近づかないようにと
注意されましたワ。

通りではあちこちバンド演奏。
それに合わせて、ダンスを楽しんでいました。
みんなリズミカルで目を見張るほど、上手
brazil_1_0425.jpg

リオのオリンピックの問題とか、
経済不況からくる現大統領の解任問題とか、
いろいろ大変な状況であるけど、
今、楽しめる時は思いっきりエンジョイしている、
ブラジル人はとっても素敵



ぽちっとクリックお願いいたします↓


心残りたっぷり

ホテルカウンターで、
チェックインする方が、一週間とか言っていたときに、
ええ~そんなにって思ったけど、
やっぱ、足りなかったわ、滞在日数。

東山七条にある博物館やら、
岡崎の細見美術館やら、
足を延ばして亀岡あたりにも行ってみたいわ。
(←保津峡のトロッコ電車ね)
ほかにも心残りがたっぷり。

近代美術館のポール・スミス展、
細見美術館の伊藤若冲展の頃に行ってみるかなぁ。
ikitai_1_420.jpg

六月下旬。
まだ暑くなっていなかったか。。。
思いのほか、京都ってひどく暑いからねぇ~
しばし、京都熱が続きそうだわ。



ぽちっとクリックお願いいたします↓


岡崎あたりをウロウロ

京都には訪ねたい場所がたくさん。
地形的には山に囲まれていることもあり、
思ったほど、広くはなく、
ほとんどがバスで回れちゃうのであります。
・・・で、調子に乗って歩いたので、
滞在中の三日間で歩数6万近く。。。
おそろし~アタシって、案外健脚

最終日は岡崎あたりで、
近代美術館に行ってみたいと思い、
開館前に、平安神宮まで足を延ばし、
ふくらはぎパンパン。
美術館4Fから撮ると、大鳥居も違って見える。
okazaki_4_419.jpg
隣にある京都府立図書館の文字が、めちゃめちゃ魅力的。
okazaki_3_419.jpg
古いものが反対にモダンなんだね。

この市電にはおばあちゃんコンシェルジュがいらっしゃいました。
okazaki_5_419.jpg
『無鄰菴は、市で管理しているから、入場料が安いわよ~』と、
あとは南禅寺境内にある水路閣とか、
お金のかからないところを勧められました。
お金ないように見えたか

素直にお薦めに従って、無鄰菴へ。
okazaki_8_419.jpg
庭園を流れている水は、琵琶湖疎水を引いたもので、
防水用ということで、許可が下りたようです。
okazaki_7_419.jpg

そこから、南禅寺三門へ。
nanzanji_6_419.jpg
拝観料を支払って、急な階段をよじ登る。
nanzanji_5_419.jpg
高いだけあって、眺めは最高。
新緑が目にやさしい。
nanzanji_4_419.jpg


地下鉄蹴上駅に向かっていくと・・・
思い出しちゃったわ~蹴上の交差点。
以前、京都に通っていた時に、何度も通った場所。
この先に名神のインターがあるんだよね~
そして、ちょうどみんなも帰るころでめちゃくちゃ渋滞していた。
バイパスがなければ、今もそうかもね。
nanzanji_7_419.jpg
そして、車を運転していた時に、
横目で見て気になっていた「ねじりまんぽ」。
nanzanji_8_419.jpg
壁がねじているトンネルだそう。

蹴上インクライン。傾斜鉄道。
鉄道脇は、桜並木。
咲いていたら、今みたいにこんなに寂しいってことはなさそう。
nanzanji_9_419.jpg

お昼も食べず、東山七条にある養源院へ向かう。
この近辺には三十三間堂や博物館などがあるんだけど、
タイムアップでここだけ。

俵屋宗達の杉戸(八面)が見たくっていたんだけど、
写真撮影は禁止。
yogenji_2_419.jpg
あれっ、葵のご紋だわ・・・と、
yogenji_1_419.jpg
徳川家の菩提所で歴代の将軍の位牌を祀ってありました。

歴史の浅い北海道生まれのアタシにとっては、
教科書に書かれている人たちの名前を聞くと、
それだけで『ははぁ~』と頭が垂れるのであります。


ぽちっとクリックお願いいたします↓


京都の花あれこれ

花の少ない時期の地元から行ったら、
京都の花を見ることの楽しいことといったら、
ありゃしない。。。

京都には名勝といわれるお庭が多く、
それは自然を近くで愛でるように、
持ち主のこだわりだったりするんだわねぇ~
もちろん、寺院のお庭も然り。
個人の持ち物であったところの、
大河内山荘や無鄰菴(むりんあん)。
二つしか訪ねていないけど、
執念とも思われるようなこだわりだもんね。
この二つの庭園は、すでに京都市に寄贈されたはず。

道々にあるお花も目を楽しまさせてくれる。
「藤」はここでもまだちょっと早い。
これは、嵐山にあるトロッコ駅に。
Kyoto_hana_1.jpg
写しているときには気がつかなかったけど、監視カメラ?

岡崎あたりの街路樹には、「ハナミズキ」
Kyoto_hana_4.jpg
Kyoto_hana_6.jpg
ピンクは可愛い。
Kyoto_hana_7.jpg

「ソメイヨシノ」はすっかり葉桜となり、
そのあとには「ヤエザクラ」。
Kyoto_hana_8.jpg
花びらが重なっていて、
桜がバラ科っていうのが納得だわ。

花じゃないけど、京都で忘れちゃならないのは・・・
Kyoto_hana_9.jpg
Kyoto_hana_10.jpg
モミジと竹、これらかな

無鄰菴(むりんあん)では芝生があって、
こんな小さな花が楽しめる。
Kyoto_hana_13.jpg

この二つの花は、常寂光寺(じょじゃっこうじ)と大河内山荘で写したもの。
Kyoto_hana_2.jpg
Kyoto_hana_3.jpg

今回、京都に行った理由の一つ、花のいけばな展。
アタシはすっかりやめちゃったけど、
まだまだお花を極めている友人がまだ数名、
あちこちから京都で学んでいる。

大好きなカキツバタ。
(←永遠のあこがれ)
Kyoto_hana_11.jpg
鄰として美しい。

六角堂の敷地内に飾られていた、
季節先取りのアジサイとユリの大作。
Kyoto_hana_12.jpg

京都のおしゃれなレストランや居酒屋には、
必ず生花がセンス良く飾られていて、
それも楽しみの一つ。
京都はやはり素敵


ぽちっとクリックお願いいたします↓


あっせあっせ動いてます…(^^;

大阪から移動して、久しぶりの京都観光。
動き回りましたよ~~
歩数2万超え。
よく歩けたもんだと、感心しとります。
うちにこもっていた日は、
一桁歩数って時もあったのです。
(←いちいち、スマホを持って動かないわけでして)

今日は嵐山を散策。
有名な竹林。
銀座通り並みの混雑ぶり。


落柿舎。
入館料が必要なところは、なぜか空いてます。


嵐山の名園、「大河内山荘」。
大河内傳次郎、昭和の時代劇の大スター。
すごいおじいさんかと思っていたら、
なんと64才でなくなっていたそうで
若い時の写真がなんと市川雷蔵みたいだった。
(←これまた、古いぞぉ~)
この大河内氏が、30年かけて作った庭園。
紅葉の頃に来るとまたひと際、感動しそう。


お昼は、嵐山の人気店。

お昼前だったせいか、並ばずに席をゲットできました。
食事が終わって出たら、結構ならんどった。

ここも、メニューが少ないんだわ~
一番人気の鯛茶漬け定食。

魚のおいしいところから来た連れは、
『どうして、京都で鯛なんだか…』
まぁ、うまければどこだっていいのであります。

《花便り》
自然の中のここのヒメスミレもなんとも可憐。

苔の中にぽつんと咲いてるのです。
(←画像はかなりでかいけど・・・)

ぽちっとクリックお願いいたします↓


京都の夜

事前準備バッチリ、めちゃめちゃネットで探し回ったお店。
京都の夜。
なかなか、予約のできないところもあり、
予算が超えすぎもあり、行き着いたのはここ↓

カウンターしか予約できなかったけど、
更に探す元気が無く、どうなのかなと思ったけど
このお店にしました。正解でしたあ~
コースを予約したつもりはなかったけど、
決まっちゃっていたみたい。
とても、一品対応できないような忙しさだったもんな…
見た目も美しく、器は春らしく桜の模様。味も、ばっちり。
giragirahitosara.jpg


毎月、メニューが変わるそうで、
隣の席にいた神戸からの二人の女性、
何度か来ているとか。
アタシも近かったら、毎月一回来たいわ

ところで、前回の記事に引き続き、
iPhone でアップしているけど、
画像の大きさが調節できなくって、
どうなっているのやら📱


ぽちっとクリックお願いいたします↓


有馬温泉(^^♪

大昔に一度来たことがある"有馬温泉"
日本三古湯(にほんさんことう)の一つ。

大阪・南森町からスマホの乗換案内と地図を参考に、
夕方、一人たどり着きましたぁ~
arimaonsen_1_416.jpg
スマホとICカードなしでは、とても行き着くとは思えない。
文明の利器にひどく感謝した一日でした。

そして、別部屋に用意されていた夕飯。
arimaonsen_2_416.jpg
品数ごっそり。
arimaonsen_3_416.jpg
すべて紹介できず・・・
食べることに夢中になっとりました。

そして、写真を撮るために朝一番で入浴。
arimaonsen_4_416.jpg
塩分と鉄分を多く含んで褐色。
arimaonsen_5_416.jpg
効能もばっちりのよう。
arimaonsen_7_416.jpg
そして、もちろん露店風呂もあります。
arimaonsen_6_416.jpg
雨と強い風でとても入ってられんかったけど

朝ごはんもおかずが多くって、思わずお代わり。
仲間は三杯食べてたけどね。
arimaonsen_8_416.jpg
そんなにおなか一杯食べた後で、
スイーツまで食べちゃいました。
arimaonsen_9_416.jpg
別腹だそうで。。。
お腹張り裂けそうな温泉滞在でした。

《花便り》
あまり食べすぎたので、近辺を散策。
いろんな花が楽しめました。
「ひめすみれ」
arimaonsen_10_416.jpg
「しゃが」
arimaonsen_13_416.jpg

そして、「椿」まで。
arimaonsen_12_416.jpg
自生で見られるなんて、
都会っ子(?)のアタシとしてはうれし


ぽちっとクリックお願いいたします↓


おたのしみでございます


本当にお久しぶりの大阪。
というより、伊丹空港は初めてでございます。。。
osaka_1_416.jpg
やっぱ、大都会。

お昼は、お好み焼き。
お好み焼きとは思えないような緻密さ。
鉄板がぴっかぴか~
osaka_2_416.jpg
第一希望のお店はどこにあるやら。
這う這うの体で、第二希望に行き着けました。

新梅田食堂街にあったお店。
osaka_3_416.jpg
梅田は迷路のようなところが多い。。。と思うのは、
アタシだけかぁ
歩いているとあっちこっちから、
人があふれ出ている感じ。

そして、事前にゲットした天満繁盛亭の昼席。
土曜日であったせいか、満席状態。
osaka_4_416.jpg
中は撮影禁止だったので、この写真だけ。
昼席満喫させてもらいました。
何人もの噺家さんの芸、盛りだくさん。
大いに笑わせもらいました。
お得だわ~~

《花便り》
桜見っけ。大阪天満宮の八重桜。
アタシにとっては少々早めのお花見。
osaka_5_416.jpg
ほとんど、初夏・・・同じ日本とは思えんわ


ぽちっとクリックお願いいたします↓


ちょっと変えるだけで、違うブロックに♪

昨日アップした写真、青系の三角つなぎ完成。
赤系の三角つなぎと縫い合わせようと考えていたんだけど、
濃淡の向きが反対だったわ
triangles_1_413.jpg
まぁ、いいかとそのまま使用予定。

三角つなぎはいろんな並べ方ができるから、
楽しい・・・その分、悩むんだけどサ。
FOUR PATCH PATTERNS、遊んでみる。

これがアタシのスタート地点の"Triangle Tiles"。
別名、"Ann and Andy",または"Mosaic "。
triangles_10_413.jpg

"Triangle Tiles"を交互に向きを変えると
"Hopscotch,NC"になる。
triangles_9_413.jpg

"Four Patch Fox and Goose, KCS"もどき。
triangles_8_413.jpg

これは探しきれず・・・
triangles_6_413.jpg
ほかにも、無限にありそう。

ただ、上下反転するだけで、青いほうが"Swatooth"になる。
triangles_11_413.jpg

こんなことしてるから、先にはなかなか進まんのです



ぽちっとクリックお願いいたします↓


Vintage Feed Sacks


Vintageのものを使っていると、
何とか最後の最後まで使おうと、
四角形が取れなかったら、三角形にして・・・
布目の方向が違っていたり。
小さくなると、柄が気にならなくなるし、
似たようなもので代用にしたり。
triangles_3_413.jpg
縫いつなぐと見える面積激減だもんね。

日本では、Vitage一枚ずつきちんとアイロンがかかって、
うやうやしく袋に入って売っとる。
そうすると、お高くなりますわなぁ~
triangles_2_413.jpg
アメリカでは、大きさのそろっていたものは、
ジップロック袋にいれて販売。
(←かなり昔のことだから、いまはどうかしらん)
いつだったか、端切れの袋詰めを買ったことがあったけど、
もちろん、洗濯もしてなくって埃っぽかった。
きたないまま、持って帰るに忍びなく、
ホテルで洗って、バスタブに張り付けて
パリパリに乾かしたことがあったわぁ~

ちまちま縫いながら、そんなことを思い出しちゃったわ。
ホテルでアイロンまでかけちゃって、万全体制で帰ってました。
我ながらあっぱれ
その後、何年も使わなかったけど

近所の美容院で教えてもらったベーグル屋さん。
人通りもほとんどなく、ひっそり。
triangles_4_413.jpg
ドーナツで桜あん入りって
こんな感じで入ってました。
もちもちで、顎が疲れるのでありました。



ぽちっとクリックお願いいたします↓


十字になるパターン


今回仕掛かったのは、"Cross Quilt"。
四角つなぎが、十字になるパターン。
なんという名前か、ちょっと不明
cross_1_412.jpg
なんとか、切る枚数を減らして、
大きくしようとしたのですがねぇ~

切って並べたときには、
結構、大きかったのでありましたが。。。
cross_7_412.jpg

縫い合わせる度に小さくなっちゃうわけでして。
cross_4_412.jpg
当たり前なんだけど、
縫い代が5㎜だから、1ピースで1cm小さくなるんだからね。
もうちょっと付け足さなくちゃ。


先週末から、冬さながらの気温。
さすがに積もりませんでしたが、昨日は一日中雪降り。
今日もめちゃめちゃ寒く、
そんな時にはラーメン・・・というところですが、
スープカレーもGOOD。
cross_5_412.jpg
スープカレー専門店がここにはいろいろあるけど、
お気に入りのお店のハーブチキンのスープカレー。
チキンがサクサクで、最高



ぽちっとクリックお願いいたします↓


まだまだ続いている。。。


行きつ戻りつ、
なんとかちょっとずつ続いているブロック作り。

つなげてみたブロック二種類。
"Trip Around the World"のお仲間、
"Sunshine and Shadow"のつもり。
三角つなぎは、"Triangle Tiles"。
"Ann and Andy"なんて可愛い名前もついてる
coloring_3_411.jpg
これらの名前は、「5,500 Quilt Block Designs」から参照。

机の上は、端切れの山でてんこ盛り。
切っては合わせ、合わせては違うものを
切っちゃうってことの繰り返し。
coloring_2_411.jpg

小関先生の本の中に
切って並べてみると必ず新しい発見がある・・・と
うむ~ん、なかなか発見はできないわぁ~


《花便り》
coloring_5_411.jpg
「福寿草」だと思って写真を撮ったけど、
花びらもうちょっと丸くかったような。。。


ぽちっとクリックお願いいたします↓


うまいわぁ~~


チケット購入後、まだまだだわ~~~と思っとったけど、
あっという間でした。。。
TVh落語、 立川志らく 独演会。
Youtubeでは、今活躍中の噺家さんの、
落語があまり聞けなくって、
志らく師匠の落語はどうも若いころのものらしく、
今一つと思っていたんだけど、
いやぁ、失礼いたしました。

演目は、師匠であった談志の十八番だったという、
「源平盛衰記」と「芝浜」。
rakugo_2_410.jpg

談志師匠や兄弟子である志の輔師匠や談春師匠の話を
間に入れての、 「源平盛衰記」。
面白かったぁ
現在の面白話をはさみながらも、
ちゃんとメインの噺にもどるんだもん。
(←当たり前なんだけどサ)

そして暮れの頃の演目である「芝浜」は、
その時期にこちらに来る予定がないので、
主催者側のリクエストにこたえてくれたそうで、
これはいたって正論。
ほろっときちゃうんだよね。
実は、亡き志ん朝師匠のほうが好きだったりするけど


ここのところ、まち針使用度アップ。
ぽろぽろ落として、その数激減
(←年寄りになって、指の感覚が緩んでいるのかぁ)
まち針って思いのほかお高いのねぇ
安いほうを選んだけど、一本5円以上。
rakugo_1_410.jpg
なくしちゃならん、危ないしね。


《花便り》
この週末は、めちゃ寒い。
それでも、ちっちゃなクロッカス、咲いてまっせ。
kurokkasu_3_410.jpg
人の手が入っていないのに、一列にならんどるぅ。

花壇にあるクロッカスは、
可愛く、お団子になっちゃってます。
kurokkasu_5_410.jpg



ぽちっとクリックお願いいたします↓


いろいろ時間がかかっている。。。


毎度おなじみのぉ~~ではありませんが、
(←バックグランド・ミュージックがこのところ、
古典落語でありますんで。。。)
フィードサックのブロック作り。
以前、縫ったことのあるブロック、"Around the World"。
fukinoto_11_406.jpg
スクラップ・キルトの代表格。
ところどころ、歪んどるわ

今度のキルトの一部分に導入。
これが結構、時間がかかっちゃうよ~
たった、一つか二つの予定なんだけど。。。
ああでもないこうでもないと、
いろいろ切りすぎるからあかんのだわ。
fukinoto_1_406.jpg
端切れどっさり。

気分転換。
ブロック作りに飽きたときには、
片手でも食べられるところの、
期間限定で広島県から来ている菓子パン。
fukinoto_12_406.jpg
お気に入りはカスタード、これはチョコ。
これで頑張れるぞい


《花便り》
すでに桜開花の話題持ちきりのなか、
やっとこちらで最高気温が二桁。
ぽちぽち春の花の芽がいぶきだしました。

フキノトウ
fukinoto_6_406.jpg

ミズバショウ
fukinoto_8_406.jpg


周りの山にはまだまだ雪が残っています。
fukinoto_7_406.jpg
週末にはまた雪とか・・・北国の春は遠いわ。


ぽちっとクリックお願いいたします↓