他社さんの押えがいい仕事してます


十の木繋ぎ(じゅうのきつなぎ)。
quilting_1_523.jpg
刺し子の幾何模様の一つ、
ラインを書かなくちゃいけないけど、
ミシンキルティングになりやすい模様かなぁと
常日頃、思っています。
ちなみに上の写真は刺し子ラインをいろいろやってみようと
サンプルを作りはじめたけど、完成を見ず

直線ミシン付属のキルト押え(左側のほう)。
プラスチックが押え部分についていて、
描いているラインが見にくい。
quilting_5_523.jpg
他社さんのキルト押え、
デモしているときに惚れ込んで、
購入先に合うかどうか確認後、大枚はたいて購入。
押えの輪の部分が、5mmと1/4"の二種類。
届いた当初、なぜかテンションがうまくいかずに、
やっぱだめかぁ~~と、後悔しきり。
quilting_2_523.jpg
だめもとで、引っ張り出して使ってみたら、
テンションばっちり。
何が功を奏したのか・・・
下糸のThe Bottom Lineが良かったのか、
上糸を残っていた絹糸にしたのが良かったのか、
その組み合わせが良かったのか。
もう片方もうまくいきますように。


《花便り》
大通公園ではライラック祭りが開催中。
英名「ライラック」、和名「ハシドイ」、フランス語名「リラ」。
道内の公園に見られるものは、
ほとんど「ムラサキハシドイ」かその園芸種だそう。
lilac_2_518.jpg
lilac_3_518.jpg
イベント中、地元のワインや食べ物が楽しめますが・・・
寒さの中、外で食べるより
お店でくつろいでお茶したほうがいいお年頃。
久しぶりのホテルでのティータイム。
hotel_1_523.jpg
アラン模様で編まれていたティーポットカバー。
頭にポンポンがついていて可愛かったのに・・・
写っとりません




ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

Columbiaって??


剣ケースをお届けに行って、
すっかりお邪魔することに。

ミシンの調子を見てほしいとのことだったので
出してきてもらったところで、
あ~かなり昔のものだなぁと思っちゃいました。
それでもB社のものだから、わかるわなぁ~と
変な自信
mishin_5_403.jpg
ところがです。
ケースを外してみると、
Columbiaって・・・
カラスミシンって・・・
mishin_1_403.jpg
今や、ほとんどの家庭ミシンのテンビンが前にあるのに後ろ側。
さすがに、糸の通し方がわからず。
十年以上使っていないということでしたが、
持ち主はちゃんと覚えていられました。
(←前であろうと後ろであろうと一緒なのよねぇ)

足踏みミシンだったものをモーターを付けて、
電動にしてもらったそうで、
それでケースがB社製に。
mishin_3_403.jpg
プーリーベルトが緩んでいるためなのか、
空回りしちゃうけど、
最初手で回すときちんと縫えます。
糸調子も簡単に調整オーケー。
ボビンケースは見た目、いまのものと同じ。
六十年ぐらい前のものらしいけど、基本はまったく同じ。
mishin_4_403.jpg
新品のようにきれいなのには、またまた驚いちゃったわ
いまのミシンは六十年は持たないだろうな。



ぽちっとクリックお願いいたします↓


今度のペンは・・・


布用の印つけペン。
いろいろ試しているけど、
やっぱそれぞれの布に合わせて変えざるを得ない。
布の色だったり、素材の種類だったりね。
マーカーやフリクションペンは、
長いこと使わないとどうもインクの出が良くなくなるような・・・
(←もうインク切れなのかもしれないけどね)

もっぱら使っているのは鉛筆。
ハンドではパターンピースを描くことが多かったから
カ〇スマの鉛筆、ごっそり購入。
たぶん、一生分アル・・・
ただ、色が表に映っちゃって薄い布にはNG。
それで、違う色の鉛筆買ったり、
シャープペンにトライしたりね。
芯が固くって描きにくいし、折れやすいしで、
何種類かの色を買ったけど、
期待はずれだったワ、アタシにとっては。
いつ買ったかも忘れていたカ〇スマのシャープペンも使わずじまい。
pen_1_0206.jpg
東京ドームで見かけたソー〇インのディスプレイ。
pen_9_0206.jpg
大阪でピンクの色が目にはいって、
気になっていたけど地味な色のカ〇スマから
変わっていたのねぇ~
担当の方にお話を聞く機会があって
手持ちのもとと比較してみたら、描きやすい~~~
(←熱く語っていたのが良く分かったワン)
pen_3_0206.jpg
ク〇バー: ソー〇イン: カ〇スマ
pen_4_0206.jpg
pen_6_0206.jpg

さすがにウールは違うものを使っとります。
pen_5_0206.jpg
万能選手はおらんようですだ。。。


ぽちっとクリックお願いいたします↓


いい状態をキープせねば。


やっと買いましたぁ~
ワイド・テーブルもしくはエクステンション・テーブル。
このミシンをゲットしてから、周りに本を積んで、
何とか作業スペースを広げていたんですけど、
さすがに「付け焼刃」だった。
emboss_1_0123.jpg
気持ちよく作業ができて、大いに満足

すぐ手に入れればいいものの、
大きなものは以前から持っていたミシンで縫えばいいさ~と。
そのミシンがキィキィ~とテンビンのあたりから音がして、
かなり気になっていた。
一度、カバーを外してみたけど、素人目にはわからず・・・

上京の際、ミシン店舗の社長さんに相談してみると、
「シャフトのあたりかなぁ~」
「刺しゅうやキルティングするときは、
長い間ずっと動かしているので、かなり負担が大きいはず」
「使い始めは音がなくなるので、いいのかなぁと思うけど、
また音がするようになる。
そして、修理がおおごとに」とも。。。
ますます長時間使うようになって
がんばってくれたから
今回メンテナンスを兼ねて、
見ていただくことにしました。
(←遅すぎぃ~~~)
通い箱に入って今頃、東北あたりを旅している頃か
emboss_3_0123.jpg
テーブルも大きさがこんなに違うし・・・
使い勝手もいま一つ違ってくる。

『元気に帰って来いよぉ



ぽちっとクリックお願いいたします↓