見た目より実用だわ


この時期に30℃の真夏日が続くのは、
こちらでは125年ぶり。
「冷やしグッズ」が売れているとか・・・
ニュースになっとります。
アタシの夏グッズ↓
atsui_1_714.jpg
いなかの民宿のトイレにありそうなスリッパ。
ちょっと硬いけど、
さらさらして気持ちいい。
ただ、滑りやすくって、少々危険。
(←それがまた、ヒヤッとしていいかも)

先日仕上げたリュック。
その記事はここ→*
コード留めをレシピ通り、一度はボタンで留めていたけど、
なかなか落ち着きが悪いので、
既製品のリュックをまねて、変更。
こっちのほうが、使いやすい。
atsui_4_714.jpg
やっぱ、見た目より実用だわ。


《花便り》
ちょっと日当たりの悪い場所に、見かけます。
dokudami_2_714.jpg
「ドクダミ」、
名前を聞くと毒かと思うけど、その反対。
10種類のききめを持つ薬になる植物だそうで。
dokudami_3_714.jpg
日陰で白い色がパッと目に入ります。




ぽちっとクリックお願いいたします↓




スポンサーサイト

こちらも一気に夏日。


こちらも一気に夏っぽくなりました。
あまりの気温の違いに、汗だくだく。
(←年取ると、顔汗が半端じゃない)
とはいえ、以前に住んでいたところと比べると、
ぶつぶつ言っては、罰が当たりそう。

友達からうれしいもらい物。
steak_2_708.jpg
どうしても魚が中心になっている食事。
時折、肉欠乏症になるアタシには、
まさにうってつけ。
早速、いただきました。
美味しい焼き方のレシピ付き。
先に塩コショウして焼くと固くなるそうで・・・
知らんかった。

もう一人の友達からも。
steak_3_708.jpg
夏バテもなく過ごせそうです。


《花便り》
この花が咲くと夏~~~
「タチアオイ」
赤といっても、微妙に違うのよねぇ。
tachiaoi_3_708.jpg
赤は赤でも、ピンク系。
tachiaoi_2_708.jpg
夏を楽しまなくちゃ





ぽちっとクリックお願いいたします↓





東海地方に居た時に、
生け花を習っていたことがあった。
元来、のめりこみやすい性格。
京都にまでかよってたとは。。。(←ようやったわぁ~)
こちらに戻る際、もうやらんだろうと
道具やら花器やら書籍やら、
当時の仲間の一人に押し付けてきちゃった

その中で、手元に残している一冊。
ikenobo_1_616.jpg
シンプルなものが、実は一番難しいであろうと
感じている・・・生け花だけでなくって、諸々とね。

そんなことを思い出させたのは、
↓を見に行ったことから。
hanaikusa_1_610.jpg
池坊専好が豊臣秀吉を花でいさめるというお話。
映画の中で出てくる花型は、
立花(りっか)と呼ばれるもの。
とても、優雅に花を生けると言うものではなく、
はっきり言って、大工仕事、肉体労働。
最後に出てきた立花は
なかなか、お目にかかることができない超々大作。

エンドロールに懐かしい教授群のお名前。
弟子に指示している図が、思い起こされまする。



《花便り》
水辺見られるからには「カキツバタ」の黄色かぁ
kishobu_3_607.jpg
写真を撮っていたものの、
どうも花姿がしっくりこず、調べてみたら・・・・・・・・・・・・
kishobu_5_607.jpg
「カキツバタ」には黄色はなく、
「ハナショウブ」の一種類でもなく、
「キショウブ」。

日本古来の花のように見えるが、
近年渡来した帰化植物。
kishobu_1_607.jpg
外国勢は強い~~~


ぽちっとクリックお願いいたします↓




"Feeling Good"


一気に暖かく…いや暑くなったというべきか
ちょっと前まで、コート無しでは歩けんかったのに。
今日は、初半袖。
feelinggood_1_504.jpg
気持ち良すぎの青空。
いろんな花が咲きほころび、
feelinggood_2_504.jpg
そうすると、聴きたくなるのがこの曲。

Birds flying high you know how I feel
Sun in the sky you know how I feel
Reeds driftin' on by you know how I feel

It's a new dawn
It's a new day
It's a new life
For me
And I'm feeling good

- - "Feeling Good "の一部 - -

《花便り》
緑の日に見なくちゃいけない、「エンレイソウ」
feelinggood_5_504.jpg
太陽の光が強すぎで、
少々ガオっている感じ。
feelinggood_3_504.jpg
「シラネアオイ」は涼し気。。。
feelinggood_4_504.jpg




ぽちっとクリックお願いいたします↓


手仕事のいろいろ


『手仕事の日本』と民藝の思想・・・
というタイトルに惹かれて、
ツルツル注意報(道路の)がレベル3のなか、
出かけてまいりました。

「民藝」(民衆的工藝)とは、
名もなき職人が民衆のためにつくった、
「健全な美」をそなえる暮らしの道具をあらわす。
「用と結ばれる美の価値は非常に大きいのであります」
__________柳宗悦 『手仕事の日本』の抜粋_________

teshigoto_1_0208.jpg
アタシが目指したいところを簡潔に表現してくれてる。
なかなか、ハードルは高いけどサ。

本来は麦わらで組まれる細工。
teshigoto_6_0208.jpg
その作り方に先人たちの知恵が見えます。

一度も見たことがなかったススキノの"ICE WORLD"。
置く角度で微妙にパターンになってる。
teshigoto_4_0208.jpg
一時期話題になっていた魚の氷漬けが・・・
スケートリンクでなければ、いいのでしょうかね。
これが一番かな
teshigoto_5_0208.jpg


こちらは二日前に雪まつりが始まり、
海外からの特にアジアからの観光客にあふれとります。
ここのところ、デパ地下のお惣菜売り場にも中国人進出。
目の付け所が違うわ~あっぱれ~~

大雪像はマンネリ化(←失礼この上ない)
市民制作の小雪像のほうが、面白い。
teshigoto_3_0208.jpg
架け橋になるのか



ぽちっとクリックお願いいたします↓