写真写りが案外いい♡


簡単ミニラグ出来ました~~
どんだけ時間がかかっているんやらという、
シンプル仕様。
パネルの絵が波波になって揺らいでるのも、愛嬌。
hawai_3_601.jpg
脇の部分は、この前も書いたけど、
十の木繋ぎ(じゅうのきつなぎ)のキルティングライン。
ガイドラインを書いたり、
ちょっと面倒だけど、大好きなラインのひとつ。
hawai_4_601.jpg
今度は、もっと小さいサイズでやってみたい。。。


この下のキルトと入れ替え。
hawai_2_601.jpg
ミシンキルトを始めて一年も足らずに
挑戦した想い出の第一作。
キルティングも大変だったけど、
アップリケのカガリも。
この時はアップリケをアイロン接着せず、
しつけで固定して縫っていた。
布が動かしにくくって、その下に新聞紙を敷いてやっていたら、
その印字がミシンに移っちゃって、真っ青
その時のミシン借りてたんだよぉ~~~

ハワイの展示会に参加したキルト。
改めてみると、ひど~い縫い方で、冷や汗モン。
もちろん賞にも引っかかることもなく、
それでも、なぜかその展示会紹介のURLに
このキルトの写真が使われていたのを発見した時には
うれしかったワぁ~
写真写りがよごさんすもんねぇ

今から十二年前。
hawai_1_601.jpg



ぽちっとクリックお願いいたします↓




スポンサーサイト

思わず買っちゃった#1


思わず買っちゃうのがパネルプリントの生地。
だいたいが一枚ずつ切ってはめ込みにするか、
花だったりすると、アップリケにする。
・・・ので、残ってしまう。

いつごろ買ったものだったか、
アメリカのキルトショップを回った時に購入。
明らかに思わず買っちゃった#1。
この際、一枚使いでRUG(ラグ)にすることに
panelfabric_1_516.jpg

プリントされていたストライプの通り、
直線キルティング。
(←ほかになにも浮かばなかった)
panelfabric_4_516.jpg
めちゃ時間かかっとります。。。


《花便り》
Wikipediaによれば、
《多くは1本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸び、
和名の由来となっている》
「ニリンソウ」、漢字で書くと二輪草。
nirinso_1_515.jpg
時期が早かったのか、見た限り一輪草じゃん・・・
nirinso_2_515.jpg
よ~く見ると、つぼみが隠れてる|д゚)チラッ




ぽちっとクリックお願いいたします↓


サンプラーキルトの想い出


衣替えのついでに
引っ張り出してきた、サンプラーキルト。
sampler_1_509.jpg
パッチワークキルト高等科で
2009年3月に作成。
本科で初めて作ったサンプラーキルトは、
生地のレパートリーも少なかったし、
何をどう組み合わせたらいいのか、
まったくわからん中で作ったので、
どうも変!変!

その後、作ったこのサンプラーキルト。
小関センセの生地がほとんど
通っていたクラスの近くにあったお店、Disse。
帰りにクラスメイトと寄ってたなぁ~
(←いつもカットクロス買いあさってた)
店長さんが小関センセのとこに通っていると知ったのは
もう~ずっと後のことですワ。
sampler_3_509.jpg
唯一のハンドのフェザーキルトでごさいます。
なんだか、無理やり入れた感ありあり。。。


《花便り》
近場でもアタシは十分楽しんでます、「芝桜」。
shibazakura_1_509.jpg
shibazakura_2_509.jpg
やっぱ、「芝桜」はこのピンクかな?
shibazakura_3_509.jpg





ぽちっとクリックお願いいたします↓


「クロッカス」見っけぇ~


ルンタッタァ~タ、ルンタッタァ~タ
(←浮かれとります、春ですモン)

ここのところ、暖かくって昨日なんかは15℃越え。
また、寒くなるらしいけど。。。
春の大好きな花のひとつ、「クロッカス」。
好きが高じて、去年作ったミニタぺストリ。
kurokkasu_4_406.jpg
この時期だけ、本物に先駆けて飾ってました。
昨日、道端に咲いているのを見っけて、
このクロッカスも登場させることに。
kurokkasu_5_406.jpg
改めてみると、葉っぱのほうが主役っぽい。
今度は、クロッカスだけ可愛く作ってみるかな。


《花便り》
本物クロッカスの登場。
地面からほんのちょっとの高さのところで、
花を咲かせています。
kurokkasu_2_406.jpg
俯瞰で撮ると何だか図形的。
kurokkasu_3_406.jpg
校章にでもなりそうだな




ぽちっとクリックお願いいたします↓


Quilt & Stitch Show 2016 OSAKA


京都旅行も今回の旅の大きな要素のひとつ。
地元でのキルトショーが開催されなくなっちゃったので、
このイベント見学も目的の一つ。
9月の東京でのショーに行けなかったし・・・
quiltshow_1_1217.jpg
ショーのシンボルキルト。
ちょうど、鏡があって一度に両面見られるなんて、
なんともGOODであります。
quiltshow_2_1217.jpg
先生方の作品も写真撮影OK。
写真バチバチ撮っていたら、後ろのほうで
「図録がないから、撮影OKなんだよねぇ、きっと」
「なるほどねぇ」という、思わずうなづく会話。

キルトクラスでお世話になったヴォーグの方が
「大阪のほうが東京より展示品が見やすいわ」とも。
quiltshow_15_1217.jpg
先生方の作品の横にはデザインを縮小したミニキルトが展示。
その可愛いこと

怨念のコンテスト、バッグ入賞作品。
やっぱ、凝ってるわぁ~
quiltshow_16_1217.jpg
中島先生のバッグのシンプルで素敵なことと言ったら。
そして、見にくいけど、ちらっと見える赤、
そしてアップリケが素敵
quiltshow_17_1217.jpg

荷物になるから、あんまり買わんぞと出かけたけど、
先生のトークがアメリカでデモしている人たちとかぶって、
思わず買っちゃったカーブ定規。
quiltshow_3_1217.jpg
買ってから、果たしてうまく使えるかって思ったけど、
ビデオが公開されているようで、↓
"Free Video Workshop"
そして、会場で買った物はほとんどアメリカのもの。
quiltshow_4_1217.jpg
円安が続けば、値上がりするのかな
十分、割高だったりしたけどな。
キルトクラスで一緒だった方と会えたり、
元クラスメートの作品を見ると、
作品作るぞぉ∼という気持ちになってます・・・今のところ


ぽちっとクリックお願いいたします↓