JAPAN BLUE LOVE

CATEGORY PAGE

category: Pattern  1/5

三角形から四角形へ

ぼちぼちと三角形再開。いい加減に縫っているので、ここで四角のテンプレートを使って、形をきっちり合わせてます。が、思った通りで、縫い代の幅が細かったり細かったり…もう少し小さくすればが、面倒でそのまま。『なんとか、なるべさ』で次のステップへ。(←北海道弁でさぁ~)《花便り》先日の花展会は、草月派のもの。草月というと、アタシが真っ先に思い浮かべるのは、竹。お家元作。ぽちっとクリックお願いいたします↓...

  •  2
  •  0

三角形で布整理中

キルトのストリップやバッグの内布で、微妙に残った布達。さすがに処分するにはかなりの量なので、スクラップキルトに挑戦(←鼻息荒い)いつも四角つなぎばっかなので、今回はちょっと大きめの三角形。小関センセの新刊の表紙のシンプルなUROKO-MONがきっかけ。『うろこ・もんっていうんだぁ~』と改めて口に出してローマ字を読んで納得。本来だったら四角形を二枚合わせて縫っていくのがミシンキルトで習ったやり方だけど、大きさの...

  •  4
  •  0

只今思案中

こちらでは昨今、アイヌ文様の作品を目にする機会が多い。アイヌの人たちは、縄文時代以来から北海道に住んでいた人々の子孫。かっては、かなりの不平等があったようです。以前、キルトを作ろうと思って、アイヌ文様のブロックを伝承的なやり方ではなく、勝手にミシンで縫ったことがある。もう何年も前のことか他の物を探しているうちに出てきちゃいました。かなりインパクトが強い!これは切ったパターンを貼っただけ。所蔵の施設...

  •  2
  •  0

"Flying Geese"の簡単バージョン

"Flying Geese"の簡単バージョン。とはいえ、どれが正しいブロックなのかわかりません。三角が並べば、"Flying Geese"なのか昔々作ったバッグを再現。正方形のバックになる二枚をその倍弱の長さの長方形を半分にして挟む。そして、その一辺を縫う。その縫う位置を間違うちゃうと、正しいブロックにならんのです。そして、開くとちゃんと三角に。なんとか、幅が同じで倍の高さのものができないか、挑戦してみたけど、あかんかった。...

  •  2
  •  0

シンプルな四角つなぎのはずが。。。

ここんとこ、ずっーとアップリケばっかさすがにパッチワークしたい気持ちになって、手つかずだったフィードサックで、何か作ろうかと。。。フィードサックは、柄が可愛いので、単純な四角つなぎで十分。どれを使っても、しっくりと合っちゃう。配色悩まないでいいから、楽チン。しか~し、結構値段が高いから、なかなか鋏が入れられんのが悩み。(←と思って、長い間そのままにして置くのも考えもの)つなぎ終わったら、なにかプラス...

  •  4
  •  0