リサイクル・リユース


以前ヴォーグ社で受講した小関センセの講習。
そこで、ミニバッグを作ったのだけど、
長財布を使っている昨今、
使う場面がなく・・・そのまんま置き放し。

お気に入りのトップだったので、
ジッパーを外して、ペン立てに。
koseki_1_513.jpg
いっとき、プラバンに一心不乱。
その時にペンやら筆やらビンが
ごっそり増えちゃったからこれはぴったり。
(←もう一個ぐらい必要だけど)
sairiyo_3_512.jpg
ちなみにジッパーは長さを短くして
ポーチに使用済み
ゆえに、買った物を消費できんのだよな~



《花便り》
可憐な花の多年草、「エゾエンゴサク」。
ezoengosaku_1_513.jpg
北海道では平地でも見かけられる花だけど、
本州では高山植物として扱われるとか。
ezoengosaku_2_513.jpg
TVドラマ「風のガーデン」の中で、
「妖精たちの秘密の舞踏会」という花言葉が
新しくつけられたそう。





ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

踏ん切りがつかんもんで


ついこの間、何個も作った剣ケース。
覚えているし~と、
安易に切り残していたキルト綿を使って縫っていたら、
なんともくたくたで心もとない。
キルト綿が薄かったワ。
(←薄かったので使わなかったのを忘れてた)
最後の段になって、やっと観念し、
やり直しすることに至りました
naoshi_1_508.jpg
直線用ミシンを使っているもんだから、
縫締りが良くって、ほどきにくいっ。
naoshi_2_508.jpg
最後の最後まで、
踏ん切りがつかんもんで、
ままあるな、こんな状況



《花便り》
サクラに咲く同時期に、白く咲くのが「ユキヤナギ」。
yukiyanagi_2_508.jpg
小さい花がびっしりとついていると、
まるで雪のようです。
yukiyanagi_3_508.jpg





ぽちっとクリックお願いいたします↓


やっとツィード生地消化。。。


最後のころんころんミニポーチ。
porch_1_425.jpg
前回作ったものは、東京で購入した、
ジッパーとプラ・パーツとワイヤー口金が
キットになったものを使用。
何とか手持ちのもので済ませたいと。。。
さすがにワイヤー口金は買おうと思ったら、
サイズが微妙に違ったり、異様に高い。
(←品揃えが少ない地方なもんで)
結局は、クリーニング屋のハンガー使用。
最近はプラスチックのものが多くって、
針金のものは貴重。
porch_2_425.jpg
プラ・パーツはもう縫い合わせるのはやめで、
ボンドが大活躍
かがるよりずっと早くてきれい。

イングランドの生地に
"Bon jour"っていうのもどうなんでしょう


《花便り》
やっと松前でソメイヨシノの開花宣言。
桜前線、北海道に上陸。
あと一週間ほどしたら、こちらでも咲くようです。
小さな花だけでなく、
木々の花も咲き始めました。
「コブシ」か「モクレン」か
kobushi_5_425.jpg
ネットで確認すると
花が6枚か9枚かの違いがあるようで、
kobushi_1_425.jpg
そうしてみると、「コブシ」のようであります。



ぽちっとクリックお願いいたします↓


ころんころんミニポーチ


春だというのに、またまたツィードポーチ。
ころんころんして暖かそうだワ。
harris_1_418.jpg
以前、この種類の生地でポーチを4個も作ったので、
同じものばっかりでは面白くもなく・・・と放置。
25cmx30㎝のサイズでできるレシピで、
10cmのワイヤー口金を使ったBOX型ミニポーチ作りました。
円形のプラパーツ3cm用4枚分の生地もとれ、
余すところなく生地が使えたぞい。
harris_2_418.jpg
ジッパーのスライダー(このレシピではスラスっていうんだわ)を外して、
縫うとめちゃめちゃ作りやすい。
ということを発見して、大喜びです。
(←いまさら~~~)


《花便り》
「スイセン」
西洋水仙とかラッパ水仙って言ったケ
suisen_1_416.jpg
八重になったものありますねぇ。
suisen_2_416.jpg
アタシは、和水仙が好き。
花が小さくって、白に中心が黄色で、
あまり派手ではないけど、香りが強いと覚えている。
なかなか、見つけられない



ぽちっとクリックお願いいたします↓


出来上がるものでして~


ここのところ、こればっか
さすがに飽きてきて、作っている最中に
本読んだり、出かけたりでなかなか進まず。。。
それでも、ちまちまやっていたら
いつかは出来上がるものでして~
sword_2_416.jpg
sword_1_416.jpg
表地にかなり厚手の生地を使ったので、
接着芯を使わなくっても、シャキ~ン。

マチ部分を付けるのには手をやきました。
生地が厚かった分、余計に・・・
しつけ糸を使うと、それをほどくにも時間がかかっちゃう。
ほどいている時間が、縫っている時間より多かった。
sword_5_416.jpg

かなり前に購入していたマグネット式定規。
このミシンでやっと使えました。
(←メカっぽいつやと、赤っぽい光がいい~~レトロ調)
sword_4_416.jpg
アタシの家庭ミシンの針板のほとんどが
プラスチックで、宝の持ち腐れでした。
汎用品とはいえ、実は職業用と後で判明


珈琲ブレイク
sword_6_416.jpg




ぽちっとクリックお願いいたします↓