JAPAN BLUE LOVE

ARCHIVE PAGE

archive: 2015年11月  1/1

きっちりかっちり。

サンパウロから10時間45分のフライト後にトランジットで着いたのが、フランクフルト空港。行きは、ストライキのためにこれなかったけど、本当にすっきりとした、無駄のない、もうこれぞ、ゲルマン族ならではの建物。何もかにも、きっちりかっちり。3時間の待ち時間。朝食にビールっていうのもなんですが、やはりドイツですのでね。やっぱ、うまいぞい。なかなか、時間がかかって出てこなかった、フィンガー・タイプ(メニューに書い...

  •  0
  •  0

出発前の腹ごしらえは

長いフライト時間に備えての腹ごしらえ。出発前のランチは、やっぱ、日本食ですわ~がっつり食べましたが、ネタの種類が少ないのがどうもねぇ~それに、お味噌汁ってもいらんし、サラダもいらねぇ。。。と、心の中で呟きながら食べとりました。おなか一杯といいながらも、以前、挑戦できなかったアイスクリーム屋さんへ直行。ガラス越しににらめっこ。3種類選べるようで、ただ、名前とどんなものであるかが一致するものが少ない。...

  •  0
  •  0

草花や実物いっぱいのアトリエ

本当にいろいろなユニークなキルトアトリエがあって、訪ねるのが楽しい今回は以前は花屋さんだったそうで、お店からアトリエに続く小道には、きれいに手入れされたガーデンが続きます。パパイヤ、レモン、オリーブ、ザクロなど、実のなるものも植えられています。ゴロゴロとパパイヤがなっとりますわぁ~食べごろは、2週間ぐらい後とか・・・残念無念。以前はこの二倍の広さだったそう。その半分を使ってアトリエを増築。いまや、...

  •  4
  •  0

サンパウロ・歩行者天国

最近でも歩行者天国っていうのかな?サンパウロのパウリスタ通り、毎日曜日、歩行者と自転車に開放しており、車はシャットアウト。アクセサリやら絵なんかを売っていたり、ミュージックを奏でていたり、みんな、いつもは車でいっぱいの通りを楽しんでいます。おっちゃん・ギターリスト。なかなかの歌声でした新しくできたショッピングセンター。さすがに日曜の午後、人がいっぱい。中には、おしゃれなクリスマス・ツリーがド~ン。...

  •  4
  •  0

まだまだ、試行錯誤

時差も取れ、ぐっすり眠れる今日この頃。そして、ブラジルでサンパウロだけ、金曜日から三連休。(←アタシはほかの都市に行ってキルト作っとりましたが。。。)平日は大混雑のストリートも、車一個も走っとらん。ほんのちょっとでも、青信号に変わって動き出さないと、クラクションを鳴らすドライバーたち。音無しの、静かな日曜日ですちょっと、物足りないかも。バタバタと購入したIPhone。しっかり、理解できない状態で渡航設定を...

  •  2
  •  0

素敵なおうちでキルトづくり

この金曜日に訪ねたところは、ご自宅の裏に別棟の建物があって、そこの2階にアトリエがあります。1階は、シュラスコ(BBQ)ができる仕様。そして、アトリエに続くおしゃれな階段。・・・が、荷物を上げるのに大変バリヤフリーがほしいところの年齢には辛いワ。いろんなものが素敵だったけど、これにはほれぼれ~おばあちゃんが使っていたそうです。アンティークな椅子と思いきや・・・アイロン台に変身。休んだのは、ランチタイムだ...

  •  2
  •  0

果物がたくさんあってうれしい

さすが南国、暑い国ブラジル。 やっぱ、アタシの住んでいるところと 咲いている花が違うわぁ~ 街路樹になっているマンゴー。 『びっくりぽんやぁ~』 訪ねたおうちの裏庭はパパイヤ。 あと2-3か月後には花が咲いて、実がなるそう。 そんな豊富な果物があるブラジル。 安価でおいしいナチュナル・ジュースが 年中楽しめます。 大好きなスイカ・ジュースとポン・デ・ケージョ。 もちろん、ヤシの実ジュースもありまっせ...

  •  0
  •  0

喜び方、半端じゃないぞ

講習参加者がおしゃべりに花を咲かせすぎて・・・始められる気配がなかったりする人間、それぞれ環境に対応していくもので、アタシもそれに漏れず、かなりの機関銃おしゃべりに慣れてきてます。今回のおしゃべりナンバーワン。ミシンを使いつつ、ずっと話していた娘。それでも、ほかの参加者より、キルティングを頑張っていろいろ挑戦してました。さすがに仕上げることはできまへんでしたが。。。そして、こちらのセールスキャンペ...

  •  0
  •  0

すっかりクリスマス・モード♪

日本の反対側のブラジル。真夏真っ盛り。そんな中でもやっぱりのクリスマス・モード。訪ねたキルトアトリエに飾られているものは、かわいいクリスマス・キルトばかり。キルトもかわいいけど、ボタンの時計もグッドであります。外は最高気温30℃越え。朝顔は元気よく咲いとります。カラフルなおうちの壁に紫が映えますな~こちらの温度にうまく調整できないのか、一人で、めちゃくちゃ汗かいてますぽちっとクリックよろしくお願いい...

  •  0
  •  0

寝不足の原因は?

ここ、ブラジルは今は雨期。降り方が半端じゃない。最近の日本も、東南アジアかと思うぐらいひどい雨が降るようになったけど、こちらの雨は派手だわ~国民性を表している・・・なんちゃってね。日本とブラジルの時差は11時間。毎朝楽しみにしていたN○K朝ドラ。こちら、サンパウロのホテルでも見ることができます。日系人が多いからね~日本での朝ドラを夜の9時の時間帯に見るのが、一番いいのだけど、それを逃しちゃうと、次が真夜...

  •  2
  •  0

いざっ、新ドーハ国際空港へ

初めての航空会社Qatar Airwaysだとちょいと緊張するもんでして、経由の空港新ドーハ国際空港(ハマド)も、まったく未知の空港。ハマドでのトランジット時間、1時間半。搭乗開始が一時間前だから、移動は30分・・・って、つぶやいてました飾ってあったプラモで比べてみると、Qatarの機材は、ちょいと小さめ。機材のモニターの使い方がわからなくって、もたもたしてたら、隣席のおばさんが、いらいらしたのか、横から手を出して、起...

  •  2
  •  0

空港で2回食す

航空会社の都合でフライト変更。12時間近く、羽田で過ごす羽目に・・・いつもは国際線ターミナルに着くとそのまま、ゲイトに直行するところが、たんまり時間があるので、ターミナル内見物。知りませんでした~「江戸小路」という街並みがあって、ショップとレストランが新しくできたんですね。カフェじゃなくって、お茶屋さんがあって、無料で座れる場所があるのはGOOD。流行りなんでしょうかねぇ~名古屋(中部)にも何とか横丁とか...

  •  0
  •  0

足留め

No image

めちゃ朝早く起きて、真夏のブラジルに向かうべく、家をあとにしたのです。朝焼けが綺麗で、お天気も良さげ。スムーズなフライトになりそうと、にまっとしながら。。。空港に着いて、チェックインしようとしたら、なんとLufthazaが、ストをしており、半分くらいのフライトがキャルセルだとかフランクフルトまでのフライトはあるけど、その先がヤバイですと・・・とりあえず、フランクフルトまで飛んで、そこから先は、空港で何とか...

  •  4
  •  0

やっとこさ、買え換えました

あまりにも考えすぎて、電車の降りる駅を間違えるほど...悩みすぎるので、買っちゃいました。新しもの好きのアタシ。ピンク色~ややこしすぎるゾォ、スマホの通信価格設定。2年しばりの契約が切れると勘違いしていたアタシがお馬鹿だったのですが。。。それにしても長いこと使っているユーザーより、他社変更したほうが安いとは、どうもね〜とはいえ、使いこなせるか。やっとこさ、メール設定が終了。なぜか、画面上にやたらアイコ...

  •  3
  •  0

クリスマスモード再び(^^♪

TVインタビューで宮崎あおいちゃん(←知り合いかっ)が、『プレゼントをするときに、自分で刺しゅうした袋を用意するんです~』って言っていた。忙しかろうに、撮影の待ち時間とかを使ってちくちくしているそうで、好きなことだと集中できるんだろうなぁと。「撮影はありませんが、時間はあります」アタシ。再度、刺しゅうミシン開始。以前作ったクリスマス・リース用の袋に、クリスマス・バージョンのディズニー内蔵模様、あしらっ...

  •  4
  •  0

足元、冬装備

こちらに戻ってきてから、長靴、もといレイン・シューズ探しておりました。根雪になる前のぐちゃぐちゃ、雪解けのころにあると頼もしい。こちらでは、H○NTERのものが大人気。靴屋さんには、必ずと言っていいくらい、ずら~っと並んでおりますが。。。どこか違うところのものはないものかと。みっつっけぇ~お店の人がいろいろ説明してくれたのをほとんど聞かず即買い決定。後ろのフサは、履くときに引っ張るためのもの。実用仕様は...

  •  6
  •  0

お手玉用巾着袋

和布がいっぱいあるし、お手玉を入れる袋でも作ろまいかと、本をパラパラ見ていたら・・・思い出しましたよ~キルトクラスメートのお母さんが作ってくださった巾着袋。絹の着物地で作られていたので、普段使いには使えなくって、引き出しの中へ。少々、小さいかもと思いながら・・・入れてみるとパンパンだけど、収納可能。かわいらし~これもパッチワーク。とても丁寧に作られていて、房飾りがとってもラブリーポッチとクリックお...

  •  4
  •  0

「昔取った杵柄」はどこへやら

昨日の記事にも書いていた日本でのキルトの流れ。その辺のことを、もう少し書いていこうと。。。アメリカのキルト作家の方の本にも、ちょっと紹介されている。日本のキルトは近代になって、発展していったのだけど、それよりずっと以前から、パッチワーク、アップリケ、キルティングなどのテクニックは日常生活の中で使われていた。百徳着物「子供が丈夫に育つのを祈って、百軒からもらい集めた布を縫った着物」端縫い(ハヌイ)衣...

  •  2
  •  0

キルトのこと

かって、日本のキルトの歴史を調べたことがあった。また、そのお話を話せるかもという機会が訪れて、再度、その原稿を使おうと、ちょっと読み返してみた。勘違いもあるかも・・・で、ご注意。アメリカのパッチワーク・キルトが初めて日本で展示されたのが、1975年。ニューヨークで人気だった"Abstract Design in American Quilts",1971の日本版。銀座にある資生堂ギャラリーで開催。そこから、パッチワークの火が付いたんですねぇ...

  •  2
  •  0