手あたり次第

あっちこっち手を出して、すべて中途半端。
もう、明日からは2月だというのに。。。
月日の経つのは、もう新幹線状態
(←てへっ、持って行き方が強引)

3月には、北海道新幹線開通。
青函トンネル全長約54Km、
英国とフランスをつなぐトンネルより長い。
東京まで、新函館北斗から4時間ほど、
でも新函館北斗から札幌まで、なんだかんだで4時間弱かかる。
いかに、新幹線が速いか。
今のところ、メリットが感じられない。

さてと、浅草橋で買った招き猫手ぬぐい。
端縫いされていないから、作品になりやすい・・・はず。

しばらくの間、箱にしま仕込んでいたScanNCut。
細かなやり方の記憶は、すっかり山の彼方へ~~~

スキャンした文字を、ドロー機能を使って描いてみる。
manekineko_5_130.jpg

描くときの圧がたりなかったのか
ところどころ、描ききれていない箇所、ままあり。
この後、ギザギザラインを滑らかにして再度、スキャン。
最短対処法があるのやら・・・
なんだか、PCのキー一つでできる作業を、
まどっろっこしいやり方でやっている感じ

とにもかくにもカット終了
manekineko_4_130.jpg

一発で成功であるはずもなく、またもカッティングマットを切り刻んでます。

内蔵模様をカットする分には、
カット圧や刃などの設定に気を配るだけでいいけど、
いざ、自分で模様を用意する場合は、
どんなラインが良いか、いろいろやってみなきゃですわぁ

切り抜いたモノも何かに使えそう。
とはいえ、頭使いすぎて、今のところアイディアが浮かばず。
manekineko_1_130.jpg

しかし、きれいにカットされているのは、"ほほぉ"です。


東京駅近くのKITTEに展示されていたもの。
manekineko_6_130.jpg

横書きが右から左だったんだよね。
ほのぼの

ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

買った着物やっとほどきました(^^;

かなり前に買った着物二点。
以前、友達にもらった着物がすっかり縮んで、
アイロンでえらい目にあったので、
ネットで事前に勉強。

着物は、解きやすいんだよね~
裏のついているほうが、もっと楽ちん
一重のものだと、伏せ縫い(って、着物でもいうのか?)がなくって、
ほどくラインが少ないんだわ。
kimono_1_127.jpg

洋服のようにカーブなんてないから、
リサイクルにうってつけ
kimono_3_127.jpg

こんな風に織り込んであって、
先人たちの知恵に感心しちゃうわ~

先回失敗したのは、
あまりにもごしごし洗ったこと。
短い時間だったら脱水もOKだと思っちゃったこと。
それと、すっかり乾かしちゃったこと。
kimono_4_127.jpg

ということで、
バスタオルにクルクルっと巻き込んで、水気を取り、
生乾きの時にアイロンをドライでかけたら、
『なんということでしょう』
簡単に、なおかつきれいに仕上がりましたねぇ。
kimono_5_127.jpg

紫のほうが銘仙。こちらがほどくのに時間がかかったほう。
しばし、出番を待っていただくことになりますが。。。


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

キルトフェスティバル・おさらい

久しぶりのキルト・フェステイバルだったので、
めちゃめちゃ写真撮りまくり。
iPhoneのカメラで十分~

ただ、ちょっと触っただけで、
写真モードがビデオモードになっていたり、
足元写真がやたらあったりで、
何を写したかったのか皆目不明なのがいっぱい。

ピーターラビット作品展示コーナーは、すごい人だかり。
中に入って、身動きもできず・・・
それでも、「根性おばさん」よろしく、
ポスターにもなっていたキルトだけは撮ったぞぃ。
favorite_5_124.jpg



見学途中で、
作品を仕上げるぞぉという気持ちが、モクモク。
手持ちのトップに合いそうな、参考キルトラインを収集。
quilting_sample_1.jpg


和のキルト・トップ用にも。。。
favorite_2_124.jpg

こんなにいろいろできそうにもないけどサ。


そして、大好きな両先生のキルト。
今年のテーマは、「ログキャビン」。
favorite_3_124.jpg favorite_4_124.jpg

どちらもその先生のテイストがばっちり
作家さんの作品、撮影禁止じゃなかったか。
今回、撮影可能の物が多かったような気がする。


日本手ぬぐいのドイツのお家。
favorite_1_124.jpg

こういう素敵な発想でてこんなぁ~



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

東京から帰ってきました

早めに帰ってきました。
夕方のフライトだったけど、
その便がキャンセルになって、
4時間ほど早いフライトに。
東京で雪が降るかも・・・って話だったし。

着いてみれば、こちらでは雪の降る感じは全くなし。
festival_1_123.jpg

買い物をするつもりはなかったけど、
やっぱ、ついつい買っちゃうんだよねぇ~
festival_2_123.jpg

浅草橋で思わず買っちゃった招き猫の手ぬぐい。
キルト会場でそのボタンまで買っちまったぜ。
festival_8_123.jpg

どういう風に使おうかね

東京最後のランチは、ちょいと豪華に、
ひつまぶしの、牛肉版。
festival_5_123.jpg

伊勢の、牛まぶし。
festival_6_123.jpg

うまかったぁ~~~


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

東京キルトフェスティバル

なかなか来ることができなかった、
東京キルトフェスティバル。三年ぶりか⁉️


ドカンとドーム☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



今年15回めだそうで、初日と二日目と人混みに揉まれながら、
"キルト作るぞ~"と刺激もらってきましたわ。〔←ほんとかいな〕

蚊帳で作った作品が何点か見られました。面白い~~



天候荒れるようということで、帰りフライトを変更して、
土曜日そそくさと帰ります~          
来年も来るぞ~


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

東京でエンジョイ

悪天候が続いていたので、気になっていたのですが、
スームズに東京に着くことができました。
やれやれですワ~
ずっとご無沙汰していたお花で知り合った、
素敵なお姉さまと原宿で再会。

彼女お薦めのお好み焼き屋さんへ。
okonomi_1_120.jpg

入口の前には金魚鉢。
okonomi_4_120.jpg

なかなか、北海道では食べられない美味しいお好み焼き。
okonomi_3_120.jpg

そのあと、ハッピーアワーで飲み物半額である、
お得感満載のバーで乾杯。
okonomi_5_120.jpg

明日は、待望のキルトフェスティバルです。


こっそりお姉さまの写真をアップ
lady.jpg




ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

トライアル

iPhone で記事アップ試しです。
うまくいきますように。
果たして、写真はどうつけるのやら…☹️


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

Fabric Basket・・・でかいぞぉ~

今日は寒かったぁ。。。
あちこちでマイナス10度以下。
昨夜、久しぶりにTVで
"水道凍結に注意しましょう"テロップが出てたよ~


さて、本題に・・・
小物のカテゴリで記事をアップしてたけど、
これは小物じゃないぞぉという、
デカ・バージョンの"Fabric Basket"。
basket_3_118.jpg

小型のミシンだったら、すっぽり入る大きさ
すでに作ってあった物をポケットに使ったから、
大きさは変えられんかった。
とはいえ、ポケットは必要なかったけど

前の記事にも書いてあるように、
別底仕立てはとても苦手。
Zipper Footを使って再度挑戦。
basket_2_118.jpg

立体的になっちゃうんで、
内側に手を入れて斜めに持ちながら、
縫っていくとやりやすい・・・
(←ひとりじゃ、そんな写真撮れんけど)

そして、何にも考えずに
ハンドルをいつものように角度をつけて作ってしまった。
Basketの場合はまっすぐに付けたほうが、よさげ。
basket_4_118.jpg

早速、ぐちゃぐちゃにほかっておいた和布を収納。
すでに満杯状態だが、まだまだ和布は残っている。
basket_1_118.jpg

入れてみると、
ハンドル、外側に向いててもGOODだったわ


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

風呂敷再認識

世の中、セールの真っ最中。
っていうか、かなり遅れているが・・・
2日から始まって、もう二週間たっとります

そんな訳で、お店の中には
30%引きから始まって、40%そして今や50%引きというところもあり。
それにつられて入ったお店で
購入したのは、
なんとプロパー価格。

『紙袋にしますか?それとも風呂敷に?』
『風呂敷って
なんだかわからず、風呂敷にしてもらいました。

もらったその風呂敷はかなり大きい。
furoshiki_3_115.jpg

いただいたカタログ、A4サイズ。
風呂敷は4分の一に畳んである。

包むときに真ん中に置くのではなく、
片側に寄せておいて、
真ん中が底になるように半分に折る。
furoshiki_4_115.jpg

そして、ふたつの端の部分をクルクルと丸めて、
一回ぐっと包んであるものの近くで縛る。
持ち手部分を作るために端でまた縛る。
(←今度、自分で包むためにやり方をMEMO)
できるかどうか不明であるが。。。

こんな感じに包んでくれたんですわ~
furoshiki_2_115.jpg

風呂敷の模様が全く見えんかったので、
遊びでアップリケ追加。

以前、キルト雑誌に載っていたことがあったけど、
実際に包んでいるものをもらうと
次回、やってみようかという気になるもんだわ


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

なかなか進まず。。。

なんだか似たようなタイトル(//>ω<)

がっつりキルティング入れすぎました
遅々として進まずだが、かなりの糸消費。
これは在庫を減らすということでいいのでありますが、
毎日おんなじことをやっているようで、
はっきり言って飽きるわ~

最初は、Walking Footで斜めに格子だけのつもりだったのだけど、
布のふくらみがいびつで、山形のラインを縫い足し。
これが、四ツ手麻の葉(ヨツデアサノハ)。
quilting_2_114.jpg

格子のラインでキルト芯をサンドイッチした布ががっちりあっているので、
普通の押さえでもずれがなくってOK。
それも、Applique Footみたいな押え圧が
少なそうなもので問題なし。

裏から見るとこんな感じ。
quilting_3_114.jpg

和っぽい、刺し子柄だからね。


底の部分は格子だけ。
quilting_4_114.jpg

さて、縫い合わせるときは、Zipper Footで・・・
quilting_5_114.jpg

案の定、失敗しました
どうも、底の部分を縫い合わせるのは苦手。



気分転換。
最近のお気に入り
カマンベールチーズがトッロトッロでううう・・・うまい。
このクラッカーとの組み合わせが絶妙。
cheese_114.jpg

チーズの量多すぎ



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

「わたしのマーガレット」

小さい頃、大の少女漫画ファンだったアタシ。

当時、近くに書店がなくって、
父親がなぜか買ってきてくれてたんだよなぁ~
りぼんとか、マーガレットとか、少女フレンドとかね。
どんだけ、漫画漬けだったのか。。。
発売日は父親の帰りを心待ちにしてたワ

そのうちの一番読んでいたマーガレットの展示会が、
デパートであったので、バタバタと見てきました。

マーガレットが創刊されて半世紀、つまり50周年。
margaret_1_108.jpg

どひゃ~っと表紙の壁。
margaret_2_108.jpg

さすがに表紙を見ただけでは思い出せんけどね。
原画が展示されていて、
昔のものは思い出しつつ、いたく感激

「アタックNo.1」やら「エースをねらえ!」のスポーツものだとか、
「伊賀野カバ丸」、「つる姫じゃ~」のお笑い系から、
「白いトロイカ」、「ベルサイユのばら」の歴史を織り交ぜたもの。
怖~い漫画もあったよぉ~~

margaret_3_108.jpg



さすがに最近のモノはわかりません。
margaret_4_108.jpg

漫画も芸術の域に達しているくらい、
その原画のすばらしさに
"あんぐり"。。。です。
しばし、若返りましたぞぃ



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

悩ましいわ~

キルトジャパン賞のご褒美は、商品2万円分。
手芸材料の通販カタログが届きました・・・が、
うむむ選べない。
aprize_107.jpg

生地は増やしたくないし、
キットはあっても作らんだろうし、
キルト用具はそこそこあるし。。。

興味があったのは、ふたつ。
LEDライトテーブル(A3タイプ)、18,000円也(税別)。
図案を写すのが楽ちん。
これは、前から欲しいと思っていたけど、
なかなか自分でお金を出して買えん代物。
なきゃ無いで、窓を使ってトレースして何とかなっていた。
(←腕がめちゃくちゃだるくなるけどね)
あるとじゃまだと思いそう

もう一つがキルト芯と接着芯。
説明文に心惹かれる~
"プロのキルターが最も愛用"とかサ、
"ピタッと密着、しつけ要らず"とかサ。
アタシが使っているものとどんだけ違うのか
ちょっとずつ買って試してみたいわ。


新年早々、
こんなたわけた悩みもいいもんだわ


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

果たして何になるのやら??

年初めに取り掛かったキルトはうっちゃっておいて、
ボビンワークのUFOを取り出して、
仕上げるべく。。。

かなり前も前、4-5年前
月日の経つのは、本当に早いわ。
これはキットに付属されていたボビンワーク用のラインを
ボビンワークとアップリケにしたもの。
渋~いプリント柄。
bobbinwork_1_106.jpg

この部分はポケットにするつもりで作ったはず(*゚ェ゚*)

ちょっと葉脈でも追加するかと、
刺しゅう糸を探してみたら、ごっそりあったわ
bobbinwork_2_106.jpg

どんだけ作るつもりだったのか、
今となっては不明。

ボビンに刺しゅう糸を巻いて、
下の写真のようにテンションをかけないでセットすると、
bobbinwork_3_106.jpg

時折、たるみができて、それがまたいい味を出してくれる。

追加したのがこれですが・・・。
ちなみに、紫の葉脈でかたまりぽくなっているのが
テンションなしで縫ったライン。
bobbinwork_4_106.jpg

追加したのがこんなにちょっとだったら、
とてもとても在庫の刺しゅう糸は減らんわナぁ


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

家紋・家紋そして家紋

年を越しちまったキルトをぼちぼちと片付けようと。。。

直線ミシンのキルト押さえには、
プラスチックははめられていて、
ラインが見にくいのが超難点。
IMG_0568.jpg

以前、プラスチックの入っていないものを使ったことがあったけど、
きれいに縫えなかった。
それで、この仕様になったとか。


ということで、ジグザグミシン出してみました。
最初からラインをマーカーで描けば
よかったんだけどサ

やっぱ、ジグザグミシンは縫いはじめの一針目が、ぶれる。
(←去年それで入れ替えたのをすっかり忘れとる)
直線があるわけではないので、そのまま続行。
それに、ボビンワークもやってみるつもり。

今回は家紋模様にチャレンジ。
IMG_0571.jpg
これは、蔦。

似てるけど、これは五三の桐(のつもり)。
IMG_0586.jpg

右側、豊臣家の有名な家紋。
時の天皇からいただいたものらしい
左は時代劇でよく見る徳川家、葵の御紋。
真ん中は、織田家の木瓜(もっこう)。
return_5_1130.jpg

中部国際空港に陳列してあったんですわ。


キルティングした蔦のアウトラインだけに、
ボビンワーク追加。
IMG_0592.jpg

手間がかかる割に、効果少なし。゚(゚´Д`゚)゚。
しばし、このキルト休憩・・・
またもや、Unfinished となるのか。


今や、アタシのキルトUFOが詰め込まれている木箱。
母親が捨てようとした物をリサイクル。
IMG_0564.jpg

丸に梅鉢でございます



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

Happy New Year 2016



nennga.jpg


明けましておめでとうございます
2016年 もどうぞよろしくおねがいします
ちょっとはコンスタントに作品作りができればナぁ…と思いつつ、
頑張りたいです




ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村