ほどほどの塩梅を探さねば


ただひたすらキルティング漬けの一週間。
パネル生地は金輪際買わんぞと、
覚えとらんくちゃ・・・
真ん中に思いっきり、キルティング集中攻撃。
縁のボーダー部分は力尽きて、
あっさりにしたら、縁部分に波打っちゃったよ。
この辺の塩梅が難しい、
kiku_6_1104.jpg
下糸が気になって上糸調子を緩くしたら、
案の定、下糸がきつきつ
kiku_5_1104.jpg
ほどほどのところでやめないと、やけどしちゃいますな。
肩も腰もバリバリ。
またもや、レース刺しゅう付き。
やっぱ、ごてごてと飾り立てちゃいますね。
一つやり始めると、とことんのめりこむタイプ。
すぐには性格は変えられません。


《季節便り》
地下空間に展示されていた菊。
名古屋ではお城の庭で菊祭りが開催されてたけど、
寒い地方では外では展示されんのねぇ~
kiku_1_1104.jpg
線が美しい~~~
kiku_3_1104.jpg
kiku_2_1104.jpg
中には人息のせいか、暖かさのせいか
ぐったりしていた菊もあったりで、
環境の変化は花も大変



ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

一筋縄ではいかぬ・・・


紫がなかなか退場にならない。
2メートル以上、あったもんね
そして、キルティングで使っている茶色の糸。
quilting_2_617.jpg
大きなスプールで5個もある。
これはアタシの購入品ではなく、母親のもの。
『なんでこんな色を』と首をかしげる。
どうも買い込む癖は、親譲りのようで。。。
つるんとしているためなのか、
フリーモーションしていると、
ステッチが飛んじゃう・・・
テンションがきかなくなるみたいで、糸送りが不調。
quilting_3_617.jpg
それでフリーモーションをやめて、
1cm格子キルティング。
(←めちゃめちゃ、時間がかかるぅ)
quilting_1_617.jpg
斜めに縫っていると、より伸びるせいか
しわがよっちゃう。
なかなか、一筋縄ではいかぬ・・・わ

《花便り》
キャンパスの芝生のなかに黄色の点々。
quilting_12_617.jpg
quilting_6_617.jpg
quilting_7_617.jpg
「カタバミ」かと思ったけど、どうも違うような、
ちいっちゃくて可愛い花ですが。
quilting_8_617.jpg


ぽちっとクリックお願いいたします↓


Feathers 練習


フェザーをするとき、
どうしてもっとふっくらならんのだろうと、
前から気になっていた。
(←変なところにこだわるんだわ~)
背景になる部分に、
きっちり細かくキルティングすると、
ベニヤ板みたいにぺったんこになるし、
かといって、トラプントなんかするのも、
面倒くさい。
先に背景の部分を先に
キルティングするといいのかと順序を変えてみたけど、
見た目には大差無しでございました
こっちが先に背景をキルティングしたもの。
freemotion_14_610.jpg
紫色は写真で撮るのが難しい。
freemotion_13_610.jpg
やれや~れ

《花便り》
近くの公園に咲いていたマーガレット。
緑の中に真っ白の点々が目にはいります。
freemotion_12_610.jpg
俯瞰で写真を撮ってみると、
やけにかわいい。
freemotion_10_610.jpg
freemotion_11_610.jpg
キルトのデザインに使えそう・・・と、
妄想ばっかりが先行しちゃいますワ



ぽちっとクリックお願いいたします↓


家紋・家紋そして家紋

年を越しちまったキルトをぼちぼちと片付けようと。。。

直線ミシンのキルト押さえには、
プラスチックははめられていて、
ラインが見にくいのが超難点。
IMG_0568.jpg

以前、プラスチックの入っていないものを使ったことがあったけど、
きれいに縫えなかった。
それで、この仕様になったとか。


ということで、ジグザグミシン出してみました。
最初からラインをマーカーで描けば
よかったんだけどサ

やっぱ、ジグザグミシンは縫いはじめの一針目が、ぶれる。
(←去年それで入れ替えたのをすっかり忘れとる)
直線があるわけではないので、そのまま続行。
それに、ボビンワークもやってみるつもり。

今回は家紋模様にチャレンジ。
IMG_0571.jpg
これは、蔦。

似てるけど、これは五三の桐(のつもり)。
IMG_0586.jpg

右側、豊臣家の有名な家紋。
時の天皇からいただいたものらしい
左は時代劇でよく見る徳川家、葵の御紋。
真ん中は、織田家の木瓜(もっこう)。
return_5_1130.jpg

中部国際空港に陳列してあったんですわ。


キルティングした蔦のアウトラインだけに、
ボビンワーク追加。
IMG_0592.jpg

手間がかかる割に、効果少なし。゚(゚´Д`゚)゚。
しばし、このキルト休憩・・・
またもや、Unfinished となるのか。


今や、アタシのキルトUFOが詰め込まれている木箱。
母親が捨てようとした物をリサイクル。
IMG_0564.jpg

丸に梅鉢でございます



ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村

直線縫いは難しい(T_T)

普通に縫っていても、
直線縫いが一番難しいと思っている。
ごまかしようがないからね。
縫い目の大きさがそろっていることや、
縫い目がまっすぐになっているとか。

キルティングになると、もうそれはそれはしごく顕著。
ミシンの性能もさることながら、
縫い手(←自分のことだか・・・)の技量も丸見え
ステップリングとかフェザーとかは、
なんとなくデザインのほうに目が行っちゃうんで、
いい感じに見えたりする。
(←かなりの思い込み)
が、まっすぐなラインが入ると、
縫い目が目立っちゃうんだよねぇ~

カーブが入っていると、あんまり目立たないような…気がする

千鳥つなぎ ちどりつなぎ(Linked plovers)
aisashiko_5_1219.jpg

二重青海波 ふたえせいかいは(Double blue ocean waves)
aisashiko_6_1219.jpg

四ツ手麻の葉 よつであさのは(four-lobed hemp leaf)
aisashiko_7_1219.jpg

線が密になっていると、まあまあ。。。
真ん中の縫い目はウォーキングフット使ってるしね。
実は、フリーモーションの縫い方向が一定

"あか~ん"ステッチ。
縫い方向が同じじゃないと
よれよれ。
ときには自分もありゃって、迷いが出とりますです

十字つなぎ じゅうじつなぎ(Cross connection)
aisashiko_8_1219.jpg

ミシンのせいにして、ミシン交換。
aisashiko_1_1219.jpg

ライトの色が昭和を感じさせますワ。

碁盤割万字ごばんわりまんじ(Buddist symbols in grid)
aisashiko_2_1219.jpg

直線がちょっと斜めってるけど、
縫い目は何とかぶれていない。
やっぱ、職業用のミシンのほうが少し安定している
あとは、ロングアームで使っているように、
定規を使うしかないようだわナぁ~
安全かどうかはわからんけど。。。


ぽちっとクリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村

にほんブログ村