JAPAN BLUE LOVE

ARCHIVE PAGE

archive: 2015年07月  1/1

思い込み二連発

ミシンを替えてから、一か月半。順調に使いこなしているはずが・・・ななんと、送り歯を下げるレバーがあると、説明書に書いてある。『説明書、間違っているぅ~』と思いつつ、補助テーブルを外して、覗き込んでみると、ありました、ドロップレバー(←当たり前ですわねぇ)どんだけ、自信満々なのか。(←自信過剰にあっぱれと褒めたくなるワ)実は、この前に使っていたミシンは、画面上で送り歯を下げる仕様になっていて、その流れで使...

  •  0
  •  0

ポインセチアのキルト始めました♪

先日アップしたポインセチアのアップリケ。そのアップリケを使って、ミニキルト作りはじめました。最近、アップリケを付けた後に、キルティングするのが、いやになってきて最初にキルティングしちゃいました。お気に入りの格子キルティング最近はきっちりラインを書き込みます。それでも・・・なぜか、曲がるのはなぜもちろん、最初の一本だけ書いて、ガイドを使って、等間隔でキルトラインを縫うこともできますが、どうも、微妙に...

  •  4
  •  0

いろいろ絞りましたが。。。

絞って染めたTシャツ、乾きました。石を入れて、輪ゴムで縛って、染めたもの。だから、輪の形がいびつになっているものもある。輪ゴムの太さも変えたり、無い知恵を絞ったのだけどね。Ummm.。。。なんかなぁ~、染物屋さんのお土産で売ってるっぽい。どうも、洒落っぽくならないのはなぜか絞りの痕が残っているのも、想定外。案外、輪が一列に並んじゃってるし。。。もう一度、染めちゃおっかな~≪花便り≫我が家の桔梗。紫はそろそ...

  •  4
  •  0

ポインセチア

こちらもジワァ~と暑くなってきました。それでも、天候は不順。雨が突然降ってきたり、まるでスコールのようじっとり暑い中、アップリケの花作成。『ポインセチア』。。。赤と緑の組み合わせは、ばっちりクリスマス。並べ替えているときが、一番楽しい我が家のポインセチア。本当は春に枝を切らなくちゃいけない「切り戻し」を、しなかったため、ちょいと不細工一昨年、ほとんど枯れかかったような小さい鉢で購入。昨年は、緑のま...

  •  2
  •  0

大好きなランチの一つ

日曜の藍染終了後のランチは、これ↓藍工房から自転車で一分の場所にあって、たぶん、ネパールの人が焼いているっぽい。(←見分けがつかんけどね)ナンがめちゃうま。小麦粉は道産だと、こだわってます。お代わりOKなんだけど、大きくって食えません。あま~いチャイは、何度もお代わりしてますが。いつもは布をひたすら染めるだけだけど、今回、Tシャツをこんな状態で染めました。果たして、どのような結果に・・・・・・乞うご期待...

  •  2
  •  0

いい塩梅に染まりました

『お見事』とぱちぱちするぐらい、こ~く染まりました。二分藍瓶に入れること、五回。刺し子用の糸と交互に、空気酸化(とどのつまり、放置)を入れながらの作業。新品どころかそれ以上の色合い。ちょいと濡れているから、濃く写っている。刺し子用の糸も、いい感じで染まっている。色の薄いほうは、以前に染めたもの。微妙に違うところが、いい。前の色がこれだからねぇ。撮る位置や角度によって、微妙に写真の明るさが変わってきち...

  •  4
  •  0

ガッツリ&スッキリ

もともと、白いご飯大好きな、マルっと日本人のアタシ。『ハンバーガーは、もう食べるものがこれしかないぞというときしか、食べない』と、『マックでも行こうかぁ~』と言われると、いつも、そうほざいていた。しかしです、人間は変わるものなのですねぇ~さすがに、マックとかモスバーガーは、敷居が高くって、またげません。(←若者が多いもんでサ)藍染に行く途中にあるバーガーショップ。年齢層が高いようで、おばさんのアタシ...

  •  2
  •  0

絹ののれん♪

わざわざキルトライン風刺しゅうまでいれて、改良したはずののれん。真ん中がぱっかり割れている。。。ぐちゃぐちゃ丸見えずっと気になっていて、手持ちの布で作ろうかなぁと思っていた。いただいた着物と和布端切れのなかに、のれんの長さにぴったりのもの、発見。上品な淡い水色に、小さな絞り花模様。母親貯蔵の絹糸の中から、合う色を選んで端縫い。木のスプールっていうのも、今となってはこじゃれている。派手な色、なにに使...

  •  4
  •  0

自立するちっこいバッグ

シャキ~~ン。自立するちっこいバッグ。夜中に並べ替えていた紬で、バッグ作成。縫っている最中から、改めてしっかりした地だな~と、感心しとりました。アップリケをつけるバッグは、麻を使うことがほとんどなんだけど、直線キルティングすると、サイドがぐねぐねにゆがむ緻密に織られた紬は、ゆがむことなく、まっすぐで、気持ちがいい。時折、ミシン針がプチプチいうのが、気になりましたが。。。裏側。後ろにあるのは以前作っ...

  •  2
  •  0

美瑛地区の厳選写真です(^_^;

中富良野で買ってきたラベンダー。ドライフラワーにすべく、広がらないようにがっちり縛って。。。その紫に合わせて、キルトも紫系のものにチェンジ。パターンの下真ん中の赤使用は、先生のアドバイス(←この辺は、なかなかまねできないアタシ)ここんとこ、やっとこちらも暑くなってきて、ほとんどカバーは邪魔ものですが。大好きなラベンダーの香りがほんのり~ラベンダー畑に行く前に立ち寄ったところの写真、盛りだくさんデジカ...

  •  6
  •  0

ラベンダー♪ラベンダー♪ラベンダー♪

『お天気になりますように』という切なる願いが届いたのであろうか、ピーカンのお天気。中富良野のファーム富田のラベンダー畑。画像、いつもより大きいぞぉラベンダー畑に着く前に、その香りが鼻に届きます。ラベンダーの薄紫が一面に広がっていて、それは、もう別世界。ビール大麦も風にそよいでます。そして、遠くに見える十勝岳連邦。内陸に位置する(北海道のど真ん中)富良野。半端じゃないくらい暑かったですワ。お店に入っ...

  •  4
  •  0

残った布で、小物づくり

着物一着分の布を消化するのは、ほとんど、不可能。まだまだ、半分以上残っとります。襟の部分は、反物の半分の幅に切ってあるので、バッグの底の部分や、 小物に使用。それにしても、着物にはカーブはないし、丈の部分も、切らないように折りたたんであったりで、小さな残布が出てこないように、なっているのだと思う。賢いわと思うけど、着付けがその分大変なんだろうね。(←着物は着ないので、わからんけど)序文がなが~いほんと...

  •  4
  •  0

夜中にほくそ笑む。。。

ミシンに向かって、何か作っている最中って、他に作りたい物が浮かんできて、横道にそれちゃうことがままある。。。(←当然、仕上がるのに時間がかかるのだワ)とっとと仕上げて、それから次にかかったほうが、いかに効率がいいものか。わかっちゃいるけど。。。サ友達にもらった着物の端切れが、気になって並べてみる。雨コート用なのか、撥水効果ばっちり。表と裏で色が逆転。両方使うのが、楽しいかも。下はかなり前の小関先生の...

  •  2
  •  0

Bag作成で、いろいろ感じました

一度、作るとおんなじ形でバッグ作成が、続きます。そんな訳で、"Granny Bag"第三弾。第二弾と全く、おんなじ形。ちょっと違うのが、刺しゅう、こんだけでかいのだぁ~と、誇示しているところ。(←ちょっと、刺しゅうの場所が下すぎたわ)もうひとつは、口の部分、テープを使わなかったとこ。ココを縫うとき、なんだか『山超え谷超え』って感覚で縫っていた。結構、この着物地って張りがあって、しっかりした生地だったせいで、厚み...

  •  2
  •  0

暑い中、キルティングに精を出してます

やっと、こちらにも夏らしい日が・・・と思っていたら、いきなり30℃超えここんところ、ずっとキルティング。フリーモーションじゃなくって、直線キルティングを黙々とやっとりました。(←グローブがむれむれ)母親の裁縫箱で、見っけた絹のミシン糸。ラベルがなかなか、JISマークが渋い。今日日ほとんど出番がないけど・・・(←今や、ポリエステルが主流だもんな)使ってみましたが、あまりにマッチしすぎて、ポリエステルとの違いはわ...

  •  2
  •  0

再び、ばね口金の小物

ばね口金、10cmのもの買ってきました。左のは以前かった12cmの太めの口金。ということで、サングラス・ケースは、幅を2cm詰めて、作り直~~し。やはり、サイズがぴったりのほうが、よさげでございました12cmのばね口金、送り返す前に、金づちで思いっきり、かんかんはたいたら、あっさり、ねじおさまちゃったわぁ。やれやれって思った反面、送ってしまったらと、冷や汗もんでした(←メールで謝らなくっちゃ)おそろいの生地で、12cm...

  •  4
  •  0

久々のお出かけ日和♪

このところのお天気不順がうそのような良いお天気そんな中、出かけてまいりました。前回の朝ドラで登場していた、あのウィスキーの工場。ちょうど、お客様感謝ディーということで、お客様であふれとりましたワ。工場内で見る建物は、TVで見たまま。敷地内もゆったりとして、気持ちよく・・・過って、マッサンとリタがいたところなのですねぇ~ウィスキーやアップル・ワインを試飲できる場所があり、グラスがぎっちり並んでいます。...

  •  2
  •  0

眼鏡ケース作成。。。

小物を作ろうと、持っていたばね口金で、眼鏡ケースを、作成準備。あっという間に仕上がるはずが、ばね口金を止めるねじが、最後まで収まりません五個もあるのに『どうしてくれるんじゃあ~』と、メールで問い合わせ。(←もちろん、大人ですから、そんな言い方はしとりません)土日で、即返答してくれるとしても、月曜日だよな~わざわざ手持ちのばね口金のサイズ12cmに合わせたら、大き目なサングラスでも大きい。眼鏡ケースには、1...

  •  0
  •  0

( ゚д゚)ウムむ、暖簾完成。

刺しゅうした後、ちまちまと安定紙を取っていたら、数日間ブログアップできず。。。キルトライン風のミシン刺しゅう模様。こんな感じでシンプルなのでありますが、やはり刺しゅう部分が詰まった感じになっとって、ドアのところにかけてみたら、ちょいと反っちゃうんですわ写真はその辺はごまかした感じで暖簾にはやはりしっかりした布地で作る必要ありをつくづく実感。まぁ、とりあえず、今年の夏はこれで≪花便り≫ご近所の一区画。...

  •  2
  •  0