JAPAN BLUE LOVE

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年06月  1/1

あかん~また買ってしまったワ

ここのところ、日本のキルト関係の雑誌に頻繁に掲載されているところのModern Quilt。アメリカ発信の実用的なキルトスタイル。シンプルではあるのだが、デザイン性がめちゃ高い。しばし流行が続くと、それに反したものが出てくるのは、世の習い。キルトでこりこりにこったものが続いているから、シンプルで、簡単そうなものという選択肢が出てくるんでしょうね。が、デザインの発想が一番大変かも小関先生や藤田先生が、そのModern...

  •  2
  •  0

すっきり~~♪

No image

ここ三週間ほど、ずっと悩まされておりましたインターネットを立ち上げたと同時にtroviとかいう画面になっていて、『なんやこれ?』・・・おまけにその下にPCの動作が遅くなってますぅ~とか、解消のためにここをクリックとか、何やら非常にあやしげ。検索したら、スタートページや検索サイトを書きかえてしまうというサイトと判明。インターネットオプションでスタートページをこのtroviからGoogleに設定し直ししても、次に立ち上...

  •  2
  •  0

Alegria(アレグリア)

Alegria・・・楽しむ今、ブラジルで開催されているWorld Cup。どんだけ、ブラジル現地で熱狂的な日々を、みんなが過ごしていることやら、想像に難くない。。。選手やサポーターのみならず、スーツ姿の監督まで、ゴールを決めたときに飛びあがっちゃうのが、なんかかわぃぃ~~一生懸命っていいね。ブラジルの丁度反対側にいる、にわかサッカー・ファンのアタシでさえも、時間が許せば、試合楽しんでいるもんねNHKでブラジルチーム...

  •  0
  •  0

同じパターンでも違っちゃうんだよ

がっつりはまっていたPaper Foundation。以前、講習で習ったところの、「一つのパターンからのバリエーション」。トレーシング・ペーパー100枚があったことだしと、生地を変えて、縫ってみました。(ちょいと、赤がにじんでますぅ)「ローズ・ガーデン」と教えてもらったけど、ネット上で、アメリカのキルターさんが書いてあったのが、"Squares in a Square"だったか、「四角の中の四角」のほうが当たっているかな?ちなみに前に縫...

  •  2
  •  0

近くってもわからんこと多い

先週末、小樽で「伊藤整文学賞 25年の歩み」という講演があるということで、従妹に誘われて、出かけてまいりました。そういう賞が、あったことさえ知りませんでしたが・・・まして、伊藤整が小樽ゆかりの作家であり、評論家であることもです。残念なことに、25回を迎えた今年、終了となったそうです。財政的なこともあるようですが、後継者がいないということも要因の一つのようです。若い世代にとっては、伊藤整(若くなくてもわ...

  •  2
  •  0

お次はポーチ

大きめのバッグを作る前に、ちっちゃいほうの口金でポーチを…パターンは、ブルーのバッグと同じで、ナインパッチを四分の一にカットしたものを使って、レイアウトを変えたもの。キルティングは、かくかくライン。ここんとこ、ちょっと直線にはまってます。とはいえ、フリーモーションで縫っているから、微妙に曲がっとりますがジッパーでなくボタンもありかと、やってみましたが、落ち着かないし、スキマあくから、やっぱジッパー...

  •  0
  •  0

ワイヤー口金ミニバッグ完成

W杯、日本戦観戦するため、昨日、バッグ作り頑張りました。作ってしまえば、他のバッグと変わらんなぁ…って、偉そうに思ったりして。参考になる作り方が無ければ、手も足も出ませんがね。ぱっかり口が開くのが嬉しいです〜でか目のバッグを持ち歩いて、いつもゴソゴソ、物を探すアタシにピッタリ。一回り、大きい30cmのワイヤー口金を使って、がっちりしたバッグ作りたいと、思っとります。もちろん、観戦後です〜わ。ここんとこ、...

  •  2
  •  0

ワイヤー入バッグのキルティングはと

ワイヤー口金使ったバッグのキルティング、七宝つなぎの変形版に落ち着きました。どっちが表になるのやら。。。最初は、ぐるぐる巻の渦巻きにしようと、やってみたのだが、なかなか間隔がうまくとれなくって、あえなく断念。白っぽい部分は、Sharp stippling。ステップリングのカクカク版。縫い目が目立たんので、気持ちよく、つまり縫い目の大きさやラインの形を気にせず、キルティングできました。気持ちよかった〜さてと、仕上...

  •  0
  •  0

あらっ⁈

郵便受けにパッチワーク通信の封筒。小関先生のマンスリー・キルト作成のため、パッチワーク通信、ただいま定期購読中。『もう、雑誌届いたのか?はやっ』と、思いつつ、開けてみるとトレーシングペーパーだけが入っていた『そういえば、読者アンケートだしたわ〜』その雑誌を出してみると、四ヶ月前…とみに記憶力が落ちた昨今、覚えている訳もなく。その時分、ペーパーファンデーションをしようと思ってもいなかったのだが、それ...

  •  0
  •  0

ワイヤー入りバッグ作成中

いつ頃だったか、ネット上で、ワイヤー口金を見つけて、『こりゃ~便利そうだにゃ』(今、読んでいる本の影響で語尾変になっとります)と、思っていた。なかなか、こちらのお店では見つけられなくって、知り合いのお店でわけてもらったり、展示会やらで購入したりで、三サイズGET。ジッパーまであったりして・・・作り方がわからんかったんだよね。キルト・ジャパンの最新号に掲載されていたので、早速、作り始めましたのです。本...

  •  2
  •  0

藍染ペッタンコバッグ完成?

ペッタンコバッグ完成キルティングどうしようかと・・・悩んだものの、かなり手抜。菱形に落としキルトを入れているだけ。最初は透明ナイロン糸(グレイ)でキルティングしていたら、方向変更箇所の上糸のひきつれが酷くって、普通の糸に変更。やっぱ、ナイロン糸はキルティングに向かないナ。フリーモーションのときは、テンションを維持するのかなり難しい・・・というのが、アタシの結論。それと肩ひも作成に時間がかかっちゃい...

  •  2
  •  0

またペーパー・ファンデーションかい?

『ペーパーが取り除きにくい』とぶーたれていた、舌の先の乾かぬうちにペーパー・ファンデーション第二弾。染めた布が残ってしまったので、簡単にできるものはと、選んだローズ・ガーデンのパターン。今度は、縫いながら縫い代を切りそろえていくやり方。数年前アメリカで買ったRulersを使ってみるかと、あっちゃこっちゃ探しだしたんですが、まったく、使い方がわから~ん。ミニチュアキルトで有名なおじさんがデモしていて、その...

  •  0
  •  0

狸小路6丁目界隈の

むっかしからある商店街、狸小路。アタシが学生だったころは、あまり興味持っておらず、足を運ぶこともほとんどなかったのだが・・ラーメン店が結構多いというブログの情報。その紹介があったお店にでも行ってみようかと。11時ごろをぷらぷら歩いていたら、女性の行列が・・・何かと思って、近づいてみたら、「アサヒエクストラコールドBAR」銀座にオープンしたときは、TVのニュースですごく評判になっていたねぇ~その後、レスト...

  •  0
  •  0

「裁判所の階段」

去年、天然藍で染めた布。リサイクルであります。ネットオークションで確か100円でゲットした浴衣となんでか、うちにあったさらし。きっと、色も落ち着いたころだろうと、勝手に判断。麻の入っている浴衣地は、染めの回数を増やせばかなり深い紺になっていくが、さらしの方といえば、それなりに染まっていくが、どうも柔らかい・・・浅いという感じの色合い。アタシの勝手な印象だけどね。布の風合いも関係するのかなここんところ、A4...

  •  4
  •  0