ほとんど完成か⁉と思いきや

ちまちま作業してます。
またぁ~アップリケ。
遊んでいるつもりが、
ドツボにはまっとります

素材が変わると、コットンでやっている方法では
あかん時もあると、実感。
特に、ラメ系の素材はやばい。

IMG_9229.jpg

最初はこんな感じでルンルンしてたんだけど、
いざ、縫い付けていったら、
ステッチのかかっている端っこがボロボロに。。。

ということで、
お子達、やり直し。
縫い代つけて折り込んでいる、
厄介なやり方。
(←そうすると、曲線が愕然と少なくなります)
IMG_9235.jpg

さてと、恐る恐るつけていきますかな。
IMG_9234.jpg

花に寄り添っている子は、
外すことができなくって、
そのままに。
毎回見て、反省の材料としますワ


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

久しぶりに塩ラーメン

無沙汰だったラーメン行脚。
ススキノにある人気店が、
よく食べに行くフードコートの一角に
支店をだしていた。
ススキノ店は味噌ラーメンのみのメニューだけど、
フードコートにあるお店は、
いろんなものを出している。
立ち飲み風なメニューもあったりする

冬季限定のメニュー:味到来麺(みとうらいめん)塩味
IMG_3087.jpg

すっかり背脂かと思って、スープを控えていたら
冬の間しか取れない"ワラズカ"のすり身が
あしらっていたそうで。。。
(←味音痴かも、アタシ)
事前のチェックは必要でございました。
でも、味噌のほうがアタシには、よかです。
ちなみに"ワラズカ"はかまぼこになる高級魚のよう。



大通公園では、来週の木曜日から
開催される”雪まつり”の準備が着々と進んどります。
街の真ん中にどか~んと
ゲレンデが。。。
IMG_3100.jpg

土台は木製だったのねぇ~
初めて知ったよ。
ちょいと、パッチワーク風

今年のテーマは〝スターウォーズ"だそうで。
IMG_3103.jpg

今年は天候が不順で雪像作成も大変。
昨日はぽかぽか陽気で、
雪が溶けかかっていたとか。
この週末は吹雪になる予報だし。。。

お天気のいい時に見物に行くかな。

いろいろ写真枠試行錯誤してます


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

いろいろ試しておりますが(*_*;

早いものですわ~
もう、一月も秒読みで終わりに近づいとります。
講習の宿題も、
来月の課題の準備もそのままに、
昨日からはまっていることあり

ブログのテンプレートバックが真っ黒で、
写真が黒っぽいと境目がないっ。
テンプレートを変えればいいのだが。。。

ほかのブロガーさんが写真で使ってる枠。
つけてみようと、
昨夜から夜なべして取り組んでおります・・・
が、CSS(←なんのこっちゃわからん)に
フレイムのデータを入れるように書かれてあるのだが。
さすがに、こわいこわ~い。

ということで、写真それぞれにフレイムを
つけて試しております。
(←かなり、時間消費)

Frosted glass
frame11ea2e3a97b4fdf4eab3585667c7c192b5d35ad5.jpg

USA stamp
frame25bd04b374886bb9fb036a009ccab75b0ac61ea4.jpg

Canvas panel
frame0c33425d09b59eaed1821cbf7909014ce051a4f2.jpg

Brushed edge
frame0a2141fa2fff9dc62774207166dc545df1c1bf82.jpg

Reflection
frame8bb42a9d4f7c4228282da39eaa15baf24760f12b.jpg

Polaroid
frame7bf47d524ae1c41e6b9be8d83e56a140b37d9d1c.jpg

使ったサイトはここ⇒*
その中のFramerをダウンロードして使用。

なんだか、フレイム・ラインだけでいいのかも。。。
それでも、ココに残しておくと、
使うときに楽ちんだよ


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

やれやれ、キルティング完了

思いのほか、手間取ったキルティング。
なんとか、終わりました。
そんなに大きなサイズではないのに、
ミシン糸一個、使い切ちゃいましたワ。

IMG_9222.jpg

使った針の種類。
9番、11番、14番と様々。
IMG_9224.jpg

11番は、キルト専用も使用。
針先が、通常の針と比べて、細いため、
綿通りが良いらしい。。。
針先が細いからか、
長持ちしないような気がするのは、
あたしだけか~
布に刺さるとき、すぐぶちぶちっていうようになる。
(←アタシではありませんよ)
これが気になるというか、
気持ちが悪くって、すぐ交換しちゃう。

アップリケの周りのキルティングは、
見逃しちゃって、
何回も追加してました
一番、いやなところ。
IMG_9220.jpg

アップリケ保護紙もぼろぼろ。
終了したときには、
アタシもぼろぼろ。


ということで、
最近のお気に入り。
お友達にいただいたお手製のリンゴジャム。
クラッカーとの相性抜群
IMG_9226.jpg

疲れが取れましたわ


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

キルティング続行中

やっとキルトラインが決定
七宝の変形版。
格子の線を引いて、
ウォーキングフットでキルティング。
そのあと、フリーモーションの予定。
IMG_9218.jpg

実は格子の寸法を間違えちゃって、
書き直しが面倒で真ん中のラインを入れることに。
本来、七宝は直線が入らない。。。

花に使っているサテン地に
ウォーキングフットでひっかき傷が
IMG_9219.jpg

ということで、
保護のために紙でカバー。
リンゴ農家の気持ちになっとります


東京キルトフェスティバルが
始まっていますねぇ。
遠く離れたアタシは、今日のお昼からのTVで
少しでも雰囲気を味わおうっと



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

雪国って大変(+_+;

出かけるついでに、
キルティングに使うミシン糸購入。
久しぶりに〇ザワヤで会員証出したら、
この9日で、すでに一年過ぎて期限切れ。
再更新。
ほとんど使っとらんかったのに・・・

ちょっと高めだったけど
メタリック糸銀色もゲット。
IMG_3079.jpg

微妙な色の違いで二種類も買っちまったぜい。


先日、ピンキング鋏がないかと、
母親の裁縫箱のなかを探していたら、
発色のいいミシン糸発見。
絹糸っていうものいいけど、
スプールが木なのがラブリー
IMG_9188.jpg

ミシンのおまけで付いていたのかな?
こんな派手な色、どこに使っていたのやら。。。


今日一日大嵐でした。
IMG_3077.jpg

珍しく乗り継ぎでバスに乗ったら、
運転手さんが何やら無線で、
『今〇〇で信号待ち』とか『前にトラック』とか
ブツブツ言っていた。
反対車線を走っているバスとやり取りして、
すれ違う場所を連絡しあっていた模様。
除雪作業が間に合わないのか、
車線が大幅に狭くなっていたため。

雪国って大変だわ~


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

マンスリー・キルトやっとボーダー付きました

あっちこっち手を出して、
UFOが増えていくわけでして、
なかなか学習できないアタシであります。

アップリケキルトの
キルティングライン検討中のため、
違うものと、ごそごそと紙袋に入れていたものを
とりだし、再び。。。登場。

小関センセのマンスリー・キルト
IMG_9206.jpg

とりあえず、ボーダーをつけて、
ほくそ笑んでおります。
やっぱ、センセのデザインはかわいいわん。

マニッシュだった配色だったはずが、
ボーダーをつけたら、なんやら、
明るいものになっちゃいました。
まぁ~部屋にかけるのだったら、
明るいのがいいかと。。。

しつけでもと3層にしてみたものの、
ライン描いておらンことに気づく。
(←おそっ)

ということで、
あす、ゆっくりと描きますかな。
久しぶりのハンドキルティング
できるのかしらん。。。


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

トップ完成したぞ~イ

年の初めから取り掛かっていたアップリケ。
とりあえず、
アップリケ付け終了・・・
IMG_9196 (2)

よく見ると、ステッチの外れている箇所あり


いつもは使わない安定紙を使ったもんだから、
ジグザグステッチに、
安定紙が残っちゃって、
なんだか、ごわごわしとる

葉っぱの葉先の細い箇所が、
うまく縫えなくって、
最初は、その部分だけ安定紙を使っていた。

が、そのうち全体に使用。
布を回すのに『こりぁ、塩梅がいいわ』と
しごく、満足しとりましたが。。。
IMG_9193.jpg

今、ステッチに挟まった安定紙をとる作業続行。
IMG_9198.jpg

時折、すっと取れると、
つぶ焼きの身をつまようじで
ぐるぐるっと回して、
切れずに取り出せたような満足感に
ひたっております。


まだまだ、この作業は続く・・・と
キルティングラインも考えなくっちゃ



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

のんびりはできない・・・性格

知らなかったよ~
イラストレーターの安西水丸さんが
去年の3月に亡くなっていたなんて。。。

村上春樹さんのエッセイに
時折、登場していて
笑えるキャラクターのおじさんだった。
もちろん彼の本の挿絵を描かれていたんだけど。

村上氏が、あまりにも安西さんが
簡単に描いているようなので、
わざと内容を絵にしにくくしようとしたこともあった
と、書いていた。
(←記憶に間違いがなければ・・・)

シンプルなラインの絵が
ユーモラスで、ほのぼのとしていた。



2月から3月にかけて
こちらで版画や原画の公開、販売するようで
見に行かねば。。。
IMG_9190.jpg


一緒に写した
グリーンバックのネームカード。
少し大き目なアルファベットって、
模様にもなっているのが、新鮮

そのカードのCafe。
IMG_3072.jpg

窓の景色が、絵になっとるぅ~

のんびりとするはずが、
バタバタと本を漁っとりました。

IMG_3075.jpg

ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

マシン・アップリケその2

マシン・アップリケその1からすでに10日経過。
一向に進まないアップリケ・キルト。
すぐに仕上がる方に、
食指が動くのはアタシだけじゃないよね

と前置きは置いといて、
バイアステープでアップリケ・・・と言っていものやら。
セルティックキルトやステンドグラスキルトの
中心的存在。

クロ〇ーさんの超便利グッズ。
IMG_9180.jpg

このこたち(←愛情たっぷり)がなかったときは、
どう用意していたのかと
頭をかしげるくらい、
アタシにとっては欠かせないシロモノ。

バイアスにカットした布と熱接着テープを
テープメーカーなるものに通して、
アイロン接着。
IMG_9184.jpg

するとどうでしょう(^^;
こんなに簡単にバイアステープ完成。
IMG_9185.jpg

IMG_9186.jpg

土台布に剥離紙を外しながら、
形を整えて、ブランケットステッチで
縫い止めていく。
IMG_9178.jpg

と簡単に茎ができましたぁ。

透明糸を使うときには、針の番手を
通常の#11から#9に換えると、
土台布の針穴が多少気にならなくなります。

ほんとワさ、
ミシンで付けるの好きじゃないんだよ。
見ての通り、ステッチは透明糸でも気になるし、
一番いやなのは、ぺったんこになっちゃうこと。
何かいい方法はないものか


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

"Mitsu ume"超簡単バッグ完成♪

昨日アップした"Mtsu ume"アップリケの
超簡単バッグ、出来上がり

中袋に使おうとした生地が、
中途半端に残りそうだったので、
そのまま一枚続きで、内ポケット作成。
IMG_9167.jpg

残り布もでず、久々にすっきり感炸裂

ポケット口がわからんといかんので、
この間購入したスタンプ使用の、
ネームタグを付けちゃう。
IMG_9168.jpg




珍しく、今日一日一度も雪が降らず、
晴れ晴れということで、外でパチリパチリ。
うちの中でもいいくらい、
日差しが入ってたけどね。
IMG_9170.jpg

あっさりとしていたので、
"Mitsu ume" の周りに、
これまた以前買ったちりめん細工の
梅と折り鶴を配置。
(←今度は、すっかりスタイリスト気分)

IMG_9174.jpg

実際にバッグにつけたのは
アップリケの真ん中にある梅だけ。
手の込んだ割には、
お手頃価格だったちりめん細工。

今度いつ使うか未定なので、
せめても写真で日の目を見させねば。。。


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

"Mitsu ume" & "Sakura"

年が明けてから、このところず~っと、
アップリケづいてます。
今日の記事もでございます。

古本屋さんで見つけたアメリカのキルト本
"JAPANESE QUILT BLOCKS"
その時の記事はここ⇒*

その中で簡単に作れそうなブロック作成。
家紋アップリケ二種類"Mitsu ume" & "Sakura"。

IMG_9160.jpg

IMG_9165.jpg

金糸で縫ったラインは、
キャンドルウィックと三重縫いの組み合わせ。
キャンドルウィックから縫い始めたのだけど、
止め縫いをはじめに入れないほうがいい。
たまたま、止め縫いを入れずに縫い始めたら、
そのほうがまん丸になっていい感じ。
(←桜のほうね)
梅のほうには
とげが付いているように見えてるもんね
やっぱ、いろいろ試してからやるべきでしたわ。

使った布は手持ちのちりめん。
いやぁ、我ながらあきれる。
どこまでいろんな布を買い込んだもんだやら。
何年も、しわしわになって、
出番を待っていたようでございます





ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

カードケース・カバー

アップリケの第二弾。
ちょうどいいサイズのプリント柄がありましたぁ
IMG_9106.jpg

直径約2.5cm。
それで、作ったのがこれ↓
IMG_9148.jpg

カードケース・カバー。
キルト芯を入れたから
ちょいと厚めになってしまったわ~ん。


第一弾で作ったぺったんこバッグ2個とおそろい。
IMG_9151.jpg

スクラップになった布を使用。
が、スクラップがスクラップを呼び、
いつになっても、すっきりなくなることはなく、
細切れになったスクラップ布用の袋が
満杯になっとります



昨日買ってきたフロマージュ。
カロリーオバー気味、ということで、
IMG_9159.jpg

毎日のお約束、
雪かきにいそしみます



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

ぶるっ * 

知らなかったよ~
小樽の駅にランプが並んでいるとは・・・
ガラス屋(おみやげやさん)がめちゃ多いからね。
IMG_9114.jpg

なかなか、天井も渋いっ。

小樽は結構昔のころの建物が残っていて、
お店にもいろいろ使われて、目にすることが多い。
IMG_9113.jpg

居酒屋には昔のかまどがど~んとあったり・・・

天候が心配で、日が暮れる前に早々に帰宅。
朝来るときに、海に黒い点々。
とどかあしかか・・・であるはずはなく、サファー。
冬の風の強いときに出てくるんだけど、
見ているだけでブルっ。

さすがに夕方にはもうおらんだろうと
目を凝らして見ていたら、おりました・・・二人。
IMG_9118_2.jpg

写真では一人しか認識できず。
高い波がいいのでしょうかね~、
脱帽です。




IMG_9138.jpg

さてと・・・
札幌でも手に入るのに、
買ってきたのはLeTAO(ルタオ)の
フロマージュ。
解凍を待って、
明日いただきま~す

ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

雪中撮影アゲイン

今日も今日とて、雪かき。
思いのほか積もっておらず。
風が強かったおかげか。。。

吹きだまりになったおうちには、
申し訳ないけど、
やれやれでございます。

顔を出すお日様
雪の晴れ間を見て、撮影開始。
TVを見ながら、チクチクまつっておった、
アップリケのぺったんこバッグ2個。

IMG_9093.jpg IMG_9095.jpg

時折、強い風にひらひら飛ばされ、
ちらつく雪にも寒さにもめげず、
モデル(←バッグのこと)は大変だわ。
含む、アタシ。。。

そんでも、自然の採光でしわも見えず、
カメラマンとしてははまります。


うちの中で写すと、こんな感じ。
IMG_9100.jpg

女優さんがライトを当てるのが
よ~くわかりますわ



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

お気に入りの本みっけ(^^♪

たまに出かけなくちゃいけないときに、
台風並みの大嵐。
いつも使っているJRは運休。
ちょっと遠めの地下鉄の駅まで、亀の歩み
今日は出かけたくなかったよ~

それでも、街まで出ちゃえば、
暴風雪もどこ吹く風。

友達お奨めランチを食べて、
寒さも忘れる。
IMG_3070.jpg

北海道で言うところの
ザンギ(←鶏のから揚げ)と
マーボー豆腐のセット。
今現在、一番おしゃれなビルにあるフードコート。
その周りで働いている人たちがめちゃ多かった。
お値打ちだもんね

外に出ることを避けて、
地下歩行空間で古本をゲット。
やはり、キルト関係の本に手が出ちゃう。

IMG_9082.jpg

IMG_9084.jpg

和のキルトもアメリカのキルターが作ると、
ちょっと雰囲気が違ってくるから、
興味深い。

"福"の文字がいいね。
これも一種のタイポグラフィ


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

サーキュラーアタッチメントの価値ありかぁ?

駅伝を見つつ、
円形のアップリケをしておったんですが。。。

「そういえば、サーキュラーアタッチメントあったなぁ」と
思い出し、久しぶりに使ってみることに。
・・・っていうか、全くの新品でした

最小の半径が3cm。
一番小さいと円がきれいにできない。
まして、その上にしっかり板のようになるような
(←いい加減な表現)
接着芯も使わずに縫う。
IMG_9077.jpg

大胆にもボビンワークで。
IMG_9073.jpg

円を並べるときには、
半円を縫って、隣の半円を縫い続けると、
糸を切らずに円を縫っていくことができる。
が、これが難しかった。。。

案の定、ゆがんだ円になりましたぁ。
フリーモーションでも良かったのかと思うぐらいの
仕上がり。。。思わずのけぞる
(これは駅伝の時に作っていたものと別物)
IMG_9079.jpg

失敗隠しに
Monthly Quiltで余ったアップリケ使用。
あちゃ~そういえば、
それもやりっぱなしだわ


午後2時半ごろから、急に暗くなり、
窓を見ると、大荒れ状態。
ということで、
画像が暗くなりました。


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

マシン・アップリケ その1

普段、創作的なアップリケはまったくしていない。
ほとんど、プリント柄を切り抜いて、
縫いつけるだけ。
それも、大小取り交ぜた四角のみ

今回、一念発起で
作り始めたキルト・・・アップリケ・キルト。
一口にアップリケと言っても、
やり方が様々。。。
どのやり方をどこで使ったら、有効なのか。
このアップリケ・キルトで試してみるぞ~
(←かなり鼻息荒い)

一番最初に教えてもらったところの
アタシとしては一番簡単と思うもの。

MFを使う方法
MFはMelt Fuseのことだそうで、
融ける・溶ける←って、なんのこっちゃ
アイロン両面接着シートのことでありますが。。。

1. MFの剥離紙に反転したアップリケの形を描く
IMG_9050.jpg

2. 少し余白をつけてMFをカットする
IMG_9053.jpg

3.アップリケの布に剥離紙を上にしてアイロンをかける
IMG_9056.jpg

4.描いた線に沿って、アップリケをカットする
IMG_9057.jpg

5.アップリケの剥離紙をはがして、
土台布の上に接着面を下にしてアイロンをかける
IMG_9059.jpg

6.好みのステッチでアップリケの端に沿って縫う

このやり方だと
縫い代を折るという時間のかかる作業がないから、
超楽ちん
だけどその分、アップリケの端から、
ほつれが出る時があるから、
いかんのだよね~

それと要注意なのは、
アップリケ布が淡い色の場合、
土台布の色やプリント柄が透けることがある。
剥離紙が付いているときは、
気が付かず、貼った後で
あちゃ~ってことになる。
接着で付いているから、
土台布を着ることもできんしぃ~~

以前作ったキルトのアップリケがそうだった
やってみなければ、
気が付かない落とし穴


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

真っ白でよかったよ~

新聞の片隅に描かれていた記事。
雪に色をあげた花は、
【スノードロップ】

ドイツの言い伝えで、
昔々、雪は透明で色がなかった。
神様がいろんなものに色を与えたのだが、
雪の順番になったときには、
神様ったら、もう手持ちの色がなくって、
『ほかのものからもらえ』って、言い出す始末。

雪はいろんな花、
真っ赤なバラとか、黄色いひまわりのとかに
お願いするんだけど、
『冷たい雪には、アタシの色はあげられん』と、
みんなに断られちゃう。
そんな中で、
『アタシの色でよければ、どうぞ』と
優しく言ってくれたのが、スノードロップ。
雪は真っ白な色を素敵だと思い、
喜んでもらったとさ。
(←アタシ風脚色がかなり入ってます)

良かったわ~
雪が真っ白で・・・
これが深紅だったり、真っ黄黄だったら、
かなりちかちかして、落ち着かなかったぞい。


そんな言い伝えの話がかわいくって、
その花のキルトを作ろうと、
かなり大胆な野望を

さすがに手持ちのスノードロップの写真はなくって、
ネットで行き着いたところが、ここ⇒*
毎日、素敵なお花の写真を投稿しています。

凜として顔を見せている。。。
c3bd956d2f23203c6b8f03ca8328c219 (2)
めずらしい写真拝借。(承諾いただいてます)
ネットで見るほかの写真はつぼみが多い。

欲張って、つぼみいっぱいつけたけど。。。
IMG_9038.jpg

果たして如何なるものやら


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

ぼちぼちと動き出す

箱根駅伝が終わると、
アタシ的にはお正月終了。

年々、駅伝を観てのウルウル感が増量。
選手がふらふらになったり、
タスキがつなげなかったりの場面が出ちゃうと、
それだけでも、おばさんはあか~ン
棄権せざるを得なかった大学がなくって、
やれやれ、"ほっ"です。
来年も応援します。

たまたま、夜読んでいた本が、
検事の事件解決話。
この主人公が箱根駅伝途中棄権。
その苦い過去を持ちつつ、
その挫折感から救ってくれた恩人と対決。
陸上競技界の神ともいうべき存在。。。
古さんみないな感じかなって、読んでた。
(←まったくの妄想)

IMG_9037.jpg

さてさてと、駅伝が終わったところで、
ぼちぼちと新しく、
キルト作成にかかろうと、
拡大コピーだけはごっそりとってきました。
IMG_9034.jpg

まだまだ、どんな形にするかは決まっていませんが、
明日からぼちぼち動き出しま~す


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

駅伝観戦のお供は・・・

普段はあんまりTVを観ないのだけど、
お正月3が日の駅伝は別。

TVの前で延々と観る際の必要なものといえば、
これです、お菓子↓
IMG_9026.jpg

箱の裏を読んでみると・・・


口取りの歴史

遠い昔の大みそか。
神に捧げた縁起の良い供え物を
いただくことで、
無病息災の福を取り込み、
来たる新年を迎えました。
これがおせちの始まりです。

月日は流れ、北海道の開拓時代。
おせちに欠かせない鯛などの
縁起物を手に入れることが
できなかった開拓民は
当時貴重だった砂糖から
縁起物をかたどり、
大みそかの福迎えを行いました。


どひゃあ~
この口取りのお菓子って、
北海道だけのものなのかぁ

IMG_9032.jpg

ちょいとすかすかになっとりますが、
午(うま)型っていうのも、
大みそかに食べるおせちの一部だから?
(初めて認識した干支がたのお菓子)

とんだところで、気になってググっちゃったよ。
しばし、箱根駅伝そっちのけ。。。


口が寂しいのもあったけど、
手持ち無沙汰で取り出したやりかけの
円のアップリケ。
IMG_9023.jpg

チクチクやっとります


今年は、ひつじ年です、念のため
IMG_9027.jpg


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

今年もよろしくお願いいたします

ご挨拶

これからもキルトのことを中心に
ブログを書いていきたいと思っています。
時折、そこから外れることもありますが。。。

今年もよろしくお願いいたします

IMG_9003 (2)



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

続きを読む