完成がほど遠い。


やぁ~~~と、道路の雪が溶けて、
自転車が使えるようになったと思ったら・・・・
tsurugi_1_0323.jpg
今日一日、雪降り模様。
やっぱ、ここは北国

藍染をしていた時に、
譲っていただいた帯の芯を染めたもの。
やっと登場。
tsurugi_2_0323.jpg
絞りの模様がポチポチとはいってます。

作っているのはケース。
これがなかなかの難物
tsurugi_4_0323.jpg
形が細長いのがやりにくいのか
あれやこれや、迷っているのがいかんのか
完成がほど遠い。

4-5年前から始めた太極拳。
のらりくらりと、健康のためと思ってやっていたはずなのに。。。
なぜか剣を使うことになり、
いませっせとケースを作っとります。
tsurugi_5_0323.jpg
ケース作りより、実際に使えるのか


ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

「ゼンタングル(Zentangle)」風


ちらほら、『梅が咲いたよ~』という、
早春の兆しを感じるブログ記事を見かけます・・・が、
今日もこちらは雪雪雪
数日間かけての、歩道を含めての道路の除雪作業が
元の木阿弥状態。

プラバン工作でせめてもの、梅の花試作。
(←紺色の花はないけどサ)
praban_5_0224.jpg
なんかいいじゃんと思って、本番へGO。
praban_6_0224.jpg
試したときは良かったけど、横広がりになっちゃタヨ
加熱する時間が微妙。
結構、奥が深いワ~

ScanNCut任せで、どんどんカットできちゃうし、
プラバンは近所の100均で買えるし、
いい気になってどんどんゴミ量産中でございます。
praban_1_0224.jpg


「カレイドランズ(Kaleidolines)」は、
線を組み合わせて一つの作品を作っていくアート。
呉竹さんの商標造語のようで、
「ゼンタングル(Zentangle)」に似ている。
praban_4_0224.jpg
何にするわけでもないけど、
描いているだけで面白かったりする。


ぽちっとクリックお願いいたします↓


挑戦の道は続く


「やったことあるわ~」という方もあるのかも・・・
「プラバン工作」。
アタシは昔の人なんで、
小学生の時にオーブントースターで
プラスチックを温めて縮めるなんてことは、
その当時の人は誰も思いもつかなかったはず。
せいぜい、割りばしで何か組み立てたくらいか
(←それもスカスカのものだったような・・・)

世は進んで、
"Shrink Art"なんてお洒落な名前が付いたりして、
アクセサリやオーナメントを作るクラフトの提案が
結構アル。
prabann_1_1217.jpg
プラスチックカットはScanNCutのお得意の分野かも。
生地を切ると切れ端残ったりするけど、
プラスチックは何にも残らんので、
スッキリでいいわぁと、
ルンルンしてたけど、
prabann_4_0126.jpg
加熱すると・・・・
プラバンの収縮率は縦横で違ってくるので、
丸が楕円に、正方形が長方形に
描いた色も濃くなって仕上がる。
prabann_3_0126.jpg
せっかくきっちりカットしても、
加熱任せなのよね。
(←それはそれでハンドメイド風であるとはかかれているけど)
お遊びその②↓
prabann_1_0126.jpg

いろいろ買い込んで見たものの、
何を作っていいのやら、
どんなふうに工夫していいのやら、
挑戦の道は続くのであった。。。。。。。。。。。



ぽちっとクリックお願いいたします↓


2017年ミシン始め


やっとこさ、ミシンに向かう気になって、
昨年大阪で買ってきたゴブラン織りの生地で、
ラグを完成
goburan_1_105.jpg
キルティングが入ってないから、
ちょっと真ん中がだぶついておりますが。
(←全体を写さず、見えない側にしわを寄せとります)

そんなに時間はかからんだろうと
高を括っていたら、
結構、重くって縫いにくかったワ~
途中、これは完成品を買ったほうが・・・と
後悔しきり。

しかしですが、
ずいぶん前に買った、
縁に使ったなんだかわからん生地が
なかなかいい仕事してるし、
goburan_105.jpg
ブラジルでもらった時に、
一瞬のけぞった唐辛子柄も使えたし、
めでたしめでたしです。
goburan_2_105.jpg

唐辛子柄でポカポカと暖かいかな



ぽちっとクリックお願いいたします↓


おめでとうございます



穏やかな新年です。
こちらは、
天候が落ち着いていることが何より。

まずは、
フライトがキャンセルしませんようにと
お願いせねば。


i-tori40.png

本年もよろしくお願いいたします。

Katy




ぽちっとクリックお願いいたします↓