今度のペンは・・・


布用の印つけペン。
いろいろ試しているけど、
やっぱそれぞれの布に合わせて変えざるを得ない。
布の色だったり、素材の種類だったりね。
マーカーやフリクションペンは、
長いこと使わないとどうもインクの出が良くなくなるような・・・
(←もうインク切れなのかもしれないけどね)

もっぱら使っているのは鉛筆。
ハンドではパターンピースを描くことが多かったから
カ〇スマの鉛筆、ごっそり購入。
たぶん、一生分アル・・・
ただ、色が表に映っちゃって薄い布にはNG。
それで、違う色の鉛筆買ったり、
シャープペンにトライしたりね。
芯が固くって描きにくいし、折れやすいしで、
何種類かの色を買ったけど、
期待はずれだったワ、アタシにとっては。
いつ買ったかも忘れていたカ〇スマのシャープペンも使わずじまい。
pen_1_0206.jpg
東京ドームで見かけたソー〇インのディスプレイ。
pen_9_0206.jpg
大阪でピンクの色が目にはいって、
気になっていたけど地味な色のカ〇スマから
変わっていたのねぇ~
担当の方にお話を聞く機会があって
手持ちのもとと比較してみたら、描きやすい~~~
(←熱く語っていたのが良く分かったワン)
pen_3_0206.jpg
ク〇バー: ソー〇イン: カ〇スマ
pen_4_0206.jpg
pen_6_0206.jpg

さすがにウールは違うものを使っとります。
pen_5_0206.jpg
万能選手はおらんようですだ。。。


ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

いい状態をキープせねば。


やっと買いましたぁ~
ワイド・テーブルもしくはエクステンション・テーブル。
このミシンをゲットしてから、周りに本を積んで、
何とか作業スペースを広げていたんですけど、
さすがに「付け焼刃」だった。
emboss_1_0123.jpg
気持ちよく作業ができて、大いに満足

すぐ手に入れればいいものの、
大きなものは以前から持っていたミシンで縫えばいいさ~と。
そのミシンがキィキィ~とテンビンのあたりから音がして、
かなり気になっていた。
一度、カバーを外してみたけど、素人目にはわからず・・・

上京の際、ミシン店舗の社長さんに相談してみると、
「シャフトのあたりかなぁ~」
「刺しゅうやキルティングするときは、
長い間ずっと動かしているので、かなり負担が大きいはず」
「使い始めは音がなくなるので、いいのかなぁと思うけど、
また音がするようになる。
そして、修理がおおごとに」とも。。。
ますます長時間使うようになって
がんばってくれたから
今回メンテナンスを兼ねて、
見ていただくことにしました。
(←遅すぎぃ~~~)
通い箱に入って今頃、東北あたりを旅している頃か
emboss_3_0123.jpg
テーブルも大きさがこんなに違うし・・・
使い勝手もいま一つ違ってくる。

『元気に帰って来いよぉ



ぽちっとクリックお願いいたします↓