水玉尽くし


今日とことん歩き回りましたわぁ~
スマホアプリ”乗換案内"がなければ、
とてもとてもこんなには動けないわって言うくらい。
最後、もう地下鉄も乗り換えもダメということで、
時間をかけてバスでホテルへ帰還

国立新美術館の企画展。
kusama_5_428.jpg
知人が松本で見てきたのに感化されて
アタシは東京で。
kusama_4_428.jpg
パワフルな作品群にはただただ、感服するのみ。
いまだ毎日制作に取り掛かってるそうで。
(←のんびりできんわぁ)
kusama_6_428.jpg
どか~~ん。
kusama_7_428.jpg

銀座に1週間前にオープンした銀座シックス。
kusama_8_428.jpg
おしゃれな空間です。
このお店で
kusama_9_428.jpg
『また来てくださいね~』と超イケメンウェイター、まして白人。
(←もちろん、会話は日本語)
『北海道から来てるから無理かも…』
『ええっ、僕もいました、北海道に』どひゃぁ~~~
彼は日高に2年もいたそうで。


吹き抜けの空間にドット柄のかぼちゃ出現。
kusama_2_428.jpg
kusama_1_428.jpg
底部分に作者がいるのがなんともいいわぁ~


《花便り》
ビッグサイト近くに咲いていた「ハナミズキ」
kusama_3_428.jpg


ぽちっとクリックお願いいたします↓


スポンサーサイト

ホビーショー見学♪


久しぶりにホビーショー見学に出かけました。
hobbyshow_1_427.jpg
すっかりクラフトの種類が増えているのには、びっくり。
(←かなり前だもんなぁ、ホビーショー最後に見たのは・・・)
ホビー界、充実。
それにしても各業者さんのアイディア提案には
頭が下がります。
hobbyshow_18_427.jpg
朝早く出かけて並ばにゃあかんかったのに、
すっかり朝寝坊。
そんなわけで、興味あるワークショップの席は
ソールドアウト
みなさん、熱心にいろんな種類の制作に
いそしんでました。
hobbyshow_5_427.jpg
hobbyshow_4_427.jpg
hobbyshow_6_427.jpg

可愛いね~
hobbyshow_7_427.jpg




《花便り》
都会の藤棚は木製ではないのよね。
高層ビルにも結構、似合ってる「藤」。
hobbyshow_10_427.jpg
曇り空だったから、写真ちょっといまいち
hobbyshow_11_427.jpg
桜より藤を先に見るなんて~~


ぽちっとクリックお願いいたします↓


やっとツィード生地消化。。。


最後のころんころんミニポーチ。
porch_1_425.jpg
前回作ったものは、東京で購入した、
ジッパーとプラ・パーツとワイヤー口金が
キットになったものを使用。
何とか手持ちのもので済ませたいと。。。
さすがにワイヤー口金は買おうと思ったら、
サイズが微妙に違ったり、異様に高い。
(←品揃えが少ない地方なもんで)
結局は、クリーニング屋のハンガー使用。
最近はプラスチックのものが多くって、
針金のものは貴重。
porch_2_425.jpg
プラ・パーツはもう縫い合わせるのはやめで、
ボンドが大活躍
かがるよりずっと早くてきれい。

イングランドの生地に
"Bon jour"っていうのもどうなんでしょう


《花便り》
やっと松前でソメイヨシノの開花宣言。
桜前線、北海道に上陸。
あと一週間ほどしたら、こちらでも咲くようです。
小さな花だけでなく、
木々の花も咲き始めました。
「コブシ」か「モクレン」か
kobushi_5_425.jpg
ネットで確認すると
花が6枚か9枚かの違いがあるようで、
kobushi_1_425.jpg
そうしてみると、「コブシ」のようであります。



ぽちっとクリックお願いいたします↓


大原美術館展 II


大原美術館展 がこちらで初めて開催されたのは2012年。
(←まだ、そのころにはおらんかった)
5年ぶりとはいえ、この短い年月の間に
同じ場所で開催されるのは初めてだそうで、
この美術館の熱心なお誘いの賜物。
1920年代の名品71点の展示。
ohara_1_422.jpg

オープニング記念講演会聴講。
ohara_3_422.jpg
パンフに掲載されている藤田嗣治《舞踏会の前》は
1年以上の修復を経て、北海道初上陸。
5年前はあまり良い状態ではなく、
ここまで運ぶには懸念があったとか。
90年以上も前の作品とは思えないほど、白色が美し。
途中でちょっと居眠りしちゃったけど、
大原美術館のいきさつや
展示作品の関連性など、90分があっという間。

岸田劉生《童女舞姿》・・・
ohara_2_422.jpg
確か教科書にまで載っているような作品だけど、
一緒に写真撮るのはちょっとね~

《花便り》
「ヒヤシンス」
花の数は少ないけど、
寒い中必死に咲いてます。
hiyahinsu_1_422.jpg
つくしより小さいんだもんなぁ~
hiyahinsu_2_422.jpg



ぽちっとクリックお願いいたします↓


怪談噺


時々の記事の中で書いているけど、
落語を聞きながら、ミシンなんかを使っとります。
軽快な音楽を耳にしながら、
縫えば、もう少しサクサク進むかも。。。
まして、今はまっているのは、
暗くて陰鬱な怪談噺、
「真景累ケ淵(しんけいかさねがふち)」
「落語中興の祖」と呼ばれる三遊亭圓朝の作。
これが長い~~~~~
圓生師匠の噺、結末がなくって、
改めて歌丸師匠のものを聴き直し
おどろおどろしい。
kaidan_1_420.jpg
歌丸師匠の写真が怖いわ


JR電車の宣伝は、
北海道新幹線なのか
ai_5_419.jpg
大谷選手なのか
ai_4_419.jpg

ai_3_419.jpg
足が大きいぃ~


ぽちっとクリックお願いいたします↓


藍染はいいわぁ~


藍染の仲間にお願いして譲ってもらった帯芯の染物。
抜染で描いた桜。
こちらの桜はもう少し先
ai_2_419.jpg
これでトートバックを作ろうと思っているんだけど、
高さが足りないので、
手持ちのもので、格子のパターンでも入れようかと。。。
ai_1_419.jpg
簡単な形だから、すぐにできるはず
やっぱ、藍染はいいわぁ~


《花便り》
積雪0になりまして、
そうすると、自転車で外出。
大学のキャンパスも通り道のひとつ。
自然そのままの芝生に黄色の小さな花が一面に咲いてる。
ai_6_419.jpg
自転車を止めてみてみると、可愛い
ai_7_419.jpg
う~む、名前がわから~ん。






ぽちっとクリックお願いいたします↓


続きを読む

ころんころんミニポーチ


春だというのに、またまたツィードポーチ。
ころんころんして暖かそうだワ。
harris_1_418.jpg
以前、この種類の生地でポーチを4個も作ったので、
同じものばっかりでは面白くもなく・・・と放置。
25cmx30㎝のサイズでできるレシピで、
10cmのワイヤー口金を使ったBOX型ミニポーチ作りました。
円形のプラパーツ3cm用4枚分の生地もとれ、
余すところなく生地が使えたぞい。
harris_2_418.jpg
ジッパーのスライダー(このレシピではスラスっていうんだわ)を外して、
縫うとめちゃめちゃ作りやすい。
ということを発見して、大喜びです。
(←いまさら~~~)


《花便り》
「スイセン」
西洋水仙とかラッパ水仙って言ったケ
suisen_1_416.jpg
八重になったものありますねぇ。
suisen_2_416.jpg
アタシは、和水仙が好き。
花が小さくって、白に中心が黄色で、
あまり派手ではないけど、香りが強いと覚えている。
なかなか、見つけられない



ぽちっとクリックお願いいたします↓


桂南光独演会


昼席っていうのは、出かけるにはなかなかよろしい。
…と思って、ゆっくりしていたら開演ギリギリ
日帰りできるから、費用が押さえられると
聞いたことがあるような・・・
今回の南光師匠たちもそうなのかしら

「桂南光独演会」とはいえ、演者は3人。
nanko_1_416.jpg
南光師匠はもちろんのこと、
二乗さん、ちょうばさんも面白かった。
二乗さんは古典、ちょうばさんは新作。
上方落語は笑わしてなんぼの世界。
古典でも新作でも楽しければ、OK。

一番前の席っていうのは、
あまり演者さんとは目が合わないものと思っていたら、
南光師匠の天狗で目がばっちり合っちゃタぁ

《花便り》
帰りに大通公園の片隅で見つけた、
全く知らなかった花。
「ミスミソウ」と「チオノドクサ」。
どちらも2㎝くらいの花を付ける早春の花だそう。
misumisou_1_416.jpg

chionodokusa_1_416.jpg
ひょいと見つけることができて、
何だか得した気分だわ~


ぽちっとクリックお願いいたします↓


続きを読む

出来上がるものでして~


ここのところ、こればっか
さすがに飽きてきて、作っている最中に
本読んだり、出かけたりでなかなか進まず。。。
それでも、ちまちまやっていたら
いつかは出来上がるものでして~
sword_2_416.jpg
sword_1_416.jpg
表地にかなり厚手の生地を使ったので、
接着芯を使わなくっても、シャキ~ン。

マチ部分を付けるのには手をやきました。
生地が厚かった分、余計に・・・
しつけ糸を使うと、それをほどくにも時間がかかっちゃう。
ほどいている時間が、縫っている時間より多かった。
sword_5_416.jpg

かなり前に購入していたマグネット式定規。
このミシンでやっと使えました。
(←メカっぽいつやと、赤っぽい光がいい~~レトロ調)
sword_4_416.jpg
アタシの家庭ミシンの針板のほとんどが
プラスチックで、宝の持ち腐れでした。
汎用品とはいえ、実は職業用と後で判明


珈琲ブレイク
sword_6_416.jpg




ぽちっとクリックお願いいたします↓


三三ふたり会


四月もすでに中旬だというのにこの天候。
吹雪です
コートをクリーニングに出さなくて、正解だったわぁ~
sannza_2_413.jpg
街に出かけるとちょっとぶらぶらして帰るのだけど、
今日はそそくさと引き上げてきました。

昨晩聴きに出かけた三三ふたり会。
ここ数日、雪交じりの天候で、
三三師匠も開口一番、『帰りたい』と。
もう、東京は桜が散りはじめたとか・・・
無事、帰れたのかしらん

帰りに張り出されていた演目。
sannza_1_413.jpg
三三師匠は、演目を決めておらず、
その時の雰囲気と、
たぶん、「宗論」の演目を受けて、
「善光寺の由来」を演じたのかなぁ~と。

トリの演目「寝床」を聴かずに、
席を立った人たちが十名ほどいた。
枝光師匠はかなり落胆したようで、
なんどもぼやいていた。。。
「寝床」は出てくる人物も多いし、
大ネタのひとつ。
かなりのお稽古が必要なネタだと思う。
それでも、お客さんとしては
三三師匠がお目当てだったら、席を立っちゃうかもね。
やっぱ、こちらは上方落語より江戸落語のほうが聴きやすいかも。
まずは、最後まで聴こうという程の、
魅力ある高座にしなくちゃねぇ~~


ぽちっとクリックお願いいたします↓