ワタワタ、しょぼしょぼ状態。


一つはまると一心不乱。
たかだか、プラバンに色付けするだけなのにね。
あまりのペンの種類の多さにクラクラしとりましたですが。
文具で買うより、
画材のところで買ったほうが色がいっぱいで、
また、買いに走りそう
plaban_3_0203.jpg
ペンケース用に買ったこれ↑、お気に入りに
真ん中にあるタグがなぜか捨てられん。

それでプラバン工作といえば、結構面白い。
くるくるっとなって、
じっと我慢の子になって待っていると、
ちゃんと平らになるんですもの。
そのあと、すぐと取り出さねばならんのが
おばさんのアタシにはワタワタ状態。

カットするのはScanNCut任せなのもあって、大量生産。
そのあと、模様をトレースするのに、
目がしょぼしょぼするのがつらいわ~
plaban_1_0203.jpg
プラバンを扱っている会社がたくさん。
plaban_4_0203.jpg
100均でも簡単に手に入るってサ


ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

ちょっと絵師になった気分♪


以前、藍染でテンプレートを作って、
抜染をしたことがあったけど・・・
こっちのほうが超簡単
stencil_1_829.jpg
テンプレート作りは機械がやってくれたからね~
stencil_2_829.jpg
テンプレートだけ作って、
明日出かけるついでに、
布用の絵具買ってくるかと思ったら、
持ってました、アタシ。
(←いつ買ったのかも覚えとらん)
stencil_3_829.jpg
選んだ模様といい、買った絵の具の色といい、
"JAPAN BLUE LOVE"を引きずってますなぁ~
日本手ぬぐいか、浴衣か・・・ってところか
stencil_4_829.jpg
切り落としたピースがテンプレートに
残っていたのに気が付かず


《花便り》
「キバナコスモス」
kibanakosumosu_1_829.jpg
よく見かける「コスモス」よりちょっと小ぶり。
kibanakosumosu_2_829.jpg
明るいオレンジ色が
秋を連想させるというより、
夏向きだよ、チミは


ぽちっとクリックお願いいたします↓


こんなことして遊んでます(^^;

ここのところ、
台風の影響もあってムシムシとした日が続いていたけど、
久しぶりのからっとしたお天気。
ScanNCutとの格闘は果てしない感じだけど、
いろいろ試していると、結構楽し
刺しゅうをしている時とおんなじで、
マシンやタブレットの画面を見ただけで、
なんだか完成した気になっちゃう。

一つやってみたのが、
3ツ折りの三ツタンポポ。
折り紙でパターンを作ってからスキャンしたほうが
早いし、手間がかからなくって楽ちん。
scanncut_5_824.jpg
それから、ハワイアンキルトみたいに、
一枚に切ってもいいし、
葉っぱと花を別にしてもいいし。
scanncut_4_824.jpg
しかし、花の部分を切り抜くか、
別の布で花のラインを入れないと、
銀杏みたいな形になっとるワ。

それと、「コースター」のつもりの、
二枚を同じに切って、それぞれ入れ替えたもの。
scanncut_2_824.jpg
けちって安い普通のフェルトを使ったら、柔柔。
ハードフェルト、スゲ~高いんだもの


《花便り》
今まで気が付いていなかった、
お向かいのおうちにある花。
mukuge_2_824.jpg
「木槿(ムクゲ)」かと思ったけど、
「芙蓉(フヨウ)」かも・・・
mukuge_4_824.jpg
今度きいてみよっとぉ~



ぽちっとクリックお願いいたします↓


オリンピックの中、格闘中


すごいわぁ、ウサイン・ボルト選手。
準決勝では笑いながら走っちゃたりして、
さすがに、決勝ではそんなことはなかったけど・・・
あの10秒に人生をかけているんだよね。

さて、アタシとは言えば、
新しくでたScanNCut(カッティングマシン)と格闘。
無線LAN対応。
(←タブレット近すぎ)
scanncut_1_815.jpg

いろいろ機能がアップグレードされていて、
頭の中ぐちゃぐちゃ。
何がしたいのか
自分でも分っとらんから、猶更かも。。。


《花便り》
買い物の途中のおうちの庭にある「ギョリュウ」
アタシはここでしか見たことがない。
細い針型の葉が重なり合って、
その先のピンクの花がふわっとした感じ。
gyoryu_2_815.jpg
真ん中の黒い点は大きいハチ。
gyoryu_4_815.jpg

cloud_a_815.jpg
なんだか、サギが飛んでいるような雲。
思いがけない景色が、
アタシへのご褒美
格闘頑張るぞ~~~



ぽちっとクリックお願いいたします↓


切ることが目的になっちゃってるぞぃ

カッティングマシンでは、プリント柄に沿って
切ることもできるんです

スキャンすると
a_cut_1_227.jpg

きれいにプリント柄がディスプレイに表示される。
『おおっ、いい感じ』

しかしながら、カットラインに変換すると、
なかなか、思ったようなアウトラインを選んでくれん
a_cut_2_227.jpg

色の濃淡で識別するようで、
アウトラインがくっきりしていることが必要みたい。

そんな訳で、要らないラインをえっちらおっちら、消すことに。
a_cut_3_227.jpg

自分で切ったほうが早かったりして。。。

一度、接着シートを張ったからには、
すべて切らねばという使命感のもとに、
切っちゃいましたw。
a_cut_4_227.jpg

こんなにつかうとは思われんのだけどね。
ミシンのアップリケは内蔵模様。
昔懐かしいカラスミシンの外観。
すっきりとしてカーブのラインが美しかったよねぇ。

思わずカットしちゃった、
在庫にあったソーイング用具のプリント柄。
a_cut_5_227.jpg

実は、藤田センセのデザインでしたぁ


ぽちっとクリックお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村