JAPAN BLUE LOVE

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年08月  1/1

スパイスたっぷりのスープ・カレー

風邪の菌を払拭すべく、食べに出かけたのが、スープ・カレー。いろんなスパイスを使っているから、効くに違いないという、どこからそんな考えが浮かんできたのかも、皆目不明まあ、とにもかくにも、うまけりゃいいのさ~ってなもんで、お気に入り店へこのお店は、なかなかスタッフさんが店内にいなくって、厨房に詰めてる感じなんだよね~時間もかかるけど、うまいんだもん。ここのカレー・スープが、今んとこ、一番好きボリューム...

  •  0
  •  0

ふなっしーって梨だったのか。。。

まだまだ、引きずっているBrazil。空港で原色でちょっと可愛い小銭入れめっけ以前は、小物の類は『だせぃ~ぜ』という感じのものしか、見当たらなかったんだけど、W杯でいろんなものが、そろってきたのかも・・・自分用には、Doce de Leite(ミルク・クリーム)。本当は、ピーナツ・バターみたいに、トーストに塗って食べたかったんだけど、ひとつはキャラメル。もう一つは、塊で・・・・・・すどう食べるのやらうちに届いていた【パ...

  •  3
  •  0

Be Happy, Always♪

やっと、うちにたどり着きました。Sao Pauloのホテルを出たのが、土曜日の6:00pm(日本時間日曜日の6:00am)。家でほっと一息ついたのが、月曜日の6:00pm。なんと、36時間。時差が12時間だから、時計の針を変えることがなかったのでわかりやすかったからね~今回のブラジル訪問では、すっかり他人任せだったから、帰りのSao Pauloのターミナルも、いい加減で、ただ『ルフトハンザ航空』って言っただけ。新しいターミナル3で、ルンル...

  •  2
  •  0

愛すべき、人たち

3週間の滞在だったブラジル、いよいよ今日、帰国します。30時間以上かけて、欧州経由。よれよれになるのは、必須今週初めから、ついに風邪をひき、もうだめ状態かと思いつつ、あちこち回りました。自分の調子のいい時は、現地ブラジル人の明るさや元気の良さが気にならないのが、いったん調子が悪くなると、もうそのおしゃべりが気になってきちゃうとにかく、ブラジル人は自分が一番。だから、話している間に、ずんずん入ってくる...

  •  4
  •  0

オウムに遭遇!?

Sao Pauloから郊外へ、約一時間。田舎と言っていいのか・・・そう、田舎なのですなぁ~なんとなんと、オウムが住宅の屋根に巣を作っているらしい。なかなか、みられる光景ではないので、手前の塀によじ登って、写真を撮りまくり。屋根にとまっているのが見えるでしょうかそして、もう一組のつがい。。。木の緑と同化して見にくいのですが、とっても仲良くって、ピッタリ寄り添っておりました。さすが、ブラジル。野生のオウムなん...

  •  0
  •  0

バッグの中身見直しをしていたら

こちらに来てほとんど買い物をしていないはずが・・・やはり何やかんやと、買っているものでして車のギア・チェンジのところにかけておくゴミ袋。車所有してないんだが。。。靴はめちゃめちゃ履きやすい~Lido Quiltで買ったパネル生地。思いのほか、お高くってびっくり。切った後だったので、返却できず・・・そのまま購入。エプロンやポーチ、カットクロスは行った先々でいただきました。ずぅ~と部屋にこもってブログをアップし...

  •  4
  •  0

週末はちょっとリッチに

Sao Pauloから約75km離れたGuaruja。グァルジャ・・・なかなか覚えられないし、うまく発音が出来ない・・・リゾート地、Guaruja。休暇になるとSao Pauloからの大移動があるようで、大変な渋滞になるそう。今は、日本と反対でこちらは冬。ということで、人もまばら。その代わり、犬が散歩してますぅ・・・が、どうも、野良っぽい。砂浜が固く締っていて、砂に足を取られることもなく、海水もそんなに冷たくない。大西洋の波。泊まっ...

  •  0
  •  0

リオの地で考えること

リオ・デ・ジャネイロの対岸にあるニテロイ。二つの都市はリオ・ニテロイ橋でつながっている。長さ、約13km。渋滞がなければ、ニテロイからリオまで約10分。。。ブラジルの紹介の画像で必ずと言っていいほど、出てくるキリスト像は、雲にかかって見えない。2年後、リオ・デ・ジャネイロで開催されるオリンピック。選手達の宿泊施設となる建設急ピッチオリンピック後、住居として売られるようです。競技場など怒涛の建設ラッシュ。...

  •  0
  •  0

食事の締めはこれだ!

リオ・デ・ジャネイロと湾を挟んで反対側にあるニテロイ。ここもリゾート地として、ビーチがあります。そこにあるLido Quilt。ブラジル・キルターのあこがれのAtelie。そこのオーナーであるLucia。旦那様とお店を切り盛りしています。こちらはブラジル国内生産の生地。反対側には、USAコットンがぎっちり。アンティークのミシン。やはり、Singer…かっては、ミシンの王者だったもんね。ご夫婦で連れて行ってくれたSeafood Restauran...

  •  0
  •  0

ブラジルの代表料理といえば

ブラジルは地図で見るとわかるように、南米大陸の半分以上の面積を占めて、北から南の気温は20度近くまで違っている。それぞれに地域、州によって料理や食べ物の傾向がどうも違うような・・・Minas Geraisの州都であるBelo Horizonteでごちそうになった料理。かなり有名だという"Dona Lucinha"。レストランを始めたオーナーの名前そのまんま。18世紀の植民地時代の食文化を反映したもので、煮込み料理が多い。くろ~い鉄鍋(?)がず...

  •  4
  •  0

アイディアいただきま~す

Belo HorizonteにあるQuilt Atelie。そこのオーナーは、ブラジルパッチワーク・キルト協会(???)の会長。会員は500名以上。フリーモーションの腕前抜群お店に飾ってある作品もいろいろ凝っている。アタシがいつか作ってみたかったブラジルを表現した作品もありますねぇ~アタシはオウムじゃなくってトゥッカーノという嘴の大きいオオハシを入れて作ってみたい・・・と思って、以前、その絵まで買ったんだけど、それも何処へキル...

  •  0
  •  0

キルト・アトリエ情報続く・・・

訪ねたキルト・アトリエには、それぞれのオーナーのこだわりが見えます。ここのアトリエは、アンティークのもの。キッチンにあったオーブン。古き良き時代のアメリカ。『アメリカン・グラフティ』に出てきそう。。。ペイントの施されたクローゼット。画像、どうも青みがかっているそして、母親が使っていたようなミシン。ここでは、テーブルとして活躍。やはり、ミシンはSingerのようで・・・壁には中南米の刺しゅう作品。これはペ...

  •  2
  •  0

いろんな作品見せてもらいました♪

Sao Pauloにあるもう一軒のパッチワーク・アトリエ"Charm"。ここにあるのは、ブラジル製の生地。USA Cottonと見間違うほどの発色。デザインも優れものあり←はたまた、上から目線ここのアトリエも数名のキルト先生のクラスがあって、いろんな作品を選んで、作ることが出来るそうです。参考にしたい作品も・・・ハンドのフォルクローレっぽい刺しゅう作品。かわいいで~すログキャビン。折りの入ったちょっと工夫されたもの。レッド...

  •  0
  •  0

抑制力ゼロ。。。

食事を楽しむBrazilでは、ホテルの朝食もリッチパンの種類が半端ではなく、二口か三口で食べられる甘めのパンや、食パンもいろいろ。でも、やっぱりPao de queijo(ポンデケージョ)。チーズブレッドと呼ばれるもので、街の中や駅、空港構内にもチェーン店があり、人気のパンです。カロリー高かろうと思いつつも、ついつい手が出ちゃうんだよねぇ~果物もおいしい。日本ではあまり食べないけど、ここでは毎日、あったら、必ず食べる...

  •  2
  •  0

お腹いっぱい~~

土曜日の午後、ランチを食べに、Sao Pauloから約60km、海岸側にドライブ。着いた先は、Santos。今日はあいにくの曇り空。が、それが良いらしく、お天気が良ければ、海に遊びに来る人たちで、渋滞がひどく、来るのはやめと言う話だったので、ラッキーということだそうで・・・ちらほら雨の降る浜辺には、ほとんど人影なし。連れて行ってもらったのは、パエリアで有名な浜辺近くにあるレストラン。食事前の飲み物はお決まりのカイペ...

  •  0
  •  0

こだわりのキルト・アトリエ

Sao Pauloの高級住宅街にある、日本でいえば、高級マンション、その一室にあるキルト・アトリエ"KiKiKits"セキュリティも万全。オーナーの名前がKiKi。飛行機が大嫌いだそうで、日本にはとても遠くて行けない・・・でも、Houstonには仕方なく出かけるそう、商談ですね。お店にある生地のほとんどは、USA Cotton。日本製の先染めの生地も少し置いてあり、Saito Yoko先生の英語版の本もありました。現地製の生地は、彼女のこだわりで...

  •  2
  •  0

まったりとした午後

こちらにあるキルトショップは、アトリエと呼ばれていて、どちらかと言えば、可愛らしいキルト作品が主。アップリケ・キルトやドールがきれいにディスプレイされています。LimeriaというところにあるこのアトリエBete Bertoliniは古い住宅地にある一軒を使っています。裏には中庭があり、休憩時には、お茶を楽しむことができます。なんとわざわざ、お隣になっていた果物Frita do condeを収穫。 (もちろん、お隣のお許しをとっ...

  •  0
  •  0

ここまで来てまで・・・

結構、ブラジルではPatchworkブーム。以前は、コットン地を手に入れるのが、難しかったようですが、今は、ブラジルでもデザインを取り入れた生地が手に入るようになったようです。ということで、問屋街にある生地屋さんに連れて行ってもらいました。ブラジル製の物の生地幅は、1.5mとちょっと幅広。発色がいまひとつかなぁ~とか、生地質がちょっと化繊ぽいなぁ~とか。。。←偉そうに上から目線アメリカ製のコットンも販売しており...

  •  2
  •  0

下弦の月の夜のお食事は?

めったにこんな形の月は見たことがない。上弦なのか、下弦なのか?方向がわかんないんでねぇ。スイカを切った形を想像しちゃう。さてさて、今晩連れて行ってもらったのは、ピザ屋さん・・・結構、Sao Pauloにはおしゃれなお店が多い。イタリアからの移民も多いブラジルには、おいしいピザ・レストランが人気。アタシに合わせてくれたためか、早めにレストランへ。7:00pm開店、ブラジル人の夜は遅いので開店早々に行くと、お客さん...

  •  2
  •  0

飛んで飛んで飛んで・・・

歌ありましたねぇ~その歌詞よろしく、あたしも飛んじゃいました。飛行機三機乗り継いで今、やっと空港よりにあるSao Pauloのホテルに落ち着きました。日中は結構暑くなるらしいのだが、今、朝の9時現在、肌寒い。フリース着てます、ホテルの中がより寒い日系人が多いせいか、NHK番組を見ることができちゃう。いつも見ている朝ドラということで、しばしブラジルからのご報告ですぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓にほんブ...

  •  6
  •  0

暑い中、バッグ出来上がり

ここのところ、こちらも真夏日が続いております。ビールのおいしい季節・・・さて、涼しいうちに取り掛かっていたバッグ。出来上がりました。ワイヤー口金を使いたくって、作成に取り掛かったのでありますが、大きいバッグにこのワイヤー口金は、合わない。かっちり仕上げたくって、キルティング細かめ、接着性のキルト綿を使用したためにかっちかちになってしまったから、余計に、合わなかったのだわ~使いにくいしワイヤー口金を...

  •  6
  •  0