何年がかりで仕上げたのやら


ずいぶん前に、名古屋で受講した小関センセの講習会。
その作品、やっ~と、仕上げましたワ。
何年経ったのやら。

キルティングラインが違うと、微妙に幅に差が出てくる。
それが気になってそのまんま放置。
一度、麻地部分をほどいて、
ブロック部分を、びっしりアイロン掛け。
キルト綿に麻地を縫い付けて、
その後、1㎝間隔の直線キルティング。
sqauretotebag_2_818.jpg
1㎝幅の厚紙を使って、キルティングすると楽チン
布が伸びるのを少々防止してくれます。
↓ちょっと、しわになっちゃいましたが・・・
sqauretotebag_1_818.jpg

なかなかまねできない布の組み合わせです
sqauretotebag_4_818.jpg

その講習に、
かなりご高齢の方がひとり参加されていて、
センセがお声をかけていたのを、思い出した。
『先生の作品がかわいくて好きなんです、
足手まといになるかもしれませんが、
よろしくお願いします』
というようなことをおっしゃっていた。
センセが『お出かけいただいて、うれしいわ~』と。
いくつになっても、作りたい物があって、
続けられるといいな


《花便り》
朝、いつもと違う道を通ったら、
きれいな紫色の「アサガオ」
asagao_3_818.jpg
asgao_1_818.jpg
夕方にはこの姿。
asagao_4_818.jpg
名前通り~


ぽちっとクリックお願いいたします↓




スポンサーサイト

これまた、リメイク。


コーヒー豆袋で作った肩掛けバッグ。
coffeebag_1_514.jpg
斜め掛けしているうちに、
どんどん前に移動しちゃって、
使いにくいことこの上ない
そんな訳で、持ち手変更。
ご近所お買い物で使う形が一番だもんね~
メジャー・テープを付けて、強度増。
(←いろんなものを付けるから、重くなっちゃったりする)
coffeebag_3_514.jpg
ご近所仕様なのに、なぜかICカードケースあり。
久しぶりにミシン刺しゅうしてみましたぁ。
coffeebag_4_514.jpg

ホビーショーでコーヒー豆袋バッグを売っていた方が、
最近はプラスチック製になってきて、
このタイプの袋が少なくなってきていることを言っていた。
天然のものは時間がかかるし、
大変なんだろうなと思うけど、
なくしてほしくないものとひとつです。





《花便り》
大通公園で見かけたもの とは若干違うような・・・
「チオノドクサ」
chionodokusa_1_513.jpg
こちらは風に吹かれても、
たくましく咲いてます。
chionodokusa_3_513.jpg




ぽちっとクリックお願いいたします↓


余った生地で


残っていた格子ブロックを使って、
ぺったんこバッグ完成。
osoroi_1_506.jpg
あっという間にできちゃいますが、
実はこれが一番使いやすいのでありまして。。。
近所のスーパーに行くとか、
郵便局に行くとか、
財布とスマホを入れて持って歩くのにちょうどいい。
osoroi_2_506.jpg
格子は一緒だけど、
本体の部分はかなりの明度違い


《花便り》
背の小さい花だけど、
遠くからでもかなり目立つ「ムスカリ」。
濃い紫だからでしょうか
musukari_3_502.jpg

musukari_1_502.jpg
大好きなのは、このまあるい花の形




ぽちっとクリックお願いいたします↓


たまには縫ってます(^m^)


お天気につられて、外に出るのがうれしい季節。
それでも、今日は家にこもって
トートバックを仕上げました。
totobag_3_505.jpg
友達から譲ってもらった染めた布。
3mぐらいあったから、
ほかにも何かできるかなぁと思ったら、
バッグが大きいから、足りないくらいだった
ほかの布を足さなくちゃいけないくらい。
ということで、格子柄に。
totobag_4_505.jpg
内側のポケット、頑張ってファスナー付き。
totobag_2_505.jpg

格子部分が残ったんで、これでぺったんこバッグ作ります。
totobag_5_505.jpg


《花便り》
昨日の植物園にあった「ヒトリシズカ」
もう少し白いブラシのような花が開くはず・・・
ちょっと早かったよう。
hirotishizuka_1_505.jpg
名前が静御前の舞から来ているとか、
素敵な名前です。
hirotishizuka_2_505.jpg
素朴な花だけど、葉っぱの形が可愛い



ぽちっとクリックお願いいたします↓


Harris Bag完成(^^♪


相も変わらず
シンプルなバッグ出来上がり~
harris_2_0213.jpg
あまり地味なので、
バックはゴブラン織りで彩をプラス(*゚ェ゚*)
肩掛けハンドルがなければ、
大昔使っていた学生鞄そのもの。

いまはこの形の使い勝手が気に入っていて、
ちょっとずつ改良しながら、作ってました。
第3弾目・・・量産が進んどります。
harris_3_0213.jpg
使うったって、出かけるときに一個しか、
持って歩けないだけどサ


harris_5_0213.jpg
何とか一度でもこの棚に並ぶようなバッグを
作りたいのではあるが。。。


ぽちっとクリックお願いいたします↓