おしゃれなアトリエ

ずいぶん前にブラジルに来たときは
コットン生地がなかったり、
キルト用のほとんどがアメリカ製で、
かなり高額だったけど、
ブラジル国産の生地や用具の種類が充実。
ただ、マチ針がさしにくかったり、
ハサミやロータリーカッターの切れ味が悪くって、
時折、ぶち切れてますが。。。

おしゃれなアトリエ(キルト・ショップ)が増えてきていて、
オーナーのセンスの良さに、嬉しくなったりして
名前は"Atelie Sonho de Retalho"。
atelie_5_0501.jpg
仕切りのガラスがパッチワークのパターン。
atelie_1_0501.jpg
おばあさんが使っていたミシンだそうで、
パフのカラス・ミシン。
atelie_4_0501.jpg
壁に飾られた刺しゅうがきれい
atelie_6_0501.jpg
ここで先生をしている人の作品。
レース地を使っても面白い。
atelie_8_0501.jpg
atelie_7_0501.jpg
参加してくれた人たち。
atelie_9_0501.jpg
最後まで頑張ってくれたけど、
タイムアップで完成した人は一人もおらず・・・


ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

見た目で判断しちゃいけません

Sao Pauloからちょっと離れたところにあるTaubate。
そこにあるアトリエ兼ショップ。
additional_2_1129.jpg

昨日アップしたような、
こだわったアトリエではないところで
(←まったく失礼な言い方だわ~)
お父さんの時代に倉庫だったところを、お店に改築。

左の方がオーナー。
additional_4_1129.jpg

人通りもほとんどなくって、
大丈夫かイナぁとか思っていたけど、
(←はたまた、失礼)
いやいや・・・忙しそうなこと
お客さんひっきりなしに訪れます。

生地の種類も国産や輸入ものと豊富だし、
そのほかにも、クラフト関係のグッズが盛りだくさん。
additional_3_1129.jpg

そして、その中から一点だけ生地購入。
ちょいと、地味目で裏布にぴったり。
もう、生地は金輪際買わんぞぉ~と思っていても、ついついね。
additional_5_1129.jpg

Rio de Janeiroの観光地かしらぁ?
ほとんどいってませんけど。。。
80cmくらいしか残っていなくって、もし再度入庫したら、
『とっておいて 』とお願いしたので、
またまた、MEMOとしてブログ活用。

ブラジル国産布幅は150cmもあって
とてもお得なのです。

そして、左側の方。
欧州系のお顔立ち・・・でも、日本語OK。
additional_1_1129.jpg

ご主人が日系で、娘さんが真ん中にいる方。
日本語いかんそうで、
外見だけではわからんわ。
お隣の日系の方も、日本語あかんかった。
本当に見た目じゃわからん


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブロsグ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

studio arts

ブラジル滞在中、時間がなくって
アップできなかった記事が結構ある。
ちょっと戻って書いておこうと思って・・・

今回、訪ねた先はほとんど初めていったところばかり。
それも、結構ブラジルでは人気のところも。
それぞれの人の名前を覚えることは、
アタシにはもうそれは不可能。
(←最初っからあきらめている)

顔を覚えておくのは、
お得意だったものの、
滞在中、二回目にあった方のことを
思い出せんくって、愕然してしまった。
ひやぁ~((((;゚Д゚)))))))

そんな訳で、
ブログをMEMO化。。。

キルト・アトリエの名前は"studio arts"。
サンパウロのおうちは、
京都の町家みたいに奥行きがあって、
その上、中庭もある。

ここのアトリエもそんな感じで、
入ってみるとびっくり。
中は、シックなヨーロッパ調。
atelie_7_1128.jpg

クリスマス・バージョンになっているためか、
ディスプレイしているのが、
可愛いらしいのがミスマッチ
(←失礼っ、個人的意見です)

階段もシック~
atelie_6_1128.jpg

そして、二階にある教室。
atelie_5_1128.jpg

通常、一回の生徒さんは五名のみだそうで、
一部屋一部屋は小さめ。
(←当たり前だけど、アタシの部屋よりは大きい)

お人形は委託で販売している模様。
atelie_9_1128.jpg

やっぱ、ブラジル人はかわいいものが大好き

左側の二人がここのオーナー。
atelie_16_1128.jpg

旦那様がキルトの先生。
そして、ブラジルのキルト協会の副会長さんだそう。
ここがImportant
(←って、やっぱ名前覚えとらん、ブルーノっていったか)
お料理もお得意で、お茶なんかを出してくれたのも彼。

若い二人は、アタシたちのスタッフ。


ここはアトリエだけに使われているので、
ご自宅は別にある。。。
ブラジルは相続税が少なく、
お金持ちはず~っとお金持ちの家族だそうです。


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブロsグ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

草花や実物いっぱいのアトリエ

本当にいろいろなユニークなキルトアトリエがあって、
訪ねるのが楽しい

今回は以前は花屋さんだったそうで、
お店からアトリエに続く小道には、
きれいに手入れされたガーデンが続きます。
パパイヤ、レモン、オリーブ、ザクロなど、
実のなるものも植えられています。
ida_15_1128.jpg

ゴロゴロとパパイヤがなっとりますわぁ~
ida_1_1128.jpg

食べごろは、2週間ぐらい後とか・・・残念無念。


以前はこの二倍の広さだったそう。
その半分を使ってアトリエを増築。
いまや、クラスのできるスペースが4部屋。

細かな刺しゅうするクラスもあります。
ida_11_1128.jpg

大胆な作品だけじゃないんですワ。
ちなみにこのクラスの先生は日系人。
(←やはりねぇ~)

毛糸や刺しゅう糸を使って・・・
ida_10_1128.jpg

こ~んなゴージャスな作品のクラスも。
ida_9_1128.jpg


キルトアトリエ共同経営のお一人のキルト作品。
国内外のコンテストにも参加。
このバレリーナの作品が彼女の一番のお気に入り。
ida_13_1128.jpg

USAパデューカにだされたそう。

これもすご~い。
ida_12_1128.jpg


バレリーナやピエロのミシンキルトの作品には
きれいにフリーモーションが施されています。
それでも、
『しばらく、キルティングをしていないと、上手にできないわ』
・・・と。
やはり、日々の練習が必要なんですね
『びっくりぽんやぁ~』



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブロsグ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

すっかりクリスマス・モード♪

日本の反対側のブラジル。
真夏真っ盛り。
そんな中でもやっぱりのクリスマス・モード。

訪ねたキルトアトリエに飾られているものは、
かわいいクリスマス・キルトばかり。
atelie_8_1119.jpg

キルトもかわいいけど、
ボタンの時計もグッドであります。


外は最高気温30℃越え。
朝顔は元気よく咲いとります。
atelie_2_1119.jpg

カラフルなおうちの壁に紫が映えますな~

こちらの温度にうまく調整できないのか、
一人で、めちゃくちゃ汗かいてます


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓
にほんブロsグ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村